2009年04月14日

なるの経過メモ他

4/13までのなるの様子。
◆動き:ドアを開けると走り寄る。通常元気な時と同じ。うずくまる等はナシ。
◆食欲:ゆっくりだけどちゃんと食べる。
◆シッコ:トイレ1回につき親指と人差し指で丸を作った位の砂の塊分。

なるがトイレに入ると、すぐに近寄って耳を澄ます。
以前のような盛大な音ではないけど、出てる音がしてほっとする。
昨日通院して診察を受けた際も、蓄尿はないと言われたのでほっとした。
少ない量で、何回かに分けてちゃんとシッコ出してるのかな。
自力排尿ができているので、カテーテルはナシ。
院長先生は、でもいつでもできるよね、やり方覚えた?と、
ワザの伝授に積極的。
この信頼にこたえるためにも、なるやハルのためにも、がんばらなくては☆
シッコが出ない24時間とか、
なるだけでなくハルも尿毒症の心配をかかえてるけど、
いつでもうちで対処できる!って思うだけでかなーり気がラク!

ただ、体重が4.4kgと結構少なくなって見た目もほっそり気味なので、
ちょっとカロリーが高めなものをあげようかなーって思う。
シッコが出なくなった時のような泣き声や動きはないので、落ち着いたかな?

診察の結果、朝の尿道拡張剤、夜の膀胱炎の薬は1日置きに変更。
輸液も、なるの調子を見て感覚や量をもう調節できるでしょう!と
太鼓判を押されたので、その日その日の判断で実施予定☆
排尿状況や鼻・肉球の乾燥具合、皮膚のひっぱりを見て、考えよう。

一気に老けたようなゆずとカナも、最近食欲が戻ってきてよかった。
でも、動きを見ているとやっぱりもう年なんだなぁって思う。
ゆずはトイレをその辺にするようになったので、
住処であるお母さん部屋(和室)は部屋のスミのところ一面にトイレシート。
ぼけてるのかどうなのか、イマイチ微妙。
ただ、動物病院の待合室にあった雑誌に、
年老い、耳が遠くなり、目が見えなくなって、
自分一人ぼっちになってしまったような気がして、大声でなくのでは・・・
という記述を見た。
そっか、だからゆずは、なでたり間近で声をかけると静かになるのかな・・・
年老いるということは、やっぱりちょっと悲しいなって思った。
年を取ることについて、考えさせられます。
ニックネーム りゅう at 20:07 | TrackBack(0) | 病院 血尿・膀胱炎・カテーテル他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1706168
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック