2008年08月15日

おやすみのおしらせ

再開しようと思っていたblogですが、もう少しお休みさせていただきます。

ふとした時に、急に湧き上がる喪失感があまりにも大きくて。
時々こころがぎゅーっとなる。
見えないこころの表れのように、両手をぎゅーっとにぎってる。
ぎゅーっとぎゅーっとして、喪失感をやり過ごす。

コマやハルの通院や治療が始まって、
心細い闘病生活の輪をつないでいこうと思って、
走り出そうと思ったけど、
やっぱり、まだ自分の中で喪失感との折り合いがついてなかったのかな。
疲れのようなものが、どんどん、溜まっていってるのがわかりました。

闘病生活を送る猫さんたちの、
そして旅立った猫さんたちの応援を、目に見える形ではできないけど、
みんなが輝かしくしあわせな時間を過ごしていけるように、
活動をお休みする間も、願っています。

メールもずいぶんみてなかったけど、返事がおそくなり申し訳ないです。
でも、いろいろありがとう☆
もう少し落ち着いたらblogの治療記録を続けますが、
お休み中も急な心配事やなにかがありましたら、メールフォームをご利用下さい。

闘病生活はいろんな葛藤があって、悩んだり泣いたりするだろうけど、

いちばんつらくて大変なのは、その当猫さんです。

ごはんを食べてくれない・・・っていらいらしても、
食べたくても食べられないのは、その猫さんです。
血が少なくて動けなくて大変なのも、熱を出しているのも、おなかが痛いのも、
いちばん大変な思いをしているのは、当猫さんです。
目には見えない体の中で、その猫さんは猫さんでがんばってるはずです。

そう思えば、葛藤があっても少しこころに余裕が出るんじゃないかなと。
一緒に生きているという、限りある輝かしくキレイな時間を、
あとで後悔しないように、大切にしていってください。


コマもハルも順調です。
キリはもう相棒はいらない、という態度を続けているので、
りゅう部屋はあいかわらず1人と1匹の部屋となりました。
グレちゃんが姿を消した後、2ヶ月位前から白い大きな♂猫を見かけるようになりました。
ずっと威嚇され続けてきたけど、数日前にやっと仲良くなり触れるように。
あいさつをする、話しかけるって行動は伝わるんだね。ちゃんと。
そして、手のひらからもよくうちにたどり着いたね、って気持ちが流れるかのようで。
なでてもらうのがうれしい!、でも時々威嚇、って所まで来ました。
家の猫にはできないかもだけど、
猫屋敷にもシロさんにも良い未来にしていきたいです。
顔はササみたいな感じかな?でも尻尾はハクを思い起こさせます。

では、また涼しくなった頃に。
ニックネーム りゅう at 15:37| かわいい 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする