2007年11月07日

いない存在感

先日、妹が頭いたいーとホットカーペットに寝転がっていた。
ヒト眠りして、ちょっとよくなったのか、上機嫌な妹。

どうしたの?頭イタイの治ったの?

さっきよりは良くなったけど、と何かうれしそう。

ホットカーペットで寝てた時に、頭のこの辺(指をさす)に、
もやもやーっとしたたぬきがいたような気がしたんだよ、と。

そうだね。
たぬきは今も、ふんふんふん、って部屋を歩いてるのかもしれないね。

そんなに触れなかったし、手を伸ばすとささっと逃げ去るたぬきだったけど、
こんなにも存在感があったなんて。みんなで驚き。
猫部屋でねこじゃらしで遊んでいる時に、ふと、フミがいないことを再確認するように、
棚やキャットタワーの上から、ごはんかな?とじっと見つめるたぬきを探してしまう。
怖がりのくせに、結構あちこち歩き回って、
私たちがいる部屋にやってきて、高いところでくつろぐことも多かったもんね。
しんみりしそうな時は、楽しかったこと、おもしろい姿を話して笑ってみる。

猫の大部屋にテーブル&フリースだけの擬似こたつを作ってみたら、
みんなそのフリース周辺にぎゅっと集まる。
こーいうの(こたつみたいなの)好きなんだねぇ、猫は☆
部屋の中央にみんな集まって・・・あれ、こんなに部屋って広かったっけ?

2Fや和室に分散してるからかもしれないけど、
今、大部屋には、
なる、栗、コマ、ハル、空、華、ニイナ、ちゃっぴー、もどき、の9匹。
061006.jpg
↑ヒト昔前はこんな。フミもたぬきも、まさかいないとは夢にも思わず。

フミとたぬきがいなくなっただけで、ほんとに部屋が広く閑散としている。
16匹なんて、フツウの家みたいだね。
グレちゃんいれたら17匹だけど、グレちゃんハウスは外にあるもんね。
冬が近づくと、メイがいない寂しさを共感するように、キリが甘えん坊になる。
フミのいない大部屋に、ササはあまり長居したがらない。
元気だけど、寂しさは消えない。寂しさは消えないけど、元気にもなれる。
バランスをとるのって、なかなか。
ニックネーム りゅう at 23:49| 虹 旅立ちを見送ったあと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする