2008年01月25日

埋葬を終えて

051223c.jpg
ハクは成とまったく同じ、22日に旅立ち、24日に埋葬した。
前日の23日はいきなり雪が降ってて、お墓作れるんだろうか・・・と不安だったけど、
でも次の妹のお休み(28日)までおいておくわけにはいかない。
いくらなんでも、ハクの体が疲れちゃうだろう。
何が何でも24日にお墓を作ろう!

その決意の成果かハクが見計らってくれたのか。
24日の朝は雨もやみ、ちょっと寒い位のまぁまぁなお天気。
土もびしょびしょになってるわけじゃない。
ぬれた土の中にハクを寝かせるのは、やっぱり何かためらいがあるもんね。
午後1時には姉妹そろって出かける予約を入れてしまっていたので、
2時間以内にお墓を作り終えなくては!と意気込んでいたんだけど、
たぬきの埋葬の記録よりも早く、1時間もしないうちにお墓が完成してしまった。
土がフミやたぬきの時と違って、やわらかかったの。
そういえば、妹がお墓予定地をどこにしようかと見ていたときに、
この(お墓として掘った)場所が、なんか違う色に見えたんだって。

お天気もまずまず。いつのまにか暖かい光。お墓作成も新記録。
みんなみんな、きっとハクが調整してくれたんだよーといいながら、
買ってきたお花と一緒にハクを埋葬した。
(午後出かける時にはすごい強風だったし)
お墓におちついたハクは、ハクだけじゃないけど、ほっとしたように思える。
埋葬まで終えたことで、私たちだけじゃなくハク本人も、ほっとできたのかな。

ハクの場合は、あとどの位生きられるんだろう?
春にはハク、いないかな・・・
来月はハク、どうだろう・・・
今月までもつかな・・・
1週間後、ハクはいるんだろうか?とか、そんなことをずっと考えていた。
その次の日に死んでしまうとは思ってなかったけど、
でも、リンパ腫に限らず、病気っていうのは「いつ」がいつ起こるかわからない。
だからフミのように「きっとこれから良くなるね!」の最中とか、
たぬきのように「カゼだと思っていたのに・・・」の敗血症による突然死だと、
その期待の反動が大きすぎて、ショックから立ち直るのも厳しい。

ハクの場合は期待ももっていたけど、それ以上につらそうで。
だって、ハクの場合はもう抗がん剤の耐性ができてしまったから、
かなり大きくなってしまった腫瘍に対して何もできなかったからね。

人間で言ったらあの大きさの腫瘍をかかえて、腹水もちょっとたまって、
どんなにどんなにつらいだろう?

抗がん剤が効かなくなったっていうのはね、結構精神的にもキツイです。
それでもハクは文句言わないで、がんばってくれた。
私たちもできることとしてきた。(と思う)
だから、妹と言ってたんだけど、
寂しいのはもちろんなのだけど、ほっとした気持ちが今まで以上にある。
やっとハクのつらい状態がなくなったんだね。って。
一緒に生きていたい気持ちと同時に、それ以上にハクの平穏にほっとする。
050923.jpg
またハクの左腕に、猫屋敷に帰ってくる目印の「私の髪」を結んで。
(今回は妹も)
ゆっくり休んでね。ハク。
心残りなのは、
ハクにお刺身を食べさせてあげたいと思ってたのに、それが叶わなかったこと。
いいほたてのお刺身がなかった・・・と、妹も心残り。

埋葬するまでのハクは、今までと同じような姿で眠っていた。
だからまた、思った。
その姿はそこにあるのに、そっか、もう君はいないのか。
ハクの命はそこにないのか。って。
でもね、命とか魂はその体にはないけれど、
でもいつだって、私たちのそばにある。そんな気がした。
泣いたけどね。
最近猫さんとお別れした人も、以前お別れした人も、みんな気持ちは一緒だと思う。

短い一生だったとしても、短すぎるって泣くよりも、
その短い、かけがえのない時間をうちで、一緒に過ごしてくれてありがとう☆
その短いキレイな時間を一緒に過ごせてよかった☆
そう、思ってほしいなと、思う。
病気を持ってても、私はハクたちと暮らせてホントによかった。
その一生を、大変なこともあったけど、一緒に過ごしてくれてうれしかった。
泣いちゃうのは同じだけど、悲しむより、がんばった猫たちに感謝を贈ってあげよう!
ニックネーム りゅう at 11:50| 注射 リンパ腫の治療(ハク:FeLV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする