2005年12月08日

17匹の猫カゼ

くすり保健委員より「多頭飼いの猫カゼには十分注意しましょう」

「猫カゼ」と言うと何となく程度が軽そうだけど、
実はヘルペスウィルスやカリシウィルスが起こしているので、
インフルエンザのような大変なものじゃないかな。油断はイケナイ手(グー)
(多分)目やにを取ろうと目をツメで引っ掻いてしまって、傷が炎症を起こし、
その角膜の傷が、猫カゼのウィルス炎症でどーんと悪化。
白濁して萎縮したのだろう。(=先生談)

そうして片目をなくしたのが、我が家の王様・ササだ。
私が近所の野良子猫を知って発見した時には、ササの目はもう手遅れ。
その後3回の目の手術を経て、ササは王様となったのだけど。
今でも、ササ達の存在を知って見知らぬフリをしていた大人を許さない。

悪夢の猫カゼ大流行、その発端は空だった。(天はまだいないので全17匹)
051208a.jpg
空を拾ったのは日曜の早朝。何故かスッキリ早起きした出勤日だった。
薄汚れてノミだらけの空。
どこかに隔離しようにも、どこにノミが跳ぶかわからないふらふら
長老猫のゆずと私はノミ・アレルギーチックなので、ノミは絶滅させなければいけない。
しかもお母さんに(猫を拾ったと)バレないように、
こっそり静かに空をシャンプーした。
ノミ取りシャンプーで気絶したノミを、洗い流したり取ったり。
時間ギリギリまでノミを取り、ドライヤーで乾かし、ペットボトルで湯たんぽを作る。
まだ寒くもない日。そして空も元気だった。
元気だから里親探せって言われそうだなぁ・・・という心配を察したのか、
空が急にくしゃみを連発しだしたのは、それから数日後の事だった。
この時のことは「空の屋敷猫計画」でも書いたけど、
薄い鼻血を出すほどのくしゃみに、みんなが驚愕したがく〜(落胆した顔)
慌てて病院に連れて行きくすりをもらう。
なかなか治らず、のどのリンパ腺も酷く腫れたので強いくすりに変更。
そのおかげで空のカゼは先が見えてきたけど、
猫屋敷の猫カゼの脅威台風は、これから将に猛威を振るおうとするトコロだった。

051208.jpg ヘンな物体?
猫屋敷の猫は先生と相談して一部を除き、ワクチン注射をしていた。
一般的な3種(ヘルペスウィルス・カリシウィルス・パルボウィルス)のヤツ。
白血病のワクチンは、血液検査をしない猫屋敷では接種しません。
はねとなるを拾った夏も、
ワクチンの安心があって、メイにお世話を任せる事が出来たんだよね。
でも「集団感染の威力」は、思いっきり想定外だった。

空のくしゃみが治まったと思ったら、なるやはねがくしゃみをしだした。
慌てて病院に連れて行ったその夜、
今度はササやリナが涙目になり、目やにが出るようになった。
いつも2Fじゃ寂しいだろうと1Fに連れてきたメイとキリも、
私が余計なコトをしたばかりに、くしゃみをするようになり食欲が落ちた。
ヒトにまだ慣れていないたぬきも、くしゃみ鼻水涙目が酷くなった。
「長老なのにすごいなぁ、免疫があるんだねぇ」といったその夜、ゆずもくしゃみ鼻水を飛ばすように。
日毎にカゼ菌の威力台風は増し、その被害範囲を広めていくドコモポイント
ついに体力のある元気なフミも、でぶでぶの栗も涙目になった。
薬の効果があるのかないのか、17匹の体調はどんどん悪くなる。
至る所で苦しそうなずぴーずぴーという鼻息、涙目、口を開いての呼吸。
こうして猫カゼが猫カゼを呼び起こし、屋敷は猫カゼの嵐台風に包まれた。

トイレを掃除すれば下痢気味多数。
あちこちでくしゃみ。涙目。ハナミズを飛ばす。
鼻が詰まっているせいか、みんな食欲がわかないらしい。
口を開く事に恐怖感のある栗やたぬき、口が痛いリナはくすりは飲めない。
そのおかげで他の猫より症状が酷くなり、口を開けて呼吸する姿が痛々しかった;;。
薬をごはんに混ぜようにも、ごはん自体を食べないんだもん;;。
3日おき位のペースで誰かを病院に連れて行き、
症状が酷い猫や栗には注射を打ち、全員分のくすりをもらう。
息ができるのか心配で、鼻が詰まってる猫の鼻を妹と代わる代わる拭く。
心が休まる日はサッパリなかった。

そうして完治までに1ヶ月を要したワケですが。
でもカゼのおかげでなのか、弱っている「たぬき」がリビングに入ってくるようになった。
弱って威嚇抵抗が出来ないから、私も妹もたぬきに触れたかわいい
そのお世話の心がちょっと伝わったのだろうか?
カゼが治ってからも、たぬきはリビングでみんなと一緒に寝るように☆
たぬきとの心の交流が図れたのはよかったけど・・・
やっぱり集団猫カゼはもうコリゴリたらーっ(汗)
ワクチンって大切だなぁって心の底から思いました。
ワクチンは怖いものじゃないですかわいい
かかったらかなりマズイ伝染性の病気が防げる、良い部分にも注目しないとね。
ただ、万が一の副作用が自分の猫に100%起こらないとは言えないから、
自分が納得するまで、先生と相談する必要があると思う。
そんなワケで、カゼという言葉に騙されず、ご注意ください。
病院 副鼻腔炎・歯系・耳血腫・その他の単発病気やケガ治療の最新記事】
この記事へのコメント
あはははは、はねちゃんは一体何をしているのやら。
(*^▽^*)
興味津々で事の成り行きを見守っている(というより呆れている?)コマちゃん天ちゃん、可笑しいねぇ。

そうか、猫の風邪っていうのは侮っちゃいけないんですね。
我が家も三種混合ワクチンなるものは射っているけれど、それが一体何に聞くものなのか良く解っていませんでした。
調べなければいけないなぁ。
気付かせてらってりゅうさんに感謝。
(´∀`*)
猫ではないのですが、我が家では今現在俺が風邪っ引き。
仕事休んでしまいました。
医者に行ったけれど、熱のどの痛み咳痰収まらず、明日仕事出来るかさえ怪しいです。
あぁ、久しぶりの風邪で辛いです。
りゅうさんもお気を付けて(って、もう済ませたんでしたっけ?)。
Posted by ヨッスィー at 2005年12月08日 22:34
18匹のうち17匹までもがですか・・・
スゴいことになっていたんですね。(@ @)
いろいろとご心労だったことでしょう。
(ところで風邪をひかなかった一匹って誰?)
空ちゃんのブルーの目がよく写ってますね。
KIWIもこんな感じのきれいな目だったのですが、
顔が黒いせいか目の色がわかるような
写真が殆どないのが残念なんですよ。
Posted by K at 2005年12月09日 06:14
私もワクチンは毎年三種混合ワクチンを射っていましたが、副作用があるということは知りませんでした。
確かに人間でも薬と言われる物はすべて漢方薬でさえ、副作用が無いわけではなく、出来るだけ服用しないほうがいいとされていますから、ワクチンもそう考えれば当たり前のことだったかも…。
今までは私の安心のために射っていたような感じもありです。(^_^;)
空ちゃん、ほぼ毛の色、白いままですねー。
もっと毛色が変わってくるかと思っていましたが、うちのぷりんは、もうこの位のときは白い毛が薄い茶になり始めてましたヨ(=^_^=)
Posted by nyanmyupurin at 2005年12月09日 08:58
そうなんですよねぇ(T〜T)
猫風邪って命にかかわるんですよね。
昨日コメントした「ワクチン接種してて良かったぁ〜」は、
まさしく、ササちゃんの症状と似た感じだったんですよ。
ウィルスで炎症を起こして目の周りが腫れ上がり、
腫れがひいて開眼したら角膜が白濁していたんです。
それを治すために、瞬膜を引っ張り出して、眼球をカバーした状態で固定。
そうすると、瞬膜に流れている血液から角膜に栄養がいくらしいんですよ。
その栄養で治すとのことでした。
そして、1ヵ月後に瞬膜を外したら白濁がなくなっていました。
その治療で治るかは治らないかは半々と言われていたので嬉しかったぁ。
今でも、治療の後遺症で瞬膜が少し出っぱなしのままですが。
ワクチン接種をしてても感染してしまうほどの強いウィルスだったみたいです。
それでワクチンの有り難味を実感したんですよねぇ(T〜T)
Posted by momono-a at 2005年12月09日 09:01
急遽、ホクロ切除のために日本帰国中です。
ワクチンといえば、タマのワクチンがまだ済んでないんですよ。
ワクチン接種予定で獣医さんに行ったんだけど、体調が悪いので延期。
そんな時に私が、急遽イギリスを離れてしまったので心配です。。。
タマも体調が悪かったおかげで、リビングで私たちと過ごす時間も増えたし、これはこれでプラスに働いたのかなぁ。
英国カモシカからのメールでは、またタマは外生活の時間が増えてきたとか・・・。
う〜〜〜、イギリスに帰りたいです。
Posted by 日本カモシカ at 2005年12月09日 13:01
ん〜集団感染恐るべし!
どんどん移っていくのを見るのは怖い光景ですね。ニャンコも大変ですがりゅうさんも大変でしたね。今回のトラの事でびっくりしましたが、りゅうさんはその十七倍ですもんね。りゅうさんすごい。
Posted by たけ at 2005年12月09日 13:13
はねちゃん 何してるのかな?
どうやって出るのかな。

集団風邪感染、ほんとに怖いですね。恐怖です。
外で暮らしている猫たちはいろんな病気やウィルス感染の危険と隣あわせなんですね。

りゅうさんも風邪には気をつけて
くださいね。

Posted by Mele at 2005年12月09日 15:29
こんばんは。

我が家も迷い猫レオンを家に入れた時の事を思い出してしまいました。
ノミは・・・確かにレオンもいましたね。
幸い風邪をひいてなかったのが救いですね。
外は外で、いろんな病気があるけど
室内は感染しやすい事がありますね。
うちも気をつけよう・・・
Posted by ねこうち。 at 2005年12月09日 17:26
り>ヨッスィーさん
なるもごみ箱に入って寝てたコトありますが…
はねは一体、何がしたかったんでしょうね?
私も謎です^▽^。
何か「猫カゼ」っていうと軽そうですが、
それが元でずーっと鼻がずぴずぴ言うようになったり、
後々まで引きずる病気なんですよね。
早めに治してあげないと☆
カゼ、大丈夫ですか?仕事いけたのかなぁ。
私は今はセキが出るくらいで、ちょっと前までマスク女でした^-^;。
お大事に☆
Posted by り>ヨッスィーさん at 2005年12月09日 18:32
り>Kさん
つけたししておきましたが天が来る前だったので、
全部で17匹の10月に起こりました。大流行。
これはほんと、エンドレスでカゼ菌培養してるような気に…;;。
休みはすべて猫の病院に費やしましたね☆
部屋がもう1つあればなぁ…
拾った猫をまずその部屋に入れられるんだけど。
空の目、今でも青い目は不思議でじーっと見ちゃいます^-^v。
Posted by り>Kさん at 2005年12月09日 18:36
り>nyanmyupurinさん
空、この写真では白っぽいけど、色変わってますよ!
クリーム色っぽくなってきました。主に背中。
目の周りとかも焦げ茶が強くなったかな?
不思議ですよねぇ…模様が替わる猫^▽^。
ワクチンはごく稀に、合わない猫がいるみたいですね。
それが自分の猫に当てはまらないわけではないから、
かなり身構えちゃうけど…でも防げる病気があるのはプラス☆
猫カゼ事件でしみじみ思いました。
私も、ワクチン打った事で安心度高かかったです^-^☆
Posted by り>nyanmyupurinさん at 2005年12月09日 18:40
り>momono-aさん
そっかぁ。大変だったんですね☆
角膜の傷は血液とかの栄養で治すって聞きました。
そのために、眼球に血管が走ることがあるって。
私はササを拾った当時、栄養のあるごはんと目薬でがんばりました^-^。
ササも1回目瞬膜をひっぱったのですが、
眼球の液体が膨れ上がって切れてしまい、
2回目はフミと遊んでいてまた瞬膜切れて、
3回目でやっと落ち着きました。
野良の子は、それだけ環境が悪いんですよね。
でも右目だけでもキレイになってくれて、よかったです^-^v。
カゼ菌、かなり怖いですよねホント。
Posted by り>momono-aさん at 2005年12月09日 18:47
り>日本カモシカさん
え!手術?もう終わったんでしょうか?
私も切ったことあるけど、
ファントムペインで、傷が塞がったのに痛むことありました。
お大事に。あとでblog見てこなくちゃ☆
タマちゃんは外にも行きたがるから、
やっぱりワクチンの必要度は高めですよね。
うちの猫も、体調が悪い時はワクチン打てないって言われました。
うまくワクチンが働かないって。
タマちゃん達も心配だけど、
でも、まずは日本カモシカさんが元気でいないと…!
Posted by り>日本カモシカさん at 2005年12月09日 18:51
り>たけさん
いえいえ、17匹だろうと1匹だろうと、
心配度は変わらないと思いますよ^▽^。
確かに次々に体調を崩すのは…恐ろしい&心配でしたが。
トラちゃん、薬が効いてきたようでよかったです☆
原因は何だったんでしょうね?
Posted by り>たけさん at 2005年12月09日 18:55
り>Meleさん
そうなんですよね。
外猫は生きていくのに精一杯な状態で、
決して余裕があるわけじゃなく、危険度高いんですよね。
うちはそういう猫を迎えてるから、
「野良猫と接触しないように」って獣医さんのサイトを見ると、
なんだかなぁってちょっとハラが立ったりします。
はね、ごみ箱を倒して出ます^▽^。
で、また飛び込んだり出たり転がったり…謎☆
Posted by り>Meleさん at 2005年12月09日 18:58
り>ねこうち。さん
空に関しては、
私がシャンプーしなければよかったのかなって凹みました;;。
でも、そのおかげで空は里子に出されずに済んだし…
何がどうプラスに転ぶかわからないですよね☆
でも、健康第一です^▽^;。
大所帯で快適に過ごすには、ボスがしっかりしなくちゃ☆
Posted by り>ねこうち。さん at 2005年12月09日 19:00
以前、我が家も集団感染の猛威にさらされましたから
りゅうさん家の大変さ良く分ります。
当時は完全室内飼ではなかったので、ウイルス
持ち込んだ猫から一週間も経たないうちに全員感染。
クシャミ、鼻水の洪水ですよ(:_;)
やっと治っても、後遺症がのこり、他の病気
を併発して亡くなった子多かったです。

ワクチン、心配な事もありますが外に出している
猫さんは、必ず受けておいたほうが良いと思います。
完全室内飼の猫さんの場合は、獣医さんの中には
受けなくても良いと云われる先生も、これは
飼主側の考えで決めればよいのではと思います。
ただし、旅行の時預けたり、他の病気で通院
したり、新たに猫さんをむかい入れたりの時
ワクチン受けていたほうが安心ですね。
Posted by nekoboci at 2005年12月10日 16:53
り>nekobociさん
私の家では、今までは集団猫カゼってなかったんですよね。
拾った猫がカゼを引いてるのはよくあるけど。
6匹時代の2年前も、13匹の去年も。
今回のコトで、
大所帯するからにはカゼ対策万全でいないといけないって、
心の底から思いましたよ☆
猫の持病や体力のない猫、いろんな猫がいるので、
それぞれにあわせて、元気でいられる方法を取りたいです^▽^。
カゼっていうと軽そうだけど、後遺症引きずりますよねぇ。
ササはずぴずぴいつも言ってます。
まぁ、それ以外は元気だから良かったけど☆
Posted by り>nekobociさん at 2005年12月10日 21:27
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/136535
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック