2008年02月03日

はねの貧血

ササの調子が目に見えて悪かったので、昨日病院に連れて行った。
熱が高かったので、これじゃ、ごはん食べないね、と院長先生。
デポメドの注射と抗生剤の薬をもらった。
軽い脱水もあるので、ハクの時にもらって使えなかった輸液。
したほうがいいのかな?と聞いてみたら「できるならぜひ!2本かな」と。
輸液ならまかせて!
ハクには結局、輸液はしてあげられなかったけど、
その輸液セットはササに受け継がれるんだね。

デポメドの注射をし、薬を飲み、輸液をしたササは、
その日の夕方には目に見えて変化が見られた。
まず、他の猫のごはん皿を引き寄せて、奪い取って食べる。
ケヅヤも良くなりパサパサ感がなくなった。
目のイキイキ感も違う。

すごいなぁ。よかったなぁ。
ササはフミの時もそうだったけど、他の猫より死に敏感。
だから、ハクが死んでしまった後急激に元気がなくなったんだよね。
それが原因で体調も悪くなっちゃう。

輸液パックがある分だけ、1日2本分(120ml)の輸液。
今日のササはもうとっても元気で、食べる食べる。
私が食べてたトーストまで、背を伸ばしてかじって落としました。
ほっと一安心。

なのに、ふと気がついて愕然。
はねの口の中が真っ白。
最近、なんかペロペロやってるなぁとは思ってたんだけど、
結構体格がいいし食事もちゃんととるから、注意してなかった・・・。
鼻も目のフチも真っ白。
呼吸もいつもよりは早い。
なのに、今日は雪だから病院にも連れて行けないし。と、
a/d缶にペットチニックを混ぜてはねに食べさせる。
良く食べることは食べるんだけど、元気はまぁまぁなんだけど、
この貧血の原因はなんなんだろう。

闘病が終わったと思ったのに、どうしてこうなんだろう?
ニイナの時みたいに、一時的な貧血だったらいいな・・・。
はねは血液検査をしてないから、キャリアなのかわからないけど。
なるべく早く病院に連れて行こう。

ニックネーム りゅう at 19:15| 注射 貧血と輸血治療(はね:W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする