2008年11月09日

8回目の抗がん剤

コマの1ヶ月に1回の抗がん剤治療が先日11/4にあった。
食欲は安定(というより、かなり食べる)、元気も良いのでヒト安心。
1日おきのステロイドはあるけれど、
今までのようにサプリを考えたり食事を考えたり、そういうの全然していないのに。

フミに始まって、ハク、ササ、はねと抗がん剤の治療を経験したわけだけど、
あの頃はあんなに必死にいろいろ考えていたのに、
サプリもいろんなものを集めたり、ごはんもあれこれ悩んでいたのに、
フシギだなぁって思う。
今はこんなに「何もしていない」のに、コマは元気。

まあね、フミは末期だったのもあるから2ヶ月だったのだろうけど。
フミ、ササ、はねはWキャリアだったから、大変だったのかもしれない。
ハクは白血病キャリアだったから、大変だったのかもしれない。

コマは陰性。でもリンパ腫になった。
それでも、治療がかなり上手くいって、抗がん剤の治療をしていても元気。
お母さんも言っていたっけ。
コマは点滴とかして元気になって飛び回ってるけど、
前のみんなは点滴しても、ぐったり寝てるだけだったから。
その状態で治療を続けて延命するのは、どうなのかなって、思ってたんだって。
でも、一緒に生きたいって気持ちもわかるから、
延命治療をするのも、諦めるのも、どっちが良い悪いって言えないなーって。

一緒に生きていたい。
そのために大変な治療を受けさせてしまった。
みんなほんとに、小さな体で、よくがんばってくれたね。
治療をさせたことを辛く思うことはあっても、後悔とは違うんだよね。
よくがんばってくれたね、一緒に生きてくれてありがとう。
一緒に生きてるっていう輝かしい時間をつくってくれて、ありがとう。
そういう思い方が、自分にとっても旅立った猫にとっても、
悲しいけど幸せだと思う。
怒涛のような日々だったけど、
一緒に生きている短い時間は、ほんとにほんとにキレイなものだった。

★10/7 前回
WBC:9600 RBC:644 HGB:10 HCT:32 PLT:29↓ TP:- ALB:- Glu:-
AST:- ALT:- ALP:- T-Bil:0.3 BUN:27 Cre:2.7↑

★11/4 8回目:腎臓系の数値が微妙に上がってしまいました。
WBC:8000 RBC:692 HGB:10 HCT:34 PLT:32 TP:- ALB:- Glu:-

AST:- ALT:- ALP:- T-Bil:0.1 BUN:39↑ Cre:3.1↑

さて。
油断して輸液を全然しなかったら、腎臓系の数値があがってきました。
毎日ではないけど、2・3日に1回は輸液をするようにしなくては。
抗がん剤の影響ですっかりヒゲもマユゲもなくなったけど、
あいかわらずよく食べ、ミルクを飲み、コマは元気。
注射 リンパ腫の治療・斜頚(コマ:陰性)の最新記事】
ニックネーム りゅう at 17:55 | TrackBack(0) | 注射 リンパ腫の治療・斜頚(コマ:陰性) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1551329
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック