2008年03月06日

春の空に向かう君は

出勤前に見たササは、酸素ケージの中からこちらを見つめてた。
その目がぴかり、と、キレイな緑に光った。
ああ、あの時のメイみたいだと思いながら、家を出た。
行ってくるね、とは怖くて言えなくて、
「ササ、いつでも大好きだからね!」とそう言った。

シゴトに行く途中で妹からの電話を受ける。9:20。
よく晴れた朝。ついさっき。その時間に、ササは逝ってしまった。

酸素ケージの中からキャットタワーをずっと見ていて、
自分からケージを出たそう。
そしてそのまま、キャットタワーにのぼることなく、妹が見守る中で旅立った。
私の帰りを待つことなく。
sasafumi2.JPG
ササ、私の部屋に駆け込むと、キャットタワーをカリカリ爪とぎしてたもんね。
いつもご機嫌でキャットタワーでころころ寝転がってた。
最期に空を見たかったのか。
それとも、フミやメイのいる空に近づこうとしたのか。

昨日の夜は明け方までずっと、酸素ケージの丸窓から手を入れて、
ササの手をにぎったり、体をさすっていた。
そのたびに、ぎゅーっと手を握り返してくるササの手がかわいくて。
なかなか点滴が入っていかないのは、やっぱり血流が悪かったからなんだね。
留置針のついている腕をさすったり伸ばすと、点滴が落ち始めるから、
ずっとずっと、床に寝転がりながらマッサージをしていた。
拾った当時の瀕死のササに、自作のマッサージの歌を歌いながらしていたように。
ササは、どんな気持ちでそれを聴いて、私を見つめていたんだろう。
近づくお別れを、私もササも気づいてるような、気づかないフリをしているような。
私の中ではササの死は、どうしても否定できない、すぐ近くのとこに潜んでて。
ああ、でもぎゅーっと握り返すササの手は、とてもあったかくて。

朝、自分でがんばって丸窓を抜けてトイレに向かい、またうんpを出した。
思えば、みんなこうやって体を身軽にして旅立つんだね。
みんな同じだ。
040823.jpg
2004年組は、ササを拾ったのがきっかけ。
小さな、薄汚れて両目がぐちゃぐちゃで瀕死だったササを保護したことで、
私はお母さんや近所の人と話をして、近くの野良の子みんなをうちの猫にした。
小さなササは何も悪いことをしていないのに、その左目を失ってしまった。
右目はなんとか守ることができて、とてもキレイな大きな目で世界を見て。
今の私がいるのも、この猫屋敷があるのも、
すべてすべて、ササがきっかけ。

でも、ずいぶんよくがんばってくれたよね。
さすが、私の王様。猫屋敷の王様。
でも、ササはフミのそばに行きたい気持ちも、ずっと持っていたんだろうね。
この晴れた春の空の中で、みんなに会えた?

10ヶ月の間に4匹の大切な家族を失ってしまった。

ササがもう苦しまなくていい安堵も、確かにあるんだけれど。
でも、
それでも、
あったかいササが帰宅を待っていてくれることが、どんなにうれしかったか。
生きてると確認して、どんなにうれしく、どんなにほっとしたことか。

声を出さずに、かわいらしく鳴くササ。
ひざによじ登って、特等席を占領した!と得意げに丸くなって眠るササ。
もう一度、ひざまくらして丸くなって眠るササを見たかったな。
一緒に眠りたかったな。

070227c.JPG
ササの命が消えたこの世界が、今はすごくつまらないよ。
一緒に、どこまでも一緒にササと行けたらよかったのに。
私も一緒に、ササと死んで行けたらよかった。
まだ、闘病生活はこれからもいろんな形で続くのだろうけど、
もう、私は走り続けたくない。

私にとって、瀕死から助けたキレイな片目の王様は、ほんとにほんとに大切なササで。
大好きで大好きで、大切で大切で、
どんなに言葉を並べても、言い足りないくらい大切な、大好きな。だいすきな。
片目の白いキレイな王様。

私はササを、心の底から誇りに思ってるんだよ。

大好きなササ。
この3年半、一緒に生きてくれてありがとう。

春の空の中に、一緒に私も行けたらよかったなぁ。
070908.JPG

帰宅してササを目にしたら、もう気力をなくすと思うので、
走り続けることはもう、できないと思います。

今までたくさんの応援、ありがとうございました。
ニックネーム りゅう at 10:39| Comment(18) | 注射 W&膿胸・皮膚病ほか(ササ:W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りゅうさん、本当にほんとうにお疲れさまでした。
ササちゃんのことが心配で、会社のお昼休みに
パソコンを開いて、この記事を目にしました。
りゅうさんの王子様、猫屋敷の王様でもある
ササちゃんは静かに旅立って逝ったのですね。
りゅうさんの気持を思うと次から次にと涙があふれ出て
向かい席の人に怪訝な顔をされてしまいました。

綺麗な大きな澄んだ瞳でしっかりとりゅうさんの愛情に
こたえ委ねて、安心してフミちゃんやメイちゃんのいる
天国へ向かったのだと思います。
ササちゃんは幸せだった現世の思い出を胸に
天国で待っている仲間たちに話して聞かせると思いますよ

今は悲しみで弱気な気持が先立っているりゅうさんだと思いますが
猫屋敷のボスであるりゅうさんが幾多の悲しみを乗り越え
がんばっている姿は皆が知っていますから
今は、いっぱいいっぱい弱音を吐いて涙がかれるまで
悲しんでください。
そして雄雄しく立ち直って、りゅうさんの愛を待っている
猫屋敷の猫たちに気高く病と戦ったササちゃんの事
話してあげて下さい。
そんなりゅうさんを高い空の上から、ササちゃんを初め天国の皆が
誇らしく眺めていると思いますよ。

りゅうさんの悲しみは猫屋敷の猫たちと、時が
和らげてくれると確信しています。

ササちゃんのご冥福をお祈りします。
Posted by nekoboci at 2008年03月06日 14:00
何とお声を掛けて良いのか…
りゅうさん、ササちゃんの看護、お疲れ様でした。
そして、ササちゃんの御冥福を心よりお祈り致します。

りゅうさん?今は走り続けないで、立ち止まってください。
そして、後ろを振り返ってササちゃんとの思い出に涙してあげてください。
それからユックリで良いので、前を向いて一歩一歩、歩んで行って下さい。
上手く言えませんが、きっとササちゃんもそれを望んで、虹の橋の上から見守ってくれてると思いますよ。

猫屋敷の王様ササちゃんに、合掌!
Posted by ケンタローのパパ at 2008年03月06日 15:07
ササちゃん、りゅうさん、お疲れ様でした。
いつも頑張っているりゅうさんは私の心の支えでもありました。
りゅうさん、今はゆっくり休んでください。
たくさんの熱い愛をありがとう。

ササちゃんのご冥福をお祈りします。
Posted by poco at 2008年03月06日 17:24
ササちゃんのご冥福をお祈りします。
本当によく頑張ったね。
今は体が軽くなって、大好きな皆と再会して、元気に走り回っていると思います。

りゅうさん、ずっと走らなくても、ちょっと立ち止まって歩くことも必要だから・・・。
命あるものは、ずっと走り続けることなんてできないんだから。
このままじゃ、今度はりゅうさんが潰れてしまいます。
潰れるまえに、立ち止まって一休みしてくださいね。
いつか、その時が来ればまた歩き出せるはずだから。

この10ヶ月間のりゅうさんの悲しみは、本当に計り知れないものがあると思います。
こんな悲しみに耐えられる人なんて居ないと思います。
現実逃避も必要なので、たまには自分を甘やかしてくださいね。
Posted by 日本カモシカ at 2008年03月06日 19:19
りゅうさんのお気持ちを考えると
私の胸もつぶれそうになります。
私が泣いた分、りゅうさんの悲しみが少しでも減るんだったらいいのに。。。

走り続けられない、そうですよね、
そういうときもありますよね。
また歩き始めるその日まで
今はゆっくり休んでくださいね。

王様ササくん、本当に格好よかったよ!!
ご冥福をお祈りしております。
Posted by こめ at 2008年03月06日 20:04
りゅうおねえちゃん・・・
ごめんね、なんて言ったらいいかわかんないんよ。
でもメイちゃんもフミちゃんも、たぬきちゃんもハクくんもササくんも、他の子もみいんなりゅうおねえちゃんやみんなと暮らせたから生きてこられたんだよね。
楽しいこともたくさん、他のにゃんことケンカしたり、遊んだり、なめなめしあったり、うれしいこともいっぱい、いろんなこといっぱい。りゅうおねえちゃんはみんなに楽しい時間をくれたんだよね・・・

アタシたちも悲しいけどりゅうおねえちゃんはもっともっと悲しいよね・・・
ササくんもりゅうおねえちゃんもしばらくゆっくり休んでね。
ササくんおつかれさま。

Posted by Gavi at 2008年03月06日 20:33
本日は体調が悪く早退してきたので
昼過ぎにはササちゃんの旅立ちを知ったのですが・・いまだに
なんとお声をかければいいのか
わかりません・・・
きれいなすんだ瞳、ふわふわのまっしろなササちゃん、わかさと気高さがただただ悔やまれます。りゅうさんの今日の青空がいつか、晴れ渡る青空につながりますように、祈ります。
Posted by ゆーゆー at 2008年03月06日 23:14
りゅうさんに腕をさすってもらいながら、ササちゃんはきっととっても幸せな気持ちだったと思います。
りゅうさんがササちゃんを大切だと思うのと同じ、ササちゃんもりゅうさんを愛してやまなかったと思うから。
そんな大切な子達を、続けざまに失ってしまったのだもの、走れなくて当然です。
りゅうさん、時には止まる事も後ろを向く事も、前を向く事をやめてしまうこともあって、それでいいと思います。
でもきっといつか、お空に住む子達と猫屋敷に住む子達がりゅうさんを前に向かせてくれると思うのです。だからその日まで、無理しないでください。

ササちゃん、ありがとう。もうゆっくり体を休めてね。
ご冥福を心から、お祈りしています。
Posted by chibi at 2008年03月07日 00:07
6日は朝から何だか胸騒ぎがしてなりませんでした。
やっと仕事から帰ってPCを立ち上げてみたら…ササちゃん、逝ってしまったんですね…。
りゅうさんの気持ちを思うと胸の奥が引き千切られそうに痛いです。
本当に本当にお疲れ様でした。
今はどうかゆっくり休んでくださいね。
ずっと全力で走り続けているりゅうさん、このままではりゅうさんの方が病気になってしまいます。
ササちゃん初め天国のみんなや、地上のみんなも心配してると思いますよ。
悲しみが大きすぎて一緒に行きたい想いは痛いほど判りますが、時が過ぎていつか天国のみんなのところにいく日まで、猫屋敷のみんなの大切なボスでいてください。

ササちゃん、今までありがとう。
ご冥福を心よりお祈り致します。
Posted by 竜田姫 at 2008年03月07日 01:31
くやしいです。
助かって欲しかった。
いままでのりゅうさんの気持ちを思うと、切ないです。
命と言う限られた時間を、どんなに頑張っても伸ばしてあげることが出来ない無力感・・
自然の摂理とは言え、残されたものは喪失感と無力感に苛まされますね。
りゅうさん、いっぱいいっぱいなんですね。
少し、休みましょう。
休息が、必要です。
Posted by モモコ at 2008年03月07日 13:22
私がメールしたことが、悪い方向に向かわせてしまったのではないかと、昨日お昼にこの記事を読んでから落ち込んでしまい、すぐにコメントできませんでした。ごめんなさい、りゅうさん。
なんと書いたらいいのか、本当に言葉が見つかりません。
ササちゃんとにゃんが重なってしまい、何もしていないと虚無感に襲われるので、昨日は色んな仕事を自分に課して誤魔化して過ごしました。
何も力になれなくて、本当にごめんね。
いつもキラキラと輝いていたササちゃん。その輝きに私も、まだ頑張ってくれると信じていたの。
ぎゅーっと手を握り返していたササちゃんを思うと泣けてきます。
りゅうさんが居ないときに旅立ったのは、ササちゃんの最後の思いやりだったのかな…。
疲れと悲しい思いのまま走り続けることは、強い人間でも出来ないです。でも、りゅうさんを必要としている猫屋敷のメンバーがいっぱいいます。だから、また歩く気力が取り戻せるまで、どうかゆっくり休んでください。
Posted by nyanmyupurin at 2008年03月07日 16:45
りゅうさん、なんと言ったらいいのか、言葉がありません・・・。

ずっと走ってきたりゅうさん。
でもずっとずっと走り続けられる人はいないから、今はゆっくり休んでください。

ササくん、たくさんたくさんがんばりましたね。
りゅうさんが出かけるのを見送ったあとに旅立ったのは、ササくんが選んだ時間だったのではないかと思います。
ササくんの優しい気持ちなのだと思います。
ササくんとりゅうさん、妹さんのがんばり、いつまでも忘れません。
ササくん、虹の橋でりゅうさんたちを見守っていてくださいね。
今は疲れた体をゆっくり休めて、また力を蓄えたらりゅうさんのもとに帰ってきてくださいね。
Posted by TAMI at 2008年03月08日 01:38
自分の猫がリンパ腫と分かった時こちらにたどり着きました。
うちの子はそれから一月も経たず1歳になる事なく亡くなりましたが、りゅうさんと大切な仲間、家族、そして戦友である猫達に勝手に励まされておりました。

ササちゃんが旅立った事、本当にお辛いことと思います。それでもササちゃんとりゅうさんの気高き戦いを最後まで書いていただいて本当に感謝しております、本当に気高く清らかな戦いに涙があふれてきます。

今はゆっくりとただ静けさにくるまってらっしゃって下さい、りゅうさんだけがこの世界に残された理由がきっとあるはず。
みんな向こうでちゃんと待っていてくれるはず、りゅうさんが役目を終えていつかみんなの待つところへやってくるのを。


とりとめない文章でごめんなさい。りゅうさん、ササちゃんお疲れ様でした、そして本当にありがとう。
Posted by かえるのあるじ at 2008年03月08日 10:23
去年の夏と冬、大事な2つの命と別れを告げました。そんな中、一番最後に残ったコがリンパ腫と診断されて、ひたすらもがいていたときに、こちらにたどり着きました。

いつも勇気やあたたかい愛情を分けてもらい、だからこそ前向きにやってこれました。

昨晩、そのコが1歳とちょっとの若さで旅立ちました。約4ヶ月の闘病生活でした。

保護したときには既に片目がなくなっていて、残った方も膜がかかってよく見えてない状態にも関わらず、二度も家出をし、大捜索をしたこともありました。
具合が悪くなる度、仕事を休み、心配ばかりしていました。

今、世界が物足りなく感じます。

私も私のコもりゅうさんもササちゃんも、みんな一生懸命頑張ったと思います。

本当に頑張ったと思います。

今はゆっくり休んでください。

みんな天国で幸せに暮らしてますよ。
そして、いつかきっと私たちの所に会いに来てくれますよ。絶対。
絶対また会えると私は信じてます。

勇気を分けてくれてありがとうございました。感謝しています。
Posted by なつくんの姉 at 2008年03月09日 23:38
りゅうサン、初めまして、私も今15匹の猫と暮している者です。
昨年10月に生後1ヶ月半の子を亡くし、今年1月に7ヶ月の子を、突然の痙攣でタウンページで調べた病院に連れて行ったのですが、手で少し触って、栄養失調と言われ、大量の注射と点滴をされ家に着いて15分もしないうちに息をひきとり亡くしました…
ササチャン頑張りましたね、りゅうサンも…
すいません、亡くした子達と重なって言葉になりません…
ササチャン、虹の橋で楽しく遊んでね。
Posted by たぁこ at 2008年03月10日 21:29
初めてコメントさせてもらいます。わが家の猫もリンパ腫と診断され、必死に情報を模索してる中、偶然にもこちらと出会い、それからゎいつも拝見させてもらって、かげながら、応援してました。       りゅうさん、辛いときにゎ休息も必要だと思います。どれだげ、時間がかかってもいいんです。だから、ゆっくり休んでください。いつまでも待ってます。
Posted by よっち at 2008年03月15日 02:12
久しぶりにここへきてみたら・・・

ササちゃん、旅立ったんですね。。。
りゅうさんと出会えたササちゃんは沢山の愛を貰って幸せだったと思います。
他のニャンコたちもそうです。
私も、小さな命を大切に一生懸命守られているりゅうさんに勇気を頂いています!

辛い時はゆっくり心を休めてください。
そしてまたここへ戻って来てくださいね☆

Posted by tomo at 2008年03月15日 18:59
はじめまして。
りゅうさんの つらさを思うと 涙がでます。私の真ん中のコが 今年2月悪性リンパ腫と診断され いろんなトコをみて ここに来ました。

辛いですよね。私のコは、現在安定していて 病気がウソみたいなんですけど…。「治らない」という 医師の話は本当だったんだ…。と思い知らされました。

ごめんなさい…。かける言葉が見つからない。
Posted by ruru at 2008年03月17日 18:25