2008年12月27日

目は口ほどに

11月末に急性尿毒症で入院騒ぎだったハル。
その後は数回の通院&尿道拡張剤で、シッコの詰まりは解消。
でも、シッコの色は血尿じゃなくなったものの、尿検査の潜血は+++だったし。
まだまだ油断はできない。
トイレの中にもうすーーーーーーーーーいピンクの砂がある時もあるので、
炎症とかまだあるんだろう。
膀胱の中が傷ついているのか、肥厚した尿道を結晶が通って傷つけるのか。
うーん。
食事も気をつけているけど、
寒さとかいろんな要因でも膀胱炎が起こりやすくなるから、気をつけなくちゃ。
気をつけるっていっても、まぁトイレ掃除位なんだけど・・・

081227.jpg
すっかり元気になったハルの目は、まんまるキラキラ。
猫の調子って、ほんと目によく現れる。
尿毒症で入院していた時は、こちら。
081129.jpg
目がしょぼしょぼしてて細くなってるから、顔つきも全然違うでしょ。
この細目が、体中・血液の中から不純物が抜けていくにつれ、
イキイキ、キラキラに変わって行った。
目は口ほどにものを言うっていうのは、まさにそのコトバ通り。
よたよた歩くのは体がツライんだってすぐわかるけど、
この、目のキラキラ度でもすぐわかる。
あとは視線かな?
元気になったらこうやって、見て見て!見て見て!ってうるさい位に視界に入る。
しょぼしょぼの時は、顔を向けるのも億劫そうだから、全然これも違う。
ハルだけじゃなく、他の猫たちもね。
そうだ。毛の色も日によって違く見える時ってあるよね?
ハルの薄茶色も、うすーく見えたりちょっと濃く見えたり。
あれも体調?お天気とかただの光のカンケイなのかな?

それにしても、猫の目ってキレイだなぁ。
つるつるツヤツヤ、ぶどうみたい。
フミの大きな目を見るたびに、そんなこと、思ってたなー。
病院 膀胱炎・尿毒症・抜歯(ハル:FIV)の最新記事】
ニックネーム りゅう at 16:57| 病院 膀胱炎・尿毒症・抜歯(ハル:FIV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする