2008年04月06日

桜満開の朝に君が旅立つ

080406b.jpg
食欲が安定したと書いたばかりだけど、
つい先ほど。
朝6:20に、はねが朝日と共に旅立ちました。
朝日の中で公園の桜は満開で。
苦しそうなはねの旅立ちだったけど、今はもう、とても静か。

夜中の3:30位から何かを吐くような動作を繰り返し、
なにかわからないけど、歯の表面の一部が黒っぽくなって。
これはなんだろう?
吐く仕草をしても実際には泡のようなものしか出てないのに。
なんで黒く色がつくんだろう?

体温を維持しようとゆたんぽを作って酸素ケージに入れたけど、
はねは自分から出てきてしまう。

ああ、これはもう、自分で体を冷やしてるんだな・・・って思った。
はねは、もう旅立つ準備をしてる。
それでもまだ温かいはねを見ていると、
夜までごはんを食べていたんだから大丈夫かも、と。
ほんとに、はねはごはんをよく食べて、ぐるぐる言ってたね。

やっぱり留置針を抜く、輸血から4日目が、はねにとっては分かれ目。
輸血しても1週間も持たないのだから、多分、もう限界だったんだろうね。
今まで朝になると「ごはん!」ってごつんと頭をぶつけてきたのに、
そういえば昨日の朝は、ごはんが出てたせいかしなかったっけ。
それでもちゃんと夜ごはんを食べて、枕にちょこんと座って。
ああ、でも妹が「はねがすごくぐるぐる言うから、ちょっと心配になっちゃった」
そう言ってたっけ。
はねはいつも、盛大にぐるぐる言ってた。
ああ、もうそれも聞けないんだね・・・
ごはんは?って催促する上目遣いも、ぷーって鳴くのも、帰宅してドアの前で待つのも。

まさか、その数時間後にこんな風に苦しみだすとは思わなかった。
呼吸が落ち着いているのと、死期が迫ってそういう呼吸になるのと、
判断が難しいんだよね。
酸素ケージから出て、
いつものはね場所である小棚の上に行きたそうだったので、
体を温めることはもう断念して、好きな場所に寝かせてあげた。
がんばれとは言えなくて、
今までのお礼と、
はねがもう苦しくなりませんように、
はねがいつでも幸せでいますように、とずっと言って聞かせて。
時々うつらうつらするはねを見て、大丈夫かな?と思ったり、
それでも多分、もうだめなんだろうなって思ったり。
最期の時までの3時間、相棒のキリもわーわー鳴きながら落ち着かない。
キリ、はねは旅立っちゃうのかな。
どうしようね。
キリ寂しくなっちゃうから、はねぷん、いなくなったらやだよね。

でも何度目かの吐く仕草のあとに、最期の時がやってきて。
私と妹とお母さんが泣きながら見守る中、
苦しそうに頭をのけぞらせたり手足を突っ張るのを腕に抱え込んで、
大丈夫だよ!ゆっくり準備していきなね、って。
くぅ・・・って何度か泣くようなはねが苦しそうで、
もうとても、いつもそうだけど、がんばれとはもう言えなかった。
あんなに苦しそうにするのは、見たことがない。
だからこそ、もういいからね、って思った。

ありがとう。
今まで、よくがんばったね。
もう注射とかいたいのないからね。
ありがとね。大好きだからね。
はねの中には、みんなの血が流れてるから、ヒトリじゃないからね。
かわるがわる声をかけていくうちに、
はねの瞳はその光を拡散させた。
ああ、旅立っていったんだねって、その瞳ですぐにわかる。
その瞳に、もう私は映ってないのかな?
そういうと、そんなことないよね、見えてるよね、とお母さんが言ってくれる。

080406a.jpg
ここが、はねの場所。最期の場所。

ありがとう、はね。
Wキャリアだなんて知らずに今まで来て、
貧血とリンパ腫なんてWで病気が来ちゃって、いちばん大変だったね。
私と何回もケンカしたのに、それでも好きでいてくれてありがとう。
私も、はねが大好きなんだ。
部屋中にシッコしまわって、バシバシ叩いた事、
それがもうどうにもならないほど自分が馬鹿で後悔尽きない位。

その瞳が私を映さなくなるまで、
ずっとずっといろんなコトバを語りかけた。
ササの時は見送れなかったけど、
苦しそうなはねを抱えて、旅立ちを支えることができてよかった。
苦しむ姿を見るのは本当につらかったけど、
ずっと抱えて旅立ちを励ますことができて、よかった。
「怖くないよ。大丈夫だよ。みんないるよ」
最期の大仕事である旅立ちを、はねが安心してできるように。
それが、私ができる精一杯のこと。

でも、それでも、もっともっともっともっと、一緒に生きたかったんだけど。
まだ2才半じゃないか・・・みんな、早過ぎるよ。
ササが旅立ってちょうど1ヶ月。
まるでササを追いかけていくような、そんな急な旅立ち。

エレガンスもあんなにおいしそうに食べてたのにね。
生肉もおいしそうに食べてたのにね。

お母さんが、人間もそうだよ、なぜか知らないけど、と言った。
ごはんたくさん食べる姿を見せて、安心させていくんだよ、って。
フミもそうだった。メイも。そしてはねも。

クセで猫ベッドを振り返っても、はねはもう動かず、静かに眠ってる。
もう、終わってしまった。

でもね、はねの命が終わったんじゃないよ。
はねの病気が終わったんだよ。
はねの命はこれからも続いて、
また私たちといろんな形で生きていくんだよ。

たくさんたくさん、治療をがんばってくれてありがとう。
もっともっと、一緒に生きることができたらなぁ。
その病気を、治すことができたら、
治せなくても、もっと状態を良くしてあげる事ができたらなぁ。
治らなくても、状態が良ければ何も問題ないのに。
もっと一緒に生きたかったよ、はね。

メイに続き、はねという相棒を亡くしてしまったキリ。
メイがいなくて困って困って、はねが2F組になったのにね。
寂しくなっちゃうね。どうしたらいいんだろうね。

それよりも、どうしてうちの猫たちが、こんな目にあうんだろう。
もっともっと、元気に長生きしてほしかったのに。
みんな元気でいてほしいのに。

猫白血病キャリアや猫エイズキャリアの子もまだいますが、
これで我が家の闘病は、終わりです。
酸素ケージも、数日内に我が家を去ります。

このblogを支えてくれた友達、
ここに辿り着いてがんばってくれたみなさん、

今まで、本当にありがとうございました。

ずっとストップしていた治療費の記事などをupしたら、
この「#猫ノ宝」を閉鎖するつもりでいます。
さすがにもう、限界です。

応援してくれたおかげで、たくさんのことを得る事ができました。
みなさんの助けのおかげで、
かなりの治療費がかかったけど、
ちゃんと他のみんなにもおいしいごはんを食べさせてこれました。
本当にありがとう☆

みなさんの猫が、うちの猫が、ずっとしあわせでいられますように。

病気であっても、病気でなくても、
生きていても死んでしまっても、
どんな形でも、
しあわせでいてほしいと、いつも思っています。

050916.jpg

はねやササ達がWキャリアや病気で生まれてきたこと、
病気を持って我が家に辿り着いたことは、
私にとって、何の問題でもありません。

病気かどうかは、「個性」とかよく言うけど、
持って生まれてきたものは、それはもうその猫の「分」だからね。
病気の素を持っているからって、
しあわせになれないことは、絶対にありません。
短い一生だったとしても、
何回も言うけど、
私も、家族みんなも、はねも、ササも、フミたちも、
一緒に生きられてよかった。幸せだったって、言えると思う。
旅立っていった猫たちも、そう思ってくれていると思う。

はねはその心臓の動きをとめたしばらく後で、
口元を動かして、くぅと声をあげました。
筋肉の硬直なんだろうけど、
どうしていつもこうなんだろう。
どうしていつも、治してあげられないんだろう。
ごはん食べてたのに、良くなる途中だったのに。
そう言ってわーわー泣く私に、
お母さんが「りゅう、そんなに後悔しないでっていってるよ」って、
いろいろやってくれてありがとって、そう言ったんだよって。
そう、言ってくれました。

病気であっても、
途中で病気になっても、
いつだってしあわせの形はちゃんと存在しています。

それを忘れないで、がんばってください。

今までどうもありがとう☆そして、さようなら。
ニックネーム りゅう at 07:50| Comment(21) | TrackBack(0) | 注射 貧血と輸血治療(はね:W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はねちゃん、お疲れ様でした…。
ゆっくり休んで下さいね…。

りゅうさん、お疲れ様でした。
何を?どんな風に?どうやって声を掛けたら良いのか解りません。
でも、お願いです!
このブログの閉鎖だけは…、辛いでしょうがこのままブログを残して頂けませんか?
はねちゃんや、メイちゃんの闘病記は、今後色々な方達の参考になると思います。
勝手な事を言ってるのは承知です。
更新せずとも、このまま残して欲しい…。

はねちゃん?今まで、りゅうさんの側に居てくれて、ありがとう。
痛い事や苦しい事から開放され、猫神様の許へ修行に行って来るだけですよね?
修行が終ったら、元気で丈夫な身体を貰って、りゅうさんの許へ「ただいま〜!」って戻っておいで。
それまで、暫くのあいだサヨナラです。
「いってらっしゃい!はねちゃん!」合掌!
Posted by ケンタローのパパ at 2008年04月06日 14:34
りゅうおねえちゃん・・・はねくん・・・
みんなを見送ってきたりゅうおねえちゃんや妹さんやおかあさんの辛さ、考えられないような辛さだと思うよ。
はねくんもりゅうおねえちゃんもほかのみんなも苦しかったと思うけど、うんと辛かったと思うけど、でも生きていて会えてよかったしうれしかったと思うんだ。
うまく言えないけど。
はねくんもりゅうおねえちゃんもみんなもゆっくり休んでね。
はねくんともりゅうおねえちゃんともまた会えるよね?
ゆっくりゆっくり休んでね。
はねくん、えらかったよ。ホントにがんばったね。ありがとう。
Posted by Gavi at 2008年04月06日 18:33
はねくん、りゅうさん、おつかれさま。
今は、ゆっくり休んでね。
のんびり、思いでばなしができるまで
たくさん休んで落ち着いたらまた、お会いしましょうね。

つーちゃんやつよしくんの病気がわかった時にたどり着いたりゅうさんのこのブログ。
いろんなことを教えてもらい、勇気もいただきました。
りゅうさんの『みんな一緒に』にの一言で我が家の病気の子と元気な子を分けることなく一緒に過ごさせることを決めました。
今は、つーちゃんだけの闘病だけです。
どこまでしてあげられるかわかりませんが
何かあったときにあわてないでいいように
このブログは、閉めないでください。
他の子の様子も知りたいし、気が向いたときでもいいからお願いします。


いつの日か、元気なからだをもらって
また、りゅうさんの元に帰って来てね、はねくん。
Posted by ちゃちゃ at 2008年04月06日 21:31
りゅうさん、いつも見ていながら
声をかけることができませんでした。

>はねの病気が終わったんだよ。
本当にそうですね。
魂は永遠ですものね。
そして旅立った猫さんたちの強さや逞しさ
そして優しさがりゅうさんの中に
しっかりと根付いて生きている、そんな風に感じました。

ゆっくりゆっくり休んでくださいね。
いつかまたお会いできる事を待っています。
Posted by Ganbaruneko at 2008年04月06日 23:05
はねちゃん、がんばったね、お疲れ様でした。
りゅうさん、本当にお疲れ様でした。
ずっと、ずっと辛くて悲しい日々でしたね…。
今度こそ休息のときだと思います。

りゅうさんとりゅうさんちのコたちのおかげでたくさんのことを学ばせていただきました。
身勝手を承知で申し上げます。
どうかこのすばらしいブログは残してください。病気の子を抱えたみんなの指標として…。
「#猫の宝」は私の、みんなの宝物です。お願いいたします。
そして時々でいいですから、他のコ達の様子を教えてくださいね。

背中に天使の羽を持っていたはねちゃん、健康な身体をもらってりゅうさんのところにちゃんと帰って来るんだよ。
ずっとずっと待ってるからね!
Posted by 竜田姫 at 2008年04月06日 23:44
1ヶ月後に…とても悲しいお知らせに胸が痛くなりました。でも、はねちゃんも、りゅうさんも頑張ってたと思います。天国でもみんなと仲良く楽しく過ごして欲しいですね。もっと生きて欲しい…と後悔で今はとても精神的にも辛いと思いますが、ササちゃん、フミちゃん達仲間と楽しく安らかに過ごしているといいですね。生きている人や動物はいつかなくなってしまいますが、このHPをみて皆さん、元気をもらっています。当分辛いと思いますが、あまり無理しないでくださいね。陰ながら応援しています。天国からも応援していると思います。
まずは心を休ませてあげてくださいね。
Posted by まーたん at 2008年04月07日 03:10
満開のSFの桜のもとで悲報を知りました。
天使の羽を持った「悪魔の」はねちゃん。
小さな身体でおかきの袋をくわえて逃げる
あのビデオが脳裏に焼きついています。
さようなら、はねちゃん。
ありがとう、りゅうさん。
ゆっくり休んでくださいね。
いつかまたどこかで(できればSFで)お会いしましょう。四葉
Posted by K at 2008年04月07日 05:49
本当に本当にお疲れ様です。
辛いことばかりが続いて、りゅうさんとご家族の皆様の心中を思うとなんと言葉をかけて良いのかわかりません。
私も、こんな状態でりゅうさんに「頑張れ」とは言えません。
本当にお疲れ様です。
りゅうさんには何度も勇気を貰い、いろんなことを教えてもらいました。
ここは本当に大切な場所でした。
もしも良ければ、心が元気になってきたならば、またどこかでお会いしたいです。
何もできなくてゴメンなさい、りゅうさん。
いつか笑顔で再会できる日を楽しみにしています。
今までありがとう☆
Posted by 日本カモシカ at 2008年04月07日 06:55
りゅうさん、はねチャン、お疲れさまでした…
りゅうさんの言葉に勇気、生きる力をもらった者です。
私も、おチビ、彩音、と続いて失い、人にまで責められ、希望を失っていた時にりゅうさんのblogに出会いました…

りゅうさんもササチャンもはねチャンも、ほんとに頑張ってる、その姿を見て、もう1度頑張る勇気がでました。
本当にありがとうm(__)m
今はおもいっきり泣いて下さいね。
そして、できれば、ここは閉めずにいて下さいませんか?
時々でいいです、時々、他の子達の事、教えて下さいませんか?
勝手なお願いをしてごめんなさいm(_ _)m

今は、ゆっくり、ゆっくり休んで下さいね。
Posted by たぁこ at 2008年04月07日 08:50
りゅうさん、そしてご家族の皆様、本当にお疲れ様でした。
うちにも、キャリアッ子がいます。
りゅうさんの、今までの闘病記に励まされてここまできました。
今のところ、そのこの病状は安定しています。
一匹だけでも、闘病を支えるのは大変なのに、りゅうさんの頑張りに、深く胸を打たれておりました。
はねちゃんは、安定していると思っていたので、今日の記事には、ショックを受けましたが、それでも、いつか終わってしまう命と、前向きに闘うはねちゃんと、りゅうさんに感謝したい気持ちでイッパイです。
はねちゃんは、名前のとおり「天使の翼」をつけて空に帰っていったんですね。
ササちゃん、メイちゃん、はくちゃん、フミちゃん、たぬき君・・・・みんな、翼をもらって、今は自由に、楽しく飛び回っているのかもしれません・・
りゅうさん、いつかまたお会いできる日を信じています。
長い間、ご苦労様でした。
Posted by モモコ at 2008年04月07日 09:27
一年半程前に、リンパ腫調べていた時にこちらへ辿り着きました。
どれだけ支えられて励まされたことか、上手く言葉にできませんが、
本当に感謝しています。
闘病を終え旅立ってしまった今も、りゅうさんの言葉に励まされています。

こちらを閉鎖されると・・・、
りゅうさんのお考えあっての事と承知した上で、
大変失礼なお願いと分かっておりますが、
どうかこのまま残して頂きたいと、心から願っております。
Posted by かり at 2008年04月07日 12:23
つらい思いやお世話を一手に引き受けて、体調の思わしくない子猫と分かりながらも保護して、暖かいお家とお腹いっぱいのご飯を用意してくれて、本当にありがとう。
たった一匹であっても具合の悪い子がいたら大変なのに、りゅうさんが今までどれだけ頑張ってきたか、愛情を注いできたか、その事はみんな私達も知っています。
何も力になることが出来なくて、それどころかアドバイスや、にゃんに色んな贈り物をもらったりで、まだ私はお返しがちゃんと出来ていない事が心苦しいです。
この2枚目の写真、覚えています。お湯のみを倒して小さいはねちゃんが大きなお菓子の袋をくわえて、お気に入りの場所へと運び込んだ時の動画の写真ですね。とっても懐かしいし、思い出すと心が温かくなります。すごく上手に自分のヒミツの場所へ運び込んで行きましたよね、はねちゃん。
最後まで諦めずにずっと頑張り続けたはねちゃんを見ていた辛さは、とても想像に及ばない辛さだと思うので何と書いたらいいのか言葉が見つかりません。
こころが元気を取り戻せる時がきたら、また違う形であっても会うことが出来ると嬉しいです。
Posted by nyanmyupurin at 2008年04月07日 14:38
りゅうさん、何と言っていいのか…
言葉がうまく見つかりません。
りゅうさんから、いつも何かをもらってばかりでお礼を言うのはこちらのはずなのに、何もお返しすることができず、心苦しいばかりです。ごめんなさい。

りゅうさんちの、残された宝たちが、りゅうさんの心を時間をかけて癒していってくれるものと信じて祈っています。
そう、願っています。

りゅうさん、今まで大変でしたね。
つらいなかでの記事のアップ、本当に本当にありがとうございました。
いつの日か、どこかでまたりゅうさんやりゅうさんちの宝たちに会えたら…
その日を密かに、待っています。
Posted by chibi at 2008年04月08日 00:37
はねちゃん、よく頑張ったと思います。
もう苦しくないし、解放されたんですものね・・
、、、涙が止まりません。。。
別れは本当に辛いもの・・時間をかけてゆっくり心を休めて下さいね。
このブログは閉鎖しないで残してほしいです..。
頑張ったニャンコ達やりゅうさんの勇気をもらいに来たいし。
それにまたいつか、戻って来てほしいと思ってます。
Posted by tomo at 2008年04月08日 07:42
ご無沙汰しております。

はねちゃん・・お疲れさまでした。りゅうさんの家で、
暖かいところで
幸せでしたね。
もう虹の橋に着いたかな。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by Mele at 2008年04月08日 10:17
3月にササちゃんが旅立ったばかり
その悲しみの涙も乾かぬうちに
今度は、はねちゃんが旅立ちましたか・・・
りゅうさんに慰める言葉もありません。

りゅうさんは辛い目にあった子たちを次々助けて
その子たちは外で色々な菌におかされていますから
どうしても発病してしまいますよね。
そして、辛い別れの時をむかえる
しかし考えてみれば、その子たちは外にいればもっと短い一生。
りゅうさんの所で幸せいっぱいに生きる事が出来た。
きっと、りゅうさんもその期間楽しかったと思います。
りゅうさんもはねちゃんもたくさんがんばったのですから
ご自分を責めないで下さいね。

早く元気なりゅうさんに戻って、りゅうさんちの猫さんたちの日常
病気の子たちの助言をしてくださる日を待っています。

はねちゃんのご冥福をお祈りします。


Posted by nekoboci at 2008年04月08日 16:58
りゅうさん、お疲れ様でした。
辛いことが続いて心が挫けてしまいそうな時も、りゅうさんはいつもいつも前向きにがんばっていましたね。そして、その姿にたくさん励ましをもらっていました。
たくさんの猫達を家族にしてくれて、あったかいお家とおなかいっぱいのごはんと溢れんばかりの愛情を注いでくれて本当にありがとうございます。
みんなみんな病気であってもそうでなくても、しあわせな猫生を送ることができたのもりゅうさんの愛情のおかげだと思います。
りゅうさんに出逢えたことに心から感謝します。
ゆっくりゆっくり休んで、またどこかでお会いできればと思っています。
りゅうさん、ありがとう。
Posted by TAMI at 2008年04月09日 22:49
どんな言葉をどう伝えればいいのかわからず、まだ足踏み状態ですが・・・。
りゅうさん、おつかれさまです。
たくさんの愛情と前向きな闘病記録によって
どれほどの人と猫が、知恵と勇気を貰ったことでしょう。
わたしは以前、耳疥癬の野良にゃんを保護した事があったのですが、疥癬の写真も治療についても記述があったのは ここだけでした。
だからブログの今後は、りゅうさんのために、りゅうさんの家族のために・・幸せでいられる方法を選んでくださいね。
ネット上でしか会えなかったけど、ササちゃんもはねちゃんも・・みんな大好きです。
そう思えるのは、ササちゃんやはねちゃんが
りゅうさんを大好きだからじゃないかな・・・・・ありがとう、りゅうさん。
Posted by ゆーゆー at 2008年04月10日 23:29
アメリカに引越し、ようやく落ち着いてネット復帰が出来た・・・と思ったら はねちゃんの訃報。
胸がぎゅっと痛くなりました・・・。
そして ブログの閉鎖のおしらせ・・・。

悲しいけれど でも 今まで応援し続けながら りゅうさん、つらいだろうな・・・ってずっと思ってきました。
りゅうさんが もう限界と思うなら・・・
ブログの閉鎖もしかたないかな・・・と思います。
もう 会えなくなっちゃうと思うと どうしていいかわからないほどさびしいし 悲しいけど・・・。

全ての猫たちが しあわせに暮らせますように・・・
きっと りゅうさんも 私も 同じ気持ち・・・。
ずっとずっと そう祈り続けています・・・。
Posted by エイミー at 2008年04月20日 02:38
最後の日にはじめまして。私は5月10日より最愛の相棒【はな】に白血病、リンパ腫で 「あと10分、15分単位です」と宣告をされ 一度は先生に見放されました。 私は猫をキチンと家の中で飼うのも初めてで【病気】なんてものは無縁だと思っていました。そんな私の甘い考えに喝を入れるかのように宣告された家族。 ただ泣くしかできない私は ひたすらリンパ腫、白血病を検索…。
やっと辿り着いたのがりゅうさんのblogでした無我夢中でblogを読みあさり勉強をさせてもらいましたまだハナは頑張ってます!今日は2度目の抗がん剤です絶対諦めない!
Posted by あさたん at 2008年05月18日 11:48
はじめまして。
今もまだ泣かない日はないけれど、
少し日常が戻ってきたので勇気をだしてコメントしました。

大好きなくまが白血病で亡くなり先日四十九日をすませました。
3才でした。
長生き出来ないかもしれない・・それでもいいじゃないか
長生きだけが全てじゃないさ!と言い聞かせ
出来る限りの全てをしてあげたはずなのに
あの時もっとああしていれば・・
もっとあれを食べさせてあげたかった・・
あの時どうして怒ってたたいてしまったんだろう・・

ごめんね
ごめんね
毎日そればかりです。

でも、きっとくまが亡くなった春の空気が
いつの日か懐かしい思い出の匂いにかわる日がくるでしょう。
また会える・・そう信じて日常を過ごしていこうと思います。

私もあなたのブログにしがみつく思いで
ガンバレガンバレ!私も頑張るよ!と念をおくっていました。

今更、遅くなりましたが
本当に本当にありがとう。
遠い空の下、あなたの笑顔を思っています。

Posted by くまやん at 2008年05月19日 01:37
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1341629
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック