2008年03月22日

はねの貧血データ

はねの血液検査データ
【2/23】■輸血:なる+天35ccずつ(70cc)
WBC:3340↑ RBC:212↓ HGB:3↓ HCT:10↓ PLT:22↓

【3/3】■輸血:ハル35cc
WBC:1920 RBC:220↓ HGB:3↓ HCT:11↓ PLT:13↓ T-Bil:3.2↑

【3/8】■輸血:栗30cc
WBC:2530↑ RBC:196↓ HGB:3↓ HCT:9↓ PLT:11↓ T-Bil:2.5↑

【3/11】■輸血:空30cc
WBC:1760 RBC:216↓ HGB:3↓ HCT:10↓ PLT:11↓ T-Bil:1.2↑

【3/17】抗がん剤:ロイナーゼ ■輸血:なる+ニイナ45cc
WBC:3890↑ RBC:176↓ HGB:2↓ HCT:8↓ PLT:16↓ T-Bil:4.7↑

【3/21】抗がん剤点滴:VCR80% ■輸血:院長先生の猫さん35cc
WBC:3350↑ RBC:192↓ HGB:2↓ HCT:9↓ PLT:14↓ T-Bil:1.7↑

最初の頃に比べて、赤血球数がかなり低いことがわかると思う。
正常値は500〜1000とされてるんだけどね。
これじゃあ、体中に酸素を行き渡らせるのも大変だよね。
酸素吸入器をレンタルしておいて(ササのためにだったけど)良かった。
みんなの血をもらうけど、壊れるのも早いせいだからかな?
だからビリルビンの値が高くなるんじゃないかな?って思う。
肝臓が悪い黄疸もあるかもしれないけど、
その血液の理由の方が大きい気がする。

はねの貧血は、猫白血病から来ているものじゃない。
これは骨髄検査でハッキリわかってる。
だから、肝臓の腫瘍は猫白血病由来のものであっても、
貧血は別の経路。
貧血に効果がなかったステロイドが肝臓に効果が出るのも、その理由から。
貧血は猫エイズの影響なのかなぁ?
どうなんだろうね。

とにかく、ビリルビンの値が少し下がったので薄めの抗がん剤VCRを入れた。
ちょっとよくなるかな?
ビリルビンの排泄(黄疸の解消)と脱水症状の回避、ビタミン補助、体重維持。
その4つの目的で、毎日輸液2本(120ml)をちゃんと続けることにする。
おかげで、少しだけど体の黄色が薄くなったような?
輸液は、ホントに大切だと思う。
できるなら自宅でできるワザを身につけておくといいんじゃないかな。

昔の自分が書いた闘病記録を見てて・・・
どうして過去の私は、こんなにがんばれたんだろう?ってしみじみ思う。
過去の私が、今の私に「できることをしていこう!」って。
また、以前の貧血データも修正で入れるけど。

こんな血液のデータでも、ごはんを食べて、少しずつがんばって。
はねはちゃんと一緒に生きるためにがんばってるよ!
できることがあるっていうのは、自分をはげます自信にもなります。
ニックネーム りゅう at 20:51| 注射 貧血と輸血治療(はね:W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする