2007年09月03日

ササのカゼ

終電間際まで仕事をし、結婚式(友達の)に出てそのまま、またシゴトに戻る。
そんな慌しい日々を送る中、自分もぐったりしてきて、ふと気づいた。
ササがくしゃみのような、鼻づまりのような、ヘンな状態。
くしゃみじゃないんだけど、「ぐちっ」って鼻息がヘン。
確か昨日帰ってきた時は、こんな息をしてなかったよね・・・?
家にいる時間が少ないと、こうやって猫の健康管理がおろそかになるの、
ホント良くない。
良くないけど、シゴトあっての猫屋敷生活だから、何ともいえない・・・。

今日はいい加減自分もぐったりだったので早く帰ってきたんだけど、
もう病院はもちろん、診察終了してる。
明日お休みの妹が病院3に連れて行くにしても、あと12時間はこのままだ。
夜間診察があったらなぁ・・・;;。
この、診察時間が訪れるのを待つ時間って、ホントにじれったくて、つらい。

多分、ここ最近の夜の冷え込みのせいで(窓全開だし)カゼひいたんだろう。
カゼのレベルだと思うんだけど、
ササは昔から鼻の気道っていうのかな、それが細いような気がするんだよね。
拾った状態が瀕死だったから、猫カゼの後遺症っていうのもあるんだろうけど。
普段から鼻がずーぴー言ってるものだから、
こうやってカゼで鼻づまりのようになると、呼吸ができるのかものすごく不安。
ちゃんと息吸えてるの?
そう思って、じっとササの肺の動きに注目する。
ごはんはゆっくりだけど、しっかりパウチを食べたのでよかった。
元気付けようと猫ミルクを作ったけど、
ササは飲みたいのに、飲んでいる間息が出来なくて、グホッって何度もなる;;。
あわてて取り上げたものの、
ササはミルク飲みたい〜と、お皿のそばをうろうろ。
ようやく少し落ち着いたけど、呼吸が大丈夫なのか気が気じゃない。

何度も言ってるけど、ササはWキャリア。
カゼを一番にひくってことは、やっぱり免疫力がイマイチ落ち気味なの?
またビタミンサプリとか、開始した方が良さそうだなぁ。
今日は朝からどーんと凹むことがあって、人生って・・・とがっくりきていたんだけど、
そんなの、ササの呼吸確保に比べたら全然。全然軽い。
そんなつまらないことでずっと凹んでないで、ササの回復にパワーを送らなくては。

妹と一緒にササを見守りながら。
「ぷみこ!(フミの愛称)出番だよ!ササをしっかり守るんだよ!」と。
今までのように、ちゃんとササに寄り添って、しっかり支えてあげてね。
ニックネーム りゅう at 23:02| 注射 W&膿胸・皮膚病ほか(ササ:W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする