2005年11月18日

2nd opinion

051118a.jpg
ここ数日、天を見ていてふと思ったコト。
体重の増加と活発な動きが猫(足)に負担かけてるのでは?
子猫のごはんはウェルネス、サナベル、インテグラ。
それに猫ミルク。
おかげで空も華も天も健やかに成長しているし、
天の傷もほとんど塞がり、みんなと遊ぶため跳ね回ってる。
先週とは明らかに違う運動量。
・・・もしかして、その体重をまだ支えられないんじゃないの?
・・・もしかして、両手曲げジャンプが良くないんじゃないの?
その思いはどんどん大きくなり、病院その2に行ってみるコトに。
(病院1はレントゲン機器の修理中&レーザー治療ないから)

医2:「骨折とかはね、すぐに見せる事が大切なのよ」
病院2の先生は天の手を見るなりそう言った。
病院1で診察を受けている事、拾った当時の説明。
天の手のくにゃっとさに、これはひどいなぁとムズカシイ顔。
何となく怒りが入ってる気がする。怒りって言うか、何だろう?
「野良の子ならこのまま治すっていうのもあるけど、でもなぁ」って。
何?野良だろうと何だろうと、治療受けさせるよ私むかっ(怒り)
悪気がないのはわかってる。でもカチンと来る。
私がこの病院に来るのは初めてだから、
新しい先生との言外コミュニケーションは、まだ難しい。

レントゲンの結果を見たら、やっぱり骨がたくさん集まっている部分。
そこの骨の色が薄く写っていた。
これは病院1の先生の見立て通り。
医2:「まだ若いからぱきっと折れてないけど、薄くなってるからなぁ」
ひらめきこれ教えてもらった「若木骨折」ってコトだな?
1つ1つの向きもバラバラでくっつきかけているらしい。
まだ完全にくっついちゃったワケじゃ、なかったのね。
医2:「折ったままでいると、そのまま固まっちゃうからね」
そういって、診察室を出て戻ってきた先生の手には透明なプラ板とテープ。
ゆるいカーブを描くプラスチックを天の腕にあわせ、
ギプスのようにしてテーピングしていく。
みんなに教えられたように、
天は成長する過程で骨がしっかりするかもしれないから、
とにかく腕をちゃんと伸ばして形作る事が「最重要」とのコト。
きつ過ぎたり緩過ぎると意味がないので、
1週間に一度、診察をかねてテーピングし直してもらう事になった。
医2:「曲がったまま動いてたら、治るものも治らないよ〜」
はいもうやだ〜(悲しい顔)すみません。読みは一部当たっていたたらーっ(汗)
他の病院で診察を受けていたにもかかわらず、
保護した状況が状況だからと、
この先生も初診料ナシ、レントゲン他代半額で明細を出してくれた。
私が天を育てるから、大丈夫です。と言った時、
そうか、それならよかったね^_^と天に向けてちょっと笑っていた。
・・・雰囲気が怖くて言葉がちょっとキツイだけで、いい先生なのかも。

051118b.jpg 何匹いるの?

もう少し早く2nd opinionしていたらよかったのかもしれない。
でも、動物病院選びってすごく難しいと思う。
いつもの病院1よりは近くにある病院2。
友達のソラも病院2で診てもらっていて、いい先生だって聞いてはいたけど、
それでも他の先生に診てもらうのに、なかなか決心がつかなかった。
信頼関係って、とてもとても大きなものだ。

その病院2で大昔、「桜」という子猫を診察してもらった。
ある日突然、おなかに穴が開いた。
子供だったからよく覚えてないんだけど、
おなかに穴があいていたけど元気に木登りとかしていた桜。
その桜のおなかを診てもらおうと病院2に連れて行ったお母さんは、
白い布をかぶり花を添えた動かない桜を連れて帰ってきた。
手術だったかな?何が原因かわからないけど、桜は死んでしまった。
だから、お母さんは今でも、どうしても、その病院に行くの嫌がる。
先生が悪いわけではないと思っても、どうしても。
まだ子供だったので桜の死因は今でもわからないけど、
お母さんのその気持ちに接してきた私が、
その病院に行くコトに不安が付きまとっていたのも事実。
「ソラも診てもらってるんだって。レーザーもあるし東大と連携できるんだって」
お母さんも天の手が曲がったままなのを、かなり気にしていたんだろう。
説明する私と天に「じゃあ、病院2に行ってみようか」と応えた。
結果として、来てよかった。
天の手の骨をカバーできる治療してもらったもんね。
病院1では神経のコト、病院2では骨のコト。
病院1の先生とみんなのおかげで、神経はここまで復活できたかわいい
次は骨。間に合ってよかったって思おうグッド(上向き矢印)
先生が違うと情報や治療が補える部分があるんだなぁ。
帰ってきた天はプラ板をかじってしまうので、
くっつく包帯で保護テーピング。
頼むよ。いい感じで成長してね、ホネ Good

くすり 天の麻痺(両手のリハビリ:陰性)の最新記事】
ニックネーム りゅう at 15:27| Comment(34) | TrackBack(0) | くすり 天の麻痺(両手のリハビリ:陰性) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天ちゃん 少し大きく成長してませんか?すごいですね。
でも、へこんでいるのに病院2でまたへこむなんて、辛いですね。
獣医がいうこともわかりますが・・・りゅうさんだって一生懸命試行錯誤してケアしてるのに!!
でも、これからの過程でこのまままっすぐにしていけば骨がどんどん成長していくかもしれないので気を落とさないでくださいね。
また違う方向で皆で考えていけばいいんですよ。りゅうさんがいちばん矢面に立たされているので相当に辛いとは思いますが皆がついてますよ、そして、祈ってます。
Posted by Mele at 2005年11月18日 15:57
>Meleさん
あ、やっぱり成長してますよね^▽^。
でも、見ていて手をまっすぐにするにはどうしたらいいかな?
って、家族みんなで思っていたんですよね。
1つの病院でいわれた事だけが、必要な全てじゃないんだって、
それがわかっただけでも今後の大きな力です☆
骨はくっついちゃったものって思っていたし。
当初のあの状態では、神経の断絶が重大だったし。
今は「行って良かった。間に合った」ってほっとしてます^-^v。
みんなのアドバイス、やっぱりすごいなぁって思いました。
みんなの応援がついてますもんね☆
Posted by り>Meleさん at 2005年11月18日 16:52
天ちゃんの落ち着いた表情が物語ってますね。
りゅうさんの頑張り、判断が天ちゃんの表情に出てます。
病院のはしごは、天ちゃんの場合は正解だったんじゃないかな。
天ちゃんの場合は事情が特異なため、りゅうさん自身つらいだろうけど、大丈夫。
みんなもついてるからね。
病院2の先生もスルメのようにジワジワ味が出てくるタイプなんだよ。きっと。大丈夫。
天ちゃん、しばしグルグル生活だけど、がんばれ!
りゅうさん、コーヒーでも飲んで一息入れてね。
Posted by みみ at 2005年11月18日 17:06
こんばんは。

病院違う所へ行ってみたんですね。
良かったですよね、
早めに固定する事ができて・・・
ある程度曲がったままの足でも、骨がくっついてくればちゃんと歩けるようになると思いますよ。
以前のままだと、曲がったままでは歩くのは無理でしたよね・・・

うちも初めて猫を飼った時に、仔猫の1匹が足に少し障害があったんですよ。
でも、少しでも早いうちに、ある程度固定して、どうにか普通に歩けるようになったんです。だから、天ちゃんもこれでずいぶん違うと思いますよ。

私も猫を病院へ連れて行き、注射を打ってもらってきてすぐ死んじゃった・・・という事があって、それ以来そこの病院は避けてますね。なので、お母さんの気持ちがよくわかります。
また次も同じようになってしまうんじゃないかって怖いんですよね。

猫団子の姿が見れて羨ましいですよ。
うちはまだ、単独の猫団子状態・・・
早く猫団子みたいですね。
Posted by ねこうち。 at 2005年11月18日 17:49
天ちゃんよかったですね♪きっと最初のお医者さんの専門とか得意とされるところは神経とか他の治療で、2番目のお医者さんは骨折とかなんでしょうね。若木骨折って見つけるの難しいらしいです。ウチも1回病院かえてるのですが、カルテってできれば患者がコピー保管できればいいのにって思います。
テーピング!天ちゃんちょっと不自由かもしれないけどがんばってますね♪すこぉしおっきくなったみたい。体つきがしっかりしてきてる♪
安心できるおウチでもう誰からもひどいことされないっ!守ってくれるっ!ってわかったのかな(^-^)
大変ですがゆるゆるがんばってくださいね♪コメントありがとうございました♪
Posted by Gavi主 at 2005年11月18日 17:53
おおう、セカンドオピニオン。
りゅうさんの苦闘が見えるようです。
そう言えば、ニンゲンだって、骨折したらギプスで
固定するんだもんね。動物も同じって事か。成程。
もっともっと、自分の身に置き換えて考えなくちゃ
駄目なんだな。りゅうさんは、えらい。私も勉強さ
せていただいています。
Posted by えこp at 2005年11月18日 18:51
病院変えるのって、ホントに難しいですよね。
私も以前行っていた病院で今は亡きゴラムが誤診されて以来、猫たちも今の病院に総移動させました。1度付いた不信感ってなかなか抜けないですね。。。

りゅうさんの話だと、どちらの病院もいい先生のようなので、天ちゃんもきっと大丈夫ですよ!!
そうそう思ったんですけど、コエンザイムQ10って、あれは細胞の発達にいいんでしたっけ?? 人間にだと老化防止のために使われてるけど・・・。
神経にもいいのかな??
でも猫が摂取してもいいのかな??
獣医じゃないのでわからないけど・・・少しでも早く普通に歩けるようになることを祈ってますね!!
Posted by 日本カモシカ at 2005年11月18日 19:43
複数のお医者さんに見てもらうの賛成です。
眼から鱗の意見や画期的な治療法が出てくるかも知れませんし、技術、知識の得意分野ってモノもあるでしょうから。
神経再生について、ちょこっと調べました。
参考になるか解りませんが、人間の手指の神経切断(カッターなどによる)からの再生は、かなりの確率で再生するみたいです(ただし最低1〜2年は覚悟)。ただし「皮膚感覚がちょっと違う」といった感覚障碍が多少残ることがあるようです。
ネズミ等の実験で神経再生にアルギン酸というものが使われているらしいのですが、外用だけの効果のようで、私たちが家で使えるものでは無さそうです。内服すると美容には良いみたいですけれど・・・。
Posted by ヨッスィー at 2005年11月18日 23:50
天ちゃんまだまだ成長段階ですものね。
そっかそっか、骨も成長途中なんだね。

何より、何とかしてあげようと思う
りゅうさんの気持ちがいろんなことをいい方向に向かわせてるんですね、きっと。

天ちゃ〜ん、ギブス噛まないでね〜
我慢してね♪
Posted by chibi at 2005年11月19日 00:37
やっぱり、複数は必要なんですかね。
私が連れって行ってる病院は、猫には
とってもいい病院。
先生は、猫にはとってもいい表情。
でも、私たちに言葉が足りなくて、少し
不安になる事も。
ただ、上の子は先生の事好きだから
中々違う病院に連れて行くのは、勇気が要ります。私たちはこんな事でなやんでいるのに、天ちゃんのため、つらい思いを
乗り越えて、病院へ連れって行ったりゅうさんと、お母さんはえらいです。
言葉がしゃべれない分、私たちが方向を
決めていかなければならないんですよね。

天ちゃん大きくなりましたね。
毎回、天ちゃんの写真楽しみにみております。
添え木して、手がまっすぐな天ちゃん。
皆の愛情と祈りを受けて、少しづつでも
良くなりますように。
りゅうさんも、お体に気を付けてくださいね。

Posted by たくにゃん at 2005年11月19日 00:44
少し大きくなって、テーピングしている天ちゃん。
痛々しくもあり、雄雄しくさえ感じられ
何か、胸に刺さります。
物言わぬ、動物を扱っている獣医さん。
信頼関係が無いと任されません。
違う病院で診てもらうのも良い考えだと思います。
Posted by nekoboci at 2005年11月19日 00:49
わだかまりに関わらず病院2に行って良かったですね。
私も獣医を何回か変えているので
お気持ちはよく分ります。
天ちゃんのためにはいい方向だったですよね。
テーピングされて天ちゃんも動きやすく
なったかな?
ホネ、頑張れ〜! (^ ^;)
Posted by K at 2005年11月19日 02:51
本当にわずかな間に大きくなりましたね〜。
セカンドオピニオンして、結果よかったですね(*^_^*)
私も今の病院4つ目の病院です。
犬が好き派の先生と猫の好き派の先生といるんですよね。
いいと思っていた先生が居なくなり、探して点々と4つ目で事故にあった猫ばかり自分で手術して治療し、院内で自由にさせて面倒を見ている先生に出会い今はそこに通っています。
病院その2の先生もいい人そうですよ、りゅうさんの文字から想像すると(笑)。
実はもう、わだかまり無くなっていませんか?
Posted by nyanmyupurin at 2005年11月19日 12:57
天ちゃんの骨、まだ完全にはくっついてなかったんだ。
ギブスしてもらってよかったですね。
もしかしたら、まっすぐなるかもしれないですね。
ちょっと安心しました。
行ってみて良かったですね。

私も病院選びは苦手です。
良い先生とか良い病院とか・・・難しいですよね。
今行っているところは、優しい先生なんですけど、病状の説明とかわかりにくくて不安になります。

おなかの穴・・・
ショックですよね。
よく行くブログで、生まれつき穴があいていてふさがらずに逝ってしまったワンちゃんがいました。
びっくりしましたが、あるのですね。
Posted by ススのママ at 2005年11月20日 02:14
天ちゃんの体のラインがこの短期間のうちに、
とってもしっかりしてきているように見えて、
そんな元気な姿に安心しています。
病院選びって、本当に難しいですよね。
そこの先生のせいでなくても、イヤな思い出があると不安になっちゃう。
病院2の先生は、たぶん、真剣に天ちゃんの怪我の状況を心配してくれたのでしょうね。
真剣な分だけ、きつくなっちゃったけど。
添え木とテーピングで足への負担も少なくなるでしょうし、
少しでも真っ直ぐな状態で骨が成長してくれればよいですね。
動物の自然治癒力ってすごいです。
そこにりゅうさん一家の愛情も注がれているのですから
天ちゃんの目に見える回復にも納得なのですわ。
Posted by momono-a at 2005年11月20日 17:32
いいお医者さまに出会えてよかったですよね。
あまり、評判のよくない病院って沢山ありますよね。
うちも病院選びに苦労しました。
子猫の成長って一日一日びっくりするくらい早いので天ちゃんの骨も心配ですよね。
写真を見ても大きくなってるのが分かります。
どうか、この添え木とテーピングで天ちゃんの骨が真っ直ぐになりますように。

いつ見てもりゅうさんの所のネコ団子は素敵で羨ましい〜
天ちゃんもちゃんとネコ団子の一員だ♪
Posted by みほ at 2005年11月20日 22:18
ほんと、天ちゃん、確実に大きくなってますね。
手の怪我以外は、順調によくなっていて、嬉しいです。
でも、手の骨も間に合ってよかったですね!
りゅうさんとお母さんの決断、正しかったんですね。
病院選びって、ほんとに難しいですもんね。
病院によっては、猫に詳しいとこと犬に詳しいとこがあるように思います。
先生も人によって合う、合わないがありますし…。
でも、病院2の先生も言い回しがキツイだけで、良い先生のようですね。
天ちゃんが捨て猫だったから、行く末を心配されたのかもしれないですね。
でも、りゅうさんが、一時的な保護ではなく、ちゃんと育てていかれるというのが分かって安心されたのかも…。
りゅうさんの文面からみても、コミュニケーションをとっていったら、分かりあえそうな感じの先生だなと思いました。
神経は、病院1の先生によって良くなってきたし、あとは、病院2の先生と骨の治療に専念ですね。
りゅうさん、天ちゃん、頑張ってください!!

天ちゃんも空ちゃんも華ちゃんも、すっかり猫屋敷の猫ちゃんですね〜。
みんな馴染みすぎです^^
Posted by 猫チョップ at 2005年11月21日 01:00
>みみさん
実際にレントゲン見たいのもあって行ってきました。
でも、決めるまで病院のホームページ何回も見て^▽^;。
でも、行って良かったです。
あの先生Aも、いいアジワイだといいなぁ・・・
窓越しに目が合った瞬間、
「気があわなそう」と火花が散ったような。
なーんて、私が神経質になってるだけでしょうね☆
天のためになるなら、何でもいいです☆

Posted by り>みみさん at 2005年11月21日 15:45
>ねこうち。さん
一度何かがあると、身構えちゃいますよね。
多分、手術が必要ってなったら、
その病院Aで行う事はやっぱり葛藤があるだろうなぁ。
今回は先生2人の意見が真逆でしたけど、
両方とも納得する理由があってのことだったので、
とにかくいい方法が2種類わかってよかったです^-^☆
少し曲がっている位なら、歩けますもんね。
最初のあの、感覚のない腕の状態からよく復活してくれました☆
今日の猫団子は12匹!でした^-^v。
Posted by り>ねこうち。さん at 2005年11月21日 15:51
>Gavi主さん
レントゲンを取る手伝い、初めてしました^▽^。
若いから完全に折れないんだよねと言われた時、
これが若木骨折なんだなーって。
でも場所が厄介な部分だって、先生ぶつぶつ考え込んでました。
それでも固定して歩く事で、骨がいい形になればいいなあ。
天空コンビで転げまわってるので、
やっぱりいい姿勢は重要ですよね^▽^☆
レントゲン写真、いつもほしいなーって思うのですが・・・
やっぱりもらえないのかな。
Posted by り>Gavi主さん at 2005年11月21日 15:59
>えこPさん
病院@でヘンに固まるといけないって、
固定するのをやめていたんですよ。
でも、動き回るし飛び跳ねるから、
曲がった腕にどんどん負担がかかるような気がして。
結果として、2nd opinionしてよかったです☆
今でもまだ、病院Aに対して(他の病院も同じく)身構えちゃうけど^-^;。
Posted by り>えこPさん at 2005年11月21日 16:02
>日本カモシカさん
誤診はイヤですよね>_<絶対。
ただでさえ悲しいコトがあると不信感が生まれるのに、
誤診なんて・・・絶対近寄らなくなるだろうなぁ。
コエンザイムって化粧品系で聞きますよね?
昨日配布していたDHCにも入っていました☆
人間と猫で取っていい栄養素とか違うから、
サプリも先生に聞いてみています^-^v。
ギプス、なかなかいい感じですよ☆
Posted by り>日本カモシカさん at 2005年11月21日 16:24
>ヨッスィーさん
いつもの先生に気兼ねがあったり、
新しい病院選びの難しさがあったり、
みんな病院ってどうやって選んでいるんだろう?って。
人間もそうですが、
診察を受けてみないとわからないですもんね。
でも、今回は両者で補い合えてよかった-^v。
神経再生の話、ありがとうございます☆
以前日本カモシカさんが耳にしたものかな?
聞いた時感心して、心強かったんですよ^-^。
ビタミン剤の効果も、天にはすごくあるような感じです。
Posted by り>ヨッスィーさん at 2005年11月21日 16:37
>chibiさん
骨が柔らかいので、これからも成長するみたいです。
大人だったら完全に折れていて、くっつけるんでしょうけど・・・
間に合ったような感じなので、よかったです☆
プラ板、歯型が・・・^▽^;。
よく抜けてしまうので、ギプスを捜すのも一苦労です。
Posted by り>chibiさん at 2005年11月21日 16:40
>たくにゃんさん
いつもの病院の先生も、言葉少ない時もあります。
そこは私がいろいろ調べた事を質問して、
答えてもらったり教えてもらったりしています^-^。
先生も、どこまでどういう風に説明するか、
ヒトによって違うのかなって思います。
病院Aへは、私がお父さんに連れて行ってもらいました。
やっぱりお母さんは行きたくないだろうなと思って。
私は、天が治るならなんでもいいし^-^☆
これから不信感が消えていくといいなぁ。
Posted by り>たくにゃんさん at 2005年11月21日 16:45
>nekobociさん
今の病院ではずっと長い事お世話になっているので、
他の病院って考えられなかったのですが、
緊急時に備えて、他の病院も知っていた方がいいですよね。
いつもの病院1にも、緊急時のために他の病院を・・・って掲示がありました。
先生がスキーで骨折した時、手術できなかったもんね^▽^;。
天が良くなるもの総動員でがんばります☆
Posted by り>nekobociさん at 2005年11月21日 16:48
>Kさん
テーピングの威力はなかなかです^-^v。
病院選びは難しいですね。
でも、今回はレントゲン撮って見れたし。
先生はまだ掴めませんが、
(プラ板とか自分でやった方がいい気がして)
天の腕のためにはすごくよかったです☆
動き回る姿も、腕がまっすぐだといいですね^-^。
Posted by り>Kさん at 2005年11月21日 16:53
>nyanmyupurinさん
病院探ししたんですね。
先生がいなくなってしまうと、困りますよね;;。
病院2の方は、競馬場の馬の診察もしてるみたい。
獣医さんが3人いて、他にスタッフ3名。
まったくタイプが違う病院なので、それはそれでいいかなって。
病院2の先生・・・どうなのかなぁ。
私が天を怪我させたと思ってキツかったのかも?
先生2は私が猫にどう接しているか、知らないですもんね。
これから信頼関係ができればいいかな☆
まだちょっと、ハラの探りあいチックです^▽^。
Posted by り>nyanmyupurinさん at 2005年11月21日 17:04
>ススのママさん
部分的な骨の向きはバラバラみたいけど、
でも、まっすぐ伸ばして手がつけるようになったら、
腕を折っているのと全然違いますよね^-^v。
とにかく行ってみてよかったです☆
人間の病院でもそうですが、
患者さんはいろいろ詳しい説明がほしいですよね。
桜は、ある日突然おなかに穴が開いたような・・・
でも血は全然出てなかったと思います。
なんだったんだろう。
いろんな病気や怪我がありますね。
Posted by り>ススのママさん at 2005年11月21日 17:14
>momono-aさん
慎重になると考えに考えて、不信感も大きくなっちゃうんですよね。
でも、病院2との関係はこれからだし。
ギプスのおかげで、天の腕も良くなっていると思います^-^。
この写真は大きく見えますね☆
でも、随分しっかりしてきましたよ!
毛ヅヤも良くなったし、傷もカサブタを残すのみ。
治癒力の高さはすごいです。
治療は先生方にお任せし、私は気とかエネルギー補充がんばります^-^。
Posted by り>momono-aさん at 2005年11月21日 17:24
>みほさん
1つの病院でも、
患者さんによって良かったり悪かったりするから、
評判で選ぶのも大変ですよね^-^;。
友達の家ではいいって話だけど、
うちのお母さん的には避けたい所だったし。
でも、行ってみて良かったです☆
今日の猫団子はすごかったですよ。
12匹でずらーっと^▽^!
見てるだけでこちらがほんわかしてきます。
Posted by り>みほさん at 2005年11月21日 17:30
>猫チョップさん
この先生は私の事知らないんだし、
私もこの先生の事知らないんだから仕方ないって、
そう思って診察してもらってました。
いい病院になるかどうかって、信頼関係も大きいですもんね。
いい病院がいくつかあると心強いなって思います^-^v。
でも、目が合った瞬間は「気あわなそう」と思いましたが^-^;。
金曜日にまた行くので、相互理解をめざしてがんばります☆
Posted by り>猫チョップさん at 2005年11月21日 17:36
天ちゃん、どんどん成長しているようですねぇ。
ホント、小猫の成長は早いね〜♪

神経も骨も、成長にあわせてどんどん良くなって欲しいです。
セカンドオピニオンは大正解でしたね。
ウチもゴエモンが、りゅうさんちのはねちゃんみたいに
しっぽの先に壊死を起して、2度手術に失敗してしまい
セカンドオピニオンにようやく助けられました。
Posted by topos at 2005年11月22日 12:59
>toposさん
しっぽの手術、切ればいいだけじゃないんですよね。
私も先生にどう手術するか教えてもらって、
すごく大変なんだってはじめて知りました。
天、ギプスのおかげでかなり良くなってます^-^。
ビタミン剤も効いてるんだろうなぁ。
ちょっと前と見違えるようです☆
Posted by り>toposさん at 2005年11月24日 20:52
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/119158
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック