2008年02月10日

非再生性

080209.jpg
はねが「ごはんは?」と、少しうるさく言うようになったので、
ごはんの準備をしようとちょっと早起き。
口の中は白いけど、一度に食べる量は前より少ないけど、初心の時より元気いい気がする。
昨日輸液100mlしておいたのが良かったのかな?

きっと、これから良くなるんだ☆
と、朝ごはんを食べながらうれしくなった。
記事にはしてないけど、実はササもぐんと調子が良くなった3日後、
今度は急降下して、透明なよだれまみれで食欲もイマイチになっている。
茶色っぽいよごれたよだれではないので、口の中を点検してみたんだけど、
舌の表面がちょっとヘンかな?
天の舌炎の時に似てる。あの時、天も透明なよだれで口がいっぱいだった。
濡れタオルをあっためて、口の周りやしっぽを拭いて。
でも大好きな生肉や、メガペットデイリー&メガオメガ入りの缶詰を食べさせた効果か、
少しだけ、良くなったような気がする。
びっくりするほど痩せたけど、口が痛くて、食べてるようで食べてなかったのかな。
強制給餌で口の中に入れちゃえば、食べてたんだけど。

朝ごはんを食べ終え、シゴトの支度をしようとした時、院長先生から電話があった。

はねの検査結果が出たよ、というもので。
今日日曜なのに、しかもまだ8時半にもなってないのに、早いなぁ。
「調子はどうですか?」と開口一番の院長先生。
「ごはんもよく食べますし、いいですよ。おなかはまだゆるいけど・・・」
と、心配もほとんど消えかけてた私に、院長先生が告げたのは、
「非再生性だね。異型の血球も出てるから、白血病ウィルスが関係してるかな」
「やがて白血病に移行していくかもしれないね」
「治療はステロイドを使ったものになるから・・・」

網状赤血球が1.5より少ないとはいえ、1.3あったから、私は再生性だと思ってた。
だから、血が造られてるのに壊されてるなら、原因を薬で改善すればと思ってて。
でもそういえば、先生は非再生性って言ってたような気もするなぁ・・・と。
なんか、「非再生性」とか言われると、なんか、怖い。
詳しくは12日に診察した時にね!って電話は終わったけど、
その後でどよーーーーーーーーんと暗く落ち込んでしまった。

そっか。だからはねの口の中はピンクになってくれないのか。

白血病ウィルス、いても別にいいんだ。
でも、悪さはしないで、共存してほしいの。
ちょっと位血が造られなくてもいいけど、でも全部ジャマしないでほしいの。

帰宅して「ごはんはー?」と動き回るはねとキリ。
元気は出てるけど、問題なのはこの軟便!
トイレに入って、うんPの形は出来てきたけど、ちょっとぬるっとした感じ。
それがイヤなのか、またトイレでちょっとがんばって、
結局おしり付近を汚してしまうのね。

軟便っていうか、粘液便ぽい感じもあるなぁ・・・。
ひらめき
粘液便ってことは大腸の炎症っぽいから、もしかして細菌性とかの大腸炎?
はねは今までも時々軟便になる時あったから、慢性の大腸炎とかなのかな?
それで、炎症が起きてる&軟便で水分が発散されちゃって軽い脱水が起きるの?
12日に病院に行ったら、院長先生に確認してみよう。

今日はステロイドと、ビオフェルミンも飲ませて。
缶詰にはメガオメガとタヒボ茶。
背中の皮膚の戻りが遅いので、今日も輸液110ml。

黄疸はいつのまにか目立たなくなってるね。
良くなってる部分も確かにあるんだ。
口の中はまだ白いけど、1つずつ、問題をクリアしていけばきっと良くなる。
この軟便を解決したら、脱水も改善されるんじゃないかな?
そう思って、あまり落ち込んだり凹んだりしないで、がんばろう。
何よりも誰よりも、私が凹んでたら、はねも自分で心配になっちゃうよね。
でもやっぱり、時には凹む・・・
ニックネーム りゅう at 21:32| 注射 貧血と輸血治療(はね:W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする