2016年03月06日

すとん、て

160306.png
夜中にPC使っていたら、おしりの辺りに「すとん」って感触があった。
まろがきたのかな?と手を伸ばしたんだけど、もふもふしない。
振り返って見ても、そこにまろの姿はナイ。

あれ?
でもあの「すとん」は、猫がそばで座って毛づくろいする感じの、あれだ。

なんだろうなーと思いつつPCに向き直って作業してると、また「すとん」・・・?

その瞬間、
永い眠りについたフミのそばに「よいしょ」って感じで(乗りかかって)丸まったササを見た。
見たって言うか、頭にぱっと浮かんだ。
すとん。って。

途端に、またあの後悔が押し寄せる。
「ササはフミともっと一緒にいたかったんじゃないか」
「安静にさせようと2Fに移したけど、フミもササと一緒にいたかったんじゃないか」
ササが旅立ったあの日から8年。ハク、ササ、そしてはねとつぎつぎに旅立ったんだけど、
フミはその前年だから、9年。
私の環境が一新した短くはない年月なのに、記憶ってぱっと時間を飛び越えちゃうんだね。

「行ってくるね」が最後の言葉になったこと。
私が出勤した後、キャットタワーにいつものように登りたそうにして、
妹が見てくれている中旅立ったこと。

どうして休みじゃなかったんだろう。
どうしてそばについていてあげられなかったんだろう。
キャットタワーに乗せてあげられていたら。

8年前と変わらないそういう後悔も、どこからともなく現れる。
いつもは見えないけど、どこかに潜んでいるんだね。

でも、今はもう、ササはフミと一緒にいる。一緒に丸まって寝てるはず。
そう自分に言い聞かせて、自分を安心させる。
後悔は、少しは薄まってくれるけど、でもやっぱり消えないんだなぁと改めて思った。

真っ白で美しかったササ。
夜中の「すとん」はササが来たのかなぁ。
私が死んだ時、みんな迎えにきてくれるんだろうか?
通院とかいろんな嫌な思いをして、私をキライになってたりしないんだろうか?
誰かがふわりと会いに来てくれたのなら、嫌われてないのかな?

そういえば、ササ、天国ではおめめそろってるんだろうか?
なんてふと考えてしまった。
ニックネーム りゅう at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 虹 天国通路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

2日という時間が隔てるもの

先月急遽、帰省を決めた。
2つ理由があって、
1つは栗の腰あたりになにか塊があると連絡を受けたこと。
シロさんみたいな肉腫だったらマズイという事で、手術する事になった。

もう1つがまるちゃん。
秋になって寒くなった頃、一時あまりごはんを食べなくなった。
でも妹がa/d缶とかk/d缶を用意して、その後普通に食欲が戻ったんだけど、
お母さんがふと「まるちゃん、年内もつかなぁ」と電話で言った。

ごはんたべるようになったって(妹)が言ってたよ??って聞き返したら、
まぁお年寄りだからねぇって。
それでなんとなく不安になって、栗のこともあるし帰ろうって決めた。
でも、その後のまるちゃんは空腹時の泡を吐くけれど、
小分けにちょくちょく缶詰をよく食べているらしく、みんなで安心していた。

まるちゃんに缶詰送ろうかなーと思っていたけど、
妹が買ったって行ってたし、実家に帰ってから買いに行けばいいかな。とか思って。

栗の手術には間に合わないけど、予後もあるし。帰省は中旬。
もちろん、まろを連れての新幹線の旅。

栗はセンターからの結果で、悪い腫瘍ではなかった。
抜糸の時についていったら、院長先生が私を見てびっくりしてたよ。
いるはずのない人がいる!って。
で、説明を聞いたんだけど。

簡単に言うと、脂肪が壊死してそれが石灰化したもの、らしい。

り「栗がでぶで脂肪に血が行かなくなって壊死したんですか?」
先生「いや・・・そこまでおでぶでは・・・」

脂肪にも血管があって、それが何かの衝撃
(どこかにぶつかったとか、↑ケンカしてひっかかれたとかそういうのが元で)
を受けて血が行かなくなって壊死して起こるんだって。
脂肪にも血管がついてるって知らなかった。なるほどー。
猫に腫瘍ができると悪いものの確率が高いけど、よかったね、って。
うん。よかったよかった。


で、久しぶりの実家では、大猫部屋の5匹(今思うと5匹って少なくなったね)は
時間の流れが違うのか、いつもと変わらずに出迎えてくれます。

今回は天もキリもQP(きぬ)も私を思い出すのが早かったヾ(・∀・)ノ
うーたんは意外にも・・・私から逃げ回った( ;∀;)

あー、おなかすいた。パン食べよう。
って座った私に、お茶を淹れてくれたお母さんがあごを「ふいっ」てやった。
そっち見て、って。

その先では、まるちゃんがお昼寝をしていた。

「おー、まるちゃん。今日はかご(プラスチックのケースにお布団敷いてある)でおひるね・・・」

お昼寝じゃなかったよ。
まるちゃんは、名前の通り丸くなって、静かに眠っていたよ。

「りーが帰ってくる2日前だよ」

2日後には帰ってくるんだから、それまでは私に教えないって妹と話してたんだって。
そう言えばシロさんの時もそう。
あの時も、この2人からのメールや電話が急に途絶えたり、返事が遅くなったっけ。
ある意味わかりやすい2人。
そして、「缶詰送ろうかな・・・でもあとでいっか」
あの時にふと、送らなかった事を後悔するかも、ってちらっと脳裏に浮かんだんだよね。
そういうのって、やっぱりあたるんだ。
酔い止め薬が妙に目について、買っておいたら今回飲んで役にたったのと同じように。
ああ。やっぱり送ればよかった。

でもさ。うそでしょう?
まるちゃん。
ちょこちょこごはんを食べていたけれど、旅立つ前のササのように細くなった体。
今までのみんなもそうだったけど、
生きている時はもうちょっとふっくらしているように見えるのに、
死んでしまうと急にその細さが際立って見える。

2日。
たった2日の差で、生きているまるちゃんに会えなかった。
まるちゃん、2日だよ。あと2日待ってくれたら、私帰ってきたのに。
どうしても待てなかったの?まるちゃんに会うために帰ってきたんだよ。

お母さんと妹のメモには、
母「まるちゃんがあんまり缶詰たべないよ」

妹「違う缶詰があるよ。同じ缶詰だと嫌な時があるみたいだよ」
そんなやり取りが書いてあった。
亡くなる前日、
まるちゃんは2Fのりゅう部屋にひょこひょこ階段上ってやってきたって
帰宅した妹に聞いた。
全然、旅立つ気配なんてなく、ごはんもちゃんと食べてたんだよ、って。

半ノラだったまるちゃん。
大人になってからうちに来たから正確な年齢はわからないけど、
ゆずみたいに老衰なんだろうね。
苦しそうな様子もなかったそう。
その姿に会うことは会えたけど、
でも、「なー」って見上げて鳴くまるちゃんに会いたかったなぁ。
今でも頭に浮かぶのは、
何か言いたげにちょっと口をあけて見上げるまるちゃんなんだよ。


家の事もいろいろあって、月が変わってから西の地に戻った。


今日まろにあげた缶詰がね、よくみたら15歳以上のやつだったよ。
まるちゃんに送ってあげようって、前に買っておいたやつだった。
夫ちゃん、見ないで昨日この缶詰開けたんだな。

あっという間に過ぎてしまう2日。
普段の「2日」は気にも留めない短い流れなのに、
私とまるちゃんをこんなにも遠くに隔ててしまった。
たった2日、なのにね。
お花に囲まれて、先にいったみんなと眠るまるちゃん。
旅立つ前に、会いたかったなぁ。間に合ってほしかったよ。



ニックネーム りゅう at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 紅葉 お年寄り猫たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

やりなおし

まろが生まれてちょうど3ヶ月。
選ぶっていう表現はあまり好きじゃないけど、
まろを見て「この子だ」って思ったのが、お店の動画。
動画って性格がよく出るんだなぁと思う。
130627_2326~01.jpg
こんな寝姿はしていなかったけど、ヒト懐っこくて、ころんって転がって、
おっとりしてユニークなその性格がものすごーく伝わってきたんだよ。

続きを読む
ニックネーム りゅう at 11:25| かわいい 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

ひとりっこ

130715_2005~04.jpg
お母さんが送ってくれた米袋(仮)。
猫屋敷の猫、なるやうーたん達も米袋に乗るのが好きなんだけど、
何かごそごそやってるなぁ?って思ったら、まろも米袋に納まってたいい気分(温泉)
あきらかにあの茶色の米袋ではないんだけど・・・
お母さんの手書きで「米・ヨネチャン」とイミフメイたらーっ(汗)な書付がある。
なんだろうね?
猫って紙袋もそうだけど、コメ袋好きなのかな。
お米がビーズクッションみたいな感じ?

続きを読む
ニックネーム りゅう at 13:18| 犬(足) #猫屋敷の子猫時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

成長が早いよ!

6/10にまろと出会ってから1ヶ月。
4/24生まれなので13週?2ヶ月半くらい。
初めて見て「うわ、小さい!」と思ったその姿も、目に見えて大きくなったよ。
ジャンプ力も走るスピードも、日に日に成長ぴかぴか(新しい)
130708_2044~01.jpg
よいしょ、っと1つずつジャンプして、7/8に最上階に初めて到達Good

続きを読む
ニックネーム りゅう at 12:00| 犬(足) #猫屋敷の子猫時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

まろアピール

2ヶ月と6ヶ月の差なのか、猫種の差なのか、性格の差なのか。
ロシアンは、
「振り向いても威嚇、目に入ると威嚇、見えなくてもとりあえず威嚇爆弾
なのに対し、まろはあんまり気にしない。
威嚇されまくってるとさすがにイラっむかっ(怒り)とするのか、「シャーッ」返しをするけど、
ちょっとするとまた、ロシアンのそばに行こうとする。
スコットランドvsロシア。
その繰り返し。

続きを読む
ニックネーム りゅう at 15:42| 犬(足) #猫屋敷の子猫時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする