2008年02月05日

はねの入院と検査

昨日注射を打って、はねの体にはどんな変化が起きたんだろう?
もしかしてもう歯茎とかピンクになってるかな・・・と期待していたけど、
それはやっぱり、そんな簡単なハナシではなかった。
夜は「ぷー・・・ぷー・・・」って心細い感じになくので、
ネットを見ることなく、髪を乾かすことなく、そのままはねと一緒に寝てしまった。
注射が体の中でがんばってるせいなのか、
まんまるのはねの目がちょっと細めになってる。
大丈夫だよ、注射が効いてくるからね。がんばって血をつくろうね。
はねは布団から出たり入ったりを、何回か繰り返してたんだけど、
あつかったのかな?

期待してのぞいた朝、相変わらず白い口内にちょっとがっかり。
いや、でもそんなに急にピンクにはならないか・・・と思い直すけど、がっかり。
今までは朝になると、
キリと一緒に布団の上をどすどす歩き回ってごはんを催促していたけど、
貧血が発覚する2日前くらいからかな?
あまり騒がなくなったんだよね。
「そっかー今日はりゅうお休みだから、ゆっくり眠らせてくれたのね」
とか言ってたけど、貧血で騒ぐ気力がなかったんだなぁ。
ということは、2/2辺りに今のような貧血がはじまったんだろうか?

それでも、同じ時刻頃になると「ごはんは・・・?」と訴える。
グラウの缶詰にペットチニックをまぜたものと、イノーバのカリカリ。
カリカリを見事によけて、缶詰をしっかり食べてました。
時間がなかったので輸液はできなかった・・・。

夕方、ヒトもめあったけど何とか時間内にはねを病院に連れて行けた。
1日中いろんなことを考えていたので、
もう心配が極致に達して、胃はイタイしむかむかするし、目の前がくらくらして気持ち悪い。
精神的なプレッシャーに弱いんだよね、私。

病院に行くと、緊張のためかいつものはねみたいになるの。
目のフチがほんのり赤くて、耳や肉球の血流も良くて、歯茎もピンク。
一体その血液はどこに潜んでるの?って言いたいくらい。

血液検査の結果は、昨日より数値が上がってる部分があった。
網状赤血球の%で見ると、通常が「>1.5」に対して、はねは1.3。
血は作られてる(再生性)みたいような事言ってたなぁ。
血小板も昨日10万だったのが、今日は18万。
血小板は結構変動しやすいものだけど、でもちょっと増えててほっとした。
検査の結果はまたあとで詳しくまとめるけど、
これだけでは「はねの貧血の原因」がわからない。

貧血はそれなりにいろんな治療があるんだけど、
ちゃんと原因を突き止めて治療をすれば、かなり状態が改善されるって本にも書いてあった。
ヒトコトで「貧血」といっても、ほんとにいろんな状態のものがある。
お金はそれなりにかかっちゃうけど、ちゃんと調べてもらうことにした。
ほんとに、もう死んじゃうのはイヤなんです、と先生に言って。

明日の朝イチで病院に連れて行くことが出来ないので、
今日はそのまま入院して明日検査をすることに決めた。
とにかく早く治療方針が決まったほうがいいもんね。

ずっと一緒の部屋にいるはねがいないと、やっぱりすごく寂しい。
でも、はねの方が知らない場所でもっと寂しい気持ちでいるもんね。
心細いだろうし。
はねにがんばれパワーを送るためにも、今日はもう寝ちゃおう。
明日になって、もっとはねの状態が良くなりますように。
ニックネーム りゅう at 21:49| 注射 貧血と輸血治療(はね:W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする