2007年12月31日

みんなのおかげ

みなさんのおかげで、今年も1年しあわせに暮らすことができました。
2007年は我が猫屋敷に入居した猫がいない年で、
フミとたぬきが他界して「マイナス2」の年となりました。

去年のメイのWキャリア・猫白血病・貧血に続き、
フミとハクのリンパ腫について考えた、大きな意味のある年です。
大変な病気だったけど、
でも、その約3年を一緒に暮らせることができてホントによかった。
ちゃんとめぐりあってよかった。
今年も1年、私たちはとても幸せに暮らせました☆

みんなのおかげで、ハクはずいぶん元気です。
天のシッコ系トラブルは再発したりするけど、
空や華やササの調子もどんどんよくなってきたし。

ササが最近、棚の高いところでじっとしてることが多かったんだけど、
ふと妹が「フミたん帰ってきてるのかな?」とつぶやいた。
その、ササがいる場所にフミはよく登っていて、
まるでそこにフミがいるかのように、ササもそこにいて。
妹もなんとなく、フミがそこにいるような気がするんだって。

そうだね。そうやってちょくちょく様子を見に来てるのかもしれないね。
残された側の悲しみは大きいって知ってるけど、
でも、残していかなくちゃいけないフミたちはフミたちで、
心配だし悲しいんだろうなって思う。
いつでも遊びに来て、そしてよく見える猫の目にその姿を映してね。

いつも応援をありがとう。
なかなかみなさんのところにいけないけど、
またいつか、ゆっくりお邪魔してコメント残せるといいなって思っています。
今年1年支えてくださってありがとうございました。
よいお年をお迎えください☆
みんながしあわせに、楽しく暮らせる新しい1年となりますように!
ニックネーム りゅう at 20:56| かわいい 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする