2007年10月24日

プチ貧血対策

071024a.JPG
はげを病院3で診てもらってから、ササは何度か血液検査をしている。
Wキャリアのササは、幼少の時の目のキズや酷い猫カゼのおかげで、
普段から鼻をずーぴーさせてるものだから、他の猫より呼吸器系が弱い。
時々、喘息のような、体中から発せられるような咳をする。
力いっぱい空気が吸えないから、酸素も体中に行き渡らないんじゃないかな?
そのせいか、血液検査ではいつも微妙に貧血気味。
ボスである私と一緒。私は昨日電車の中で倒れた;;。
先日、感染症の心配があって検査した時も、やっぱり微妙に貧血気味と言われてしまった。

【7/6のササの血液検査】
RBC:516 HCT:26 Hb:11 MCV:50 MCH:21 WBC:7070 PLT:28

【9/4のササの血液検査】

RBC:516 HCT:26 Hb:11 WBC:8600 PLT:22

【10/12のササの血液検査】
RBC:530 HCT:26 Hb:8 WBC:7800 PLT:24

血小板はちょっと低い位なので、まぁ良しとして。
ヘモグロビン、ヘマトクリットの値が微妙にいつも低い。
10/12は、リンパ腫治療中のハクの方が、血液データは良好だったもんね。
そんなに心配するほどじゃないけど、Wキャリアってこともあるからね・・・と、
院長先生から話を聞いて、プチ貧血対策の食事を考えることになった。

ごはんをしっかり食べるので、そこで+して栄養補給しましょう、と、
鉄剤を処方してくれることになった。
錠剤と液体があるけど、どっちがいい?と問われ、
缶詰にもふやかしごはんにも混ぜやすい、
そして歯茎に当たっても痛くない液状のものをお願いする。
と、お会計時に出てきたのは、なつかしのペットチニックだった。
あら。この病院でも売ってたんだー。

ペットチニックは去年、隠れWキャリアで白血病を発症したメイのために購入した。
1ヶ月の間に激減していく赤血球を、何とか増やしたくて。
メイの貧血をなんとか食い止めたくて、がんばっていたっけ。
これをまた、ササに使っていくんだなぁ。

ペットチニックはちょっとどろりとした液体。
成猫で1回スポイト3/4位程度。うちは2回のごはんなので、×2。
鉄サビくさいわけでもなく、なんとなくニセ魚のような香りなの。
カリカリにかけるとバレそうだけど、缶詰なら混ぜたらぜんぜん平気☆
さらに、メガペットデイリーちょっとと、メガオメガ3を半分〜1カプセル。
この、メガオメガはかなーり魚くさい!
指にちょっとついただけで、魚くささが取れません;;。
ほんと、魚の脂だーって感じ。
お魚の脂は、リンパ腫とかガン対策にもいいって、先生から聞いたからね。
時々ハクたちのごはんにも分けてかけたりする。

ペットチニックとか、メイには食べさせるのかなーり苦労した。
それは、病気のせいじゃないかなーとも思う。
最初は、メイだってサプリまぜものごはんを平気で食べてた。
それが、病気が進むにつれて、ごはんに何か混ざってるとイヤがるようになって。
フミやハクもそう。
最初は薬だって平気でぱくっと飲んでた。
それが、ごはんに混ぜれば平気→だめ、になっていったんだよね。
病気が長くなると、混ぜ物ごはんを嫌がり、
まざってないかなー?と結構疑い深くなる・・・気がする。

今のところ、ササも一瞬「?」って顔をするんだけど、
指に缶詰を取って食べさせると、
特別な気がするのか、ぱくぱくっとよく食べてくれる。
気温が下がると、
ササはすぐに鼻づまり気味になって「クックッ」と言ってるので、
そんな時は、この3種類のまぜごはんと、ササの大好きな「おミルク」を。
※ミルクにいろいろ混ぜているので、特別化して「御ミルク」という。

サプリは、あまり根を詰めて焦っちゃいけない。
日々少しずつでも、ササの体に栄養が行き渡るようになれば、
足りないものが補われるようになれば、
もっともっと元気になるような気がする☆
今の時点では、めざせ4kg。

今日は犬君と日本カモシカさんのゴラムくんの命日。
あの時と同じように、今日も秋晴れ。
空が高くなっても、これだけ空が澄み渡ってると、心もちょっと静か。
天国で仲間が増えて、にぎやかに生活してるのかなぁ、なんて。
ニックネーム りゅう at 22:54| 注射 W&膿胸・皮膚病ほか(ササ:W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする