2005年12月06日

ワクチンについて

051206a.jpg
あれ?天がいない。どこに行った?と探し回ると、こんな所に。
いろいろ探検してるうちに見つけたらしい、プチプチの上。
天はよく「むー」となく。
ヒトがごはんを食べていて、いい匂い揺れるハート!という時も、
「むー!」と言いながらテーブルに身を乗り出す。
時々「にゃー」と言うけど、大抵「む」「むー」
だから、天の愛称は「天天」「天むー」「天むす」「むーむー」
病院Aでの診察も終わり、ギプスは様子を見ながらずっとつけたまま。
ギプスを外すと、残念ながら走ったり飛ぶ時に手が曲がってしまう。
でも、ここまで回復できたんだから手(チョキ)全然良いよね!と。
先生は「今日は診察料はいいですよ」って。
天に向かってずっと「治してもらえてよかったねぇ」と言う先生。
いちばん最初に怒ったような感じだったのは、
きっと天の手の酷さを見て、何で早く連れてこないんだむかっ(怒り)って思ったんだろう。
私だっていつも「さっさと病院連れて行け!」って思うもんね。
左の口からあご・のどに続く傷は、跡が残ったけど塞がった。
口の端がまだ、あとちょっとかな?
鼻の傷も、もうちょっとすれば毛が生えてきそうだし。
足の傷もまだ毛は生えないけど、傷跡も残ってるけど、塞がった。
肩の形も、腕の筋肉がつけば肩の筋肉もついて、良くなるだろうグッド(上向き矢印)
2つの病院のおかげで、みんなの力のおかげで、天は元気に走り回るダッシュ(走り出すさま)

今日は病院@でのワクチン注射接種。
ワクチンについてはいろんな情報があって、接種に悩む部分もあるけど。
猫カゼが蔓延してしまったので、みんなが治った今日に遅れてしまった。

051206b.jpg どうだ!
演劇 ワクチンを打った後は暴れてはいけません。

ワクチン注射接種をはじめたのは、実は去年から。
去年までは、私は「ワクチン」は病気になった猫が打つとカンチガイしていた位だたらーっ(汗)
ササの目のコトがあって、近所の猫をみんな保護しようと去年決意手(グー)
どんな病気の子がいるかわからないから、
ワクチンを打ったほうがいいのかなぁと、病院1でお願いした。
先生には、完全室内飼いだからしなくても大丈夫と言われたけど、
拾う猫は大抵、猫カゼが酷そうだし。
先生と相談して、歯肉炎組とか一部の猫は注射打たないことにした。
猫屋敷にはワクチン注射猫と打たない猫がいる事になる。

初めて打つ前も打ってからも、私はいろいろワクチンを検索しまわった。
毎年打った方が良いという説。
3年位おきでもよいと言う説。
(うちは1年で集団猫カゼ大流行しちゃったからなぁ)
副作用が起こることも在り得るコト。
「ごく稀に」とは言うけど、それが自分の猫に当たる確率もないわけではナイってコト。
ワクチンを打った部分に腫瘍ができる場合もあるコト。
私は成のリンパ腫以来、「腫」がつくものにはかなり過敏。
猫の感染を防ぐために、悪い腫瘍が出来ちゃった日には、
泣くに泣けない。
でも、大変恐ろしい病気を回避できる確率が上がるグッド(上向き矢印)ワクチン。
先生に尋ねた所、ワクチンも年々良いものに進化しているとか、
打つ部分を違う場所に変えるとか、説明してもらった。
私が血の気が引くほど心配してた「腫瘍」についても、
成のようなものじゃなく、リナが歯肉炎の注射でできたコブのようなものなんだって。
あれも手術じゃなく、いつのまにか消えたなぁ、そういえば。
ワクチン注射への心配は、これからも時々出てくると思う。
でも、この猫屋敷は大所帯。
拾った空1匹の酷い猫カゼが、
あっという間に大流行し、恐ろしい事になったもんねたらーっ(汗)
あの17匹の猫カゼ大流行事件は、気持ちが休まる間もなかった。
この猫屋敷のような家は、
外猫・野良猫・捨猫をほっとけないような家は特に、
悩む部分は自分で考えて、先生に相談して、解決していかないとね。
ワクチンは決して悪いものじゃないから。
病気の予防としては、やっぱりしておいた方がいいと思う。
ああ、今日は雪じゃなくてよかった☆
くすり 天の麻痺(両手のリハビリ:陰性)の最新記事】
ニックネーム りゅう at 21:46| Comment(24) | TrackBack(0) | くすり 天の麻痺(両手のリハビリ:陰性) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天ちゃん〜(*^▽^*)
本当に良かったね〜!!
元気そうな写真が見られて、本当に
嬉しいです!それに本当に可愛い子ですね♪
それにしても・・・栗ちゃん、君もやるのね〜(^_^;)
アニーには子供の頃、よくカーテンをボロボロに
されましたが、今でも、癇癪をおこしたりした時は
やられるんですよ〜。
猫屋敷は大所帯ですから、ワクチンひとつも
大変ですよね!
私も副作用の話も聞き、びっくりしたことがあります。
が、栗ちゃん、元気そうでよかった(*^_^*)
Posted by Sunny at 2005年12月06日 22:56
おー、あの先生、実は猫(動物)大好きなばかりに怖い態度だったんだー。
なんか、嬉しいなぁ、そんな先生がいるってことが。おまけに診察料もいいって…。
先生、実は自分が天ちゃんのことすでに放っておけなくなってる?(笑)

栗ちゃん、大人しくしてなきゃ駄目なとき張り切って(≧○≦)
オトボケ性格でてますね〜。(=^_^=)

天ちゃん、「むー」ってなくんだ。
大きくなっても「むー」のままかも。我が家のみゅー2号も「みゅぅ〜」としかなけない。猫らしく「にゃん」とか「にゃー」とか聞いたことありません。…てことは、天ちゃんもオトボケ&お笑い&スットコドッコイ系になるのかな?
Posted by nyanmyupurin at 2005年12月06日 23:03
ワァァアッ!!久しぶりの栗ちゃんの勇姿(笑)
お見事ですね(゚゚)

ますます可愛くなっていく天ちゃん(';')
「むー」ってなくんですか♪

猫さん、「ニャン、にゃん」ってなく子少ないですよね。

家でも、ツキはソプラノ「アッ!アッ!」となくし
ピートは「ヤン!ヤン!」あみは「イヤン〜」
ってないとります。
Posted by nekoboci at 2005年12月06日 23:56
うちは「んん〜」ってなきますよ〜(*^-^)

天ちゃんの経過を読みながら、
今更ですがひどい傷だったのだと・・・
ほんとうに治してもらってよかったね〜天ちゃん♪

ワクチンは私も悩むところです。
完全室内飼いで1にゃんのみなので、
見送ろうかとおもったのですが・・・・
私が外から菌を持ち込まないとも限らないし(>_<)
で、結局今年打ったのですがそれでも2年間隔をあけました。
次回もそのつもりでいます。
でも、こんな風に皆さんがどうしているか知ることができて助かります〜(^^ゞ

Posted by chibi at 2005年12月07日 00:15
天ちゃん 毛並みがすごく綺麗になってきましたね〜
りゅうさんのおかげですね。
良かった、ギプスのほうはまだとれないけどもう少し我慢ですね。
いまさらながら、たくさんの傷を負っていたことに気づきます。

うちのも「んー」みたいによく鳴きます。ニャーの時はもうなにかがたまった時ですね。

ワクチンは毎年しなくていいのなら私はそうしたいところです。
賛否両論だと思いますが・・・
猫ちゃんの為に打つワクチンが仇で腫瘍が出来たなんていったら
私も泣くに泣けません。
Posted by Mele at 2005年12月07日 11:47
こんにちわぁ〜
天ちゃんの経緯を読ませていただきました。
人間って・・・なんて複雑怪奇な生き物なのだろう・・・
傷つける人もいれば、それを助ける人もいる・・・どちらも同じ人間なのです・・・
天ちゃん、りゅうさんや皆様のお力で良くなってよかったね。
そう言えば、うちのゲンクロウマルも「むー」か「んー」って言う感じでなきます。
ワクチンは、私の行っている病院でも「完全室内飼いならしなくてもいいですよ」と言われたので打っていないのですが・・・打っても打たなくても心配です。
17匹ではさずがに大変ですね。
Posted by 猫頭 at 2005年12月07日 13:35
実はうちは避妊手術の前の1回しか3匹とも
ワクチンはしていません。
自分自身がインフルエンザのワクチンなど
母親が(何か理由はあるのかな?)あまり好きじゃないためほとんど受けた事がなかったせいもあるし経済的事情もあり・・・。
今のブログはじめてからワクチンには賛否両論あるんだなって知った感じです。
猫風邪がどんなものかも良く分かって無いんです^^;
災害の事を考えるとワクチンはしておいたほうが良いのかとも思うのだけれど腎不全の子にはどうなんだ?とも思ってしまって結局してないです。
うちは3匹だけだし、まいいかって^_^;
腫瘍やコブって注射あとに出来るのですか?
ほんとたくさんいるとワクチン代も大変だけど、保護した子が風邪引いててうつったらもっと大変なんですもんね。

天ちゃんがだいぶ良くなってきてて良かった。先生も愛情から怖かったなんて素敵です♪♪
Posted by GANBARUNEKO at 2005年12月07日 14:01
天ちゃん、プチプチ発見ですね〜
相変わらず可愛くて元気な天ちゃんを見れて嬉しいです。
うちのももちも「にゃー」とは鳴かずに「アン!」か「ん〜」って鳴きますよ☆
子猫のときは(子猫を育てるが始めてだったもので)こんな鳴き方なんだーと思っていたのですが、いまだに鳴き方に変化なし。
「にゃー」と鳴かない子もいるんですね。
ワクチンは怖いですよね。
受けたほうが良いのか悪いのか?
とりあえず、ももちが来てからは受けさせているけど老猫もいるので心配もあります

Posted by みほ at 2005年12月07日 21:51
ぅおぅおぅ〜〜〜栗さま〜〜!!何という勇姿!
ワクチンがどうとか以前の問題では…(-。-;)

うちでは、何の懸念も抱かず、毎年1回打つものと
思って接種してました。と言ってもまだ2回だけど。
やっぱりヘルペス怖いしカリシもパルボもウィルス
感染は気がついてからでは遅いので…。
ニンゲンも、今年も全員インフルエンザの予防接種
しました。
でも以前は義務のように集団接種だったワクチンが
最近どんどん廃止されています。日本脳炎とか、あ
と何だっけな、風疹かな。罹患率と副作用を天秤に
掛けて決めるんでしょうから、侮れませんね。
情報が溢れすぎている現代だから、選択するのは
とても大変ですね。
Posted by えこP at 2005年12月07日 22:58
今日はコメントできるかなぁ。
近頃、できないことがあるんです(TへT)
りゅうさんのところに昨日できなくて・・・今、ちょっと、ドキドキですわ。

天ちゃんの「むー」聞きたいなぁ。
お顔も丸くなってきて、ますます可愛くなってきましたね。

我が家は1年に1回のワクチン接種をしています。
以前、受けていて良かったぁ〜ということがあったので、
これだけはかかさずにしていますね。
今まで25年間続けてきて、幸いにも副作用はなかったんですよ。
情報はイロイロあるし、病院の先生によっても違うし、
本当に悩んでしまいますよね(〜_〜;)
Posted by momono-a at 2005年12月08日 06:19
すげー 栗タン!!
うちのススも今日ぶーにゃんを追いかけていて、170センチの高さからダイブしました。すっごい身が軽いですよ。

わたしもワクチン受けるのをなやみつつ、結局5年間で一回しか受けさせていません。
室内飼いだからーとたかをくくっていますが、やはり必要なのでしょうか・・・。2匹になってちょっと悩んでいます。
Posted by ススのママ at 2005年12月08日 11:07
ワクチンって人間のインフルエンザみたいに風邪の予防接種あるんですか?
過去猫は受けてなかったな…(遠い目)
ももは子猫時代に2回、今年1年たったのでと1回うちました。
それとは違うんですよね。
接種時期とかあるんですか?
ももも受けさせないとかな…???
Posted by みみ at 2005年12月08日 17:27
り>Sunnyさん
栗は最近ジャンプ力がついたのが嬉しいのか、
洗濯物の影が揺れるのに惹かれたのか、
どーんと飛びついてくれましたよ^▽^;。
もちろん、この後カーテンの金具が壊れました。
ワクチンの副作用は、ごく稀に起こるものらしいですけどね。
100%安全であってほしいなぁって思います☆
Posted by り>Sunnyさん at 2005年12月08日 23:19
り>nyanmyupurinさん
猫っていろんな泣き声があるんですね^▽^。
今、モドキが泣いてるのですが・・・表現できないヘンな声。
んぎゃらら〜んぎゃるる〜って高い声。
ゆずは「あー」だし、なるは「なる〜」だし。
猫語にも方言のようなクセがあったりするのかなぁ☆
あのおなかでジャンプしてカーテンよじ登るから・・・^▽^;。
Posted by り>nyanmyupurinさん at 2005年12月08日 23:19
り>nekobociさん
天、むーむー言って歩いてます^-^かわいいの☆
ツキちゃんの声は栗と似てるかもしれないですね^▽^。
ピート君もあみちゃんもフシギななき声ですねぇ。
こうして各地の声を聞くと、にゃーって言う方が珍しいのかな?
Posted by り>nekobociさん at 2005年12月08日 23:19
り>chibiさん
もう目を疑う位の酷い傷でした。
喉とかあまりの衝撃で、ぱっくり開いた部分しか覚えてないです。
でもちゃんと塞がってよかった☆
何よりも手が心配だったのですが、
1ヶ月経ってこんなに安心していられるとは^▽^。
そうなんですよね、猫が外に出なくても、
人間に悪い菌がついてきちゃうこともあるんですよね。
それを考えると、ワクチンで危険が減らせるんだよなぁって。
Posted by り>chibiさん at 2005年12月08日 23:20
り>Meleさん
おなかもふっくらしてきたし、写真を見比べると大きくなったなぁって。
ギプスがないと手が曲がってしまうので、
当分はずすことはないけど、そのおかげで走れるから☆
元気になってくれてよかたです^-^v。
ワクチン、心配な部分が大きく取り上げられるけど、
でも病気にかかる確率をさげてくれる効果もスバラシイですよね。
ちゃんと先生と相談して、お話を聞くといいって思いました。
Posted by り>Meleさん at 2005年12月08日 23:20
り>猫頭さん
同じ種族でも、同じ心情ってわけじゃないですよね。
同じ人間だとは思いたくない、というか思ってないです^▽^。
天はワルモノと一生懸命戦ったんだって。
先生もいろんな病院のサイトも、
野良猫と接触しなければ大丈夫って言うんですよね・・・
でも、猫屋敷はその「野良猫」を保護してるようなものだから、
そういう文章を読んでいつも悲しくなります。
Posted by り>猫頭さん at 2005年12月08日 23:21
り>GANBARUNEKOさん
体に負担がかかるので、元気な時じゃないと打てないそうです。
そういう理由でリナとかはワクチンを打っていません。
でも、集団猫カゼの辛さを身をもって体験したので、
これが防げる・症状が軽く済むのなら、ワクチンってかなり有効だなぁって。
ほんと、みんな辛そうだったんですよ;;。
注射をずっと打っていると、その部分にコブのようなものができる事があります。
でも手術しなくても治りました^▽^。
Posted by り>GANBARUNEKOさん at 2005年12月08日 23:21
り>みほさん
天はいろんな所を探検して、お気に入りの場所をつくってます☆
ワクチンは心配な部分もありますが、
それよりも病気にかかる確率をさげてくれる大切なものでもあります。
一概に怖いワケでもないんですよね^-^。
ただ、当然みんな「万が一」をすごく心配するから・・・
猫カゼだけじゃなく、パルボウィルスは聞いただけですごく怖いし;;。
各家庭で先生とお話しすることが大切だって思います☆
Posted by り>みほさん at 2005年12月08日 23:21
り>えこPさん
そ・・・そうですよねぇ。ワクチン以前にカーテン登りはやめろと。
この後、カーテンの金具はもちろん壊れましたとも^▽^;。
ワクチン、病気になる確立を減らしてくれるんですよね。
ヘルペスやカリシはともかく、パルボウィルスの話を耳にして、
ほんとに怖いなぁってシミジミ思いましたもん。
人間が菌を外から持ち込んでしまう危険性もあるので、やっぱりワクチンって大切ですよね。
うちなんて特に、外の猫を保護して家猫にしてるし。
私はガッコの予防接種で具合が悪くなったコトあるので、
ああいう注射はやっぱり、一連にやるのではなく、個々に病院で診てもらうべきだと。
体質とかみんな同じワケがないですもんね☆
Posted by り>えこPさん at 2005年12月08日 23:22
り>momono-aさん
天の「むー」「む!」かわいいですよぅ^▽^。
何でも言う事きいてあげたくなっちゃいます。いや、他の子もだけど。
空を拾った後の「猫カゼ大流行事件」が屋敷でもあったので、
ワクチンの大切さはとてもよくわかります。
万が一の心配ももちろんだけど、怖い病気を防ぐ確率が高まりますもんね☆
自分が納得できるまで、調べたり先生に質問する必要がありまsね^▽^。
ワクチン自体も改良されているって説明がありましたし。
ただ、うちでは血液検査をしないので白血病ワクチンはしませんが。
Posted by り>momono-aさん at 2005年12月08日 23:22
り>ススのママさん
栗・・・あのおなかでカーテンに飛びついたので、金具が壊れました^▽^;。
屋敷のカーテンは何度もボロボロになってます。
カーテンだけじゃなく、障子もだけど。
私のトコロみたいにしょっちゅう外猫拾ったりする環境でなければ、
ワクチンはもしかしたら必要ないのかもしれないですね。
でも、パルボウィルスはかなり怖そうなので・・・
自分が納得するまで調べたり、先生にお話を聞いたり、質問する事が必要だって思います。
住んでいる地域でも、流行の病気に違いがあるそうです☆
Posted by り>ススのママさん at 2005年12月08日 23:23
り>みみさん
よく聞くのは猫カゼと略称されるヘルペスウィルスの猫ウィルス性鼻器管炎、
カリシウィルスの猫カリシウィルス感染症、
パルボウィルスの猫伝染性腸炎(猫汎白血球減少症)の3つのためのワクチン。
あと、猫白血病予防のワクチンなどいろいろあるようです☆
子猫の時に2回打つヤツ、それが3つのためのワクチンじゃないかな?
ワクチンの効果がどのくらい続くか、実はよくわからないみたいです。
3年持つ説もあれば、1年しかもたない説もあるし。
効果をずっと保つために、繰り返し摂取する必要があるのかと。
野良サンはやっぱり病気になりやすいじゃないですか。
だから、外に行く猫さんの場合は先生と相談して打ったほうがいいかもしれません☆
Posted by り>みみさん at 2005年12月08日 23:23
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/134955
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック