2006年01月19日

食べるコト

成との闘病週間として、
猫屋敷を訪れてくれる方に、いろんなことを伝えたいと思って書いています。
先日は、猫は自分で病院に行けないから、異変に気づいたらすぐ病院へ。
今日は、ごはんについて思うコトを。
※あくまでも私達猫屋敷の考え方であって、
手軽に買えるごはんや安いごはんを否定するものではありません。
いろいろ経験した上で、「私の猫」のために選ぶものに過ぎません。
猫屋敷の食事が全ての猫に良いとも思っておりません。ご了承下さい。

060119a.jpg
安くて栄養があっておいしいごはんがいちばんだよかわいい

@猫のごはんを選ぶ理由。無添加じゃなきゃだめ?
A自分の猫の好みや食べるものを把握。
Bいざという時に食べられるものを、たくさん調査しておく。
C災害時のために、猫ごはんと猫のお水の確保を念頭に。
D薬の前にまず食事で病気の予防。

一番大切なのは、その猫が食べてくれるかどうかってコト。
栄養満点のごはんも値段が高いごはんも、食べてくれなくちゃ意味がない。
リナは歯肉炎が酷いので、食べられるもの&食べたいものをあげる。
ムリに「私がいいと思うもの」をあげたって、
実際食べられなければただの無理強いでしかない。
ピュリナのような粒の小さいもの、ANFの小さいドーナツ型。
食べたい!って思う香りの強いものだって、別にいいの。
食べて栄養取ってくれるなら。

ストルバイトの桐は処方食の時期が約1年近くあった。
合成保存料とか入ってるのだろうけど、
でも、その食事は病気を治すために必要だからね。
この場合大切なのは、添加物の有無じゃなくて「病気を治すこと」
病気が治ってくれるなら、ひとまずそれでいいの。

当時は原材料をそれほど気にせず、売っている缶詰やカリカリの中から、
宣伝や表示イメージで「おいしそう」なごはんを選んでいました。
でもそれ、猫のためじゃなくて「私の」主観で選んでるんだよね。
成が癌になって初めて大後悔し、添加物や原材料に不安を覚えるようになって、
それからはずっと、自分が食べてもいいかなーと思うカリカリを取り寄せ中。
実際、食べたかわいいおいしいのもマズイのもあった☆

自然派ごはんとか高級ごはんについて思うのは、
「無添加」とか「合成保存料は入っていません」と表示されているからと言って、
それが絶対に本当とは言えない、というコト。
表示されてる事を信じたいけど、
実際に目の前で検査されない限り、絶対ホントとはわからないよね。
高級フードの某ごはんは、原材料に「自然風味」って書いてある。
なんだろう、これ?と考え込んだ。
「香料」だと添加物っぽいから?ちょっとせこくないかなたらーっ(汗)
「香料(かつおぶし等天然のものに由来)」とか書けば、いいと思うけど…うーん。
表示にはメーカーも気を遣うんだね。消費者の反映だなぁ。
だってバニラエッセンスとか使うよね、ケーキとか。
天然バニラビーンズも良くないのか?ってコトになりかねない、それ。

なぜサナベルとかアズミラとかカッツフラッケン等、
少し値段が高めのナチュラルフードとか呼ばれるものを取り寄せてるのか?

それは「入ってるかもしれないけど、添加物の量が少ないと思う」から。
比較して成分表示が細かいし、
原材料がいいものならば、そこそこの値段はするかなって安心もある。
でもそれもやっぱり、私の主観で(実際私も食べるけど)選んでるよね。
私がお世話になってるごはん屋さんの1つ「ねこえさこむ」
こちらの店主さんの考えに共感しているので、それを承知で購入してます。
今は取扱いがないのかな?
アニモンダのカリカリは、6月の日本に負けてすぐカビが生えた。
つまり、合成保存料が少ないってコトかな?とちょっと好意を持った。
色は結構鮮やかだから、うーん・・・どうなの?と思ったけど。
でも悪くなったものを食べさせるのは、もちろんいけない。
そして残念ながら、うちの猫はほとんどみんな、このメーカー好きじゃなかったもうやだ〜(悲しい顔)
どんなに良いものでも、食べてくれなくちゃ・・・イミないよね・・・たらーっ(汗)

いちいち全部を検査するお金も気持ちもない私。
そして猫に必要な栄養素を全て含んだ「ごはん」を作る自信がない私。
その私が「猫ごはんを選ぶ基本ポイント」は、
自分で食えといわれたら食べられるもの。です。
それを基準に、
私が食べられなくても猫が夢中で食べるごはんを時々採用、とか。
ちなみにカルカン缶詰は近所のジャスコで買ってるよ☆安いから。

ひらめき値段が高いごはんをあげてるからすごいとかエライじゃなくて、
猫の健康や必須栄養に注意して、猫が食べたいものを選んであげる。
これが大切なんじゃないかなって思います。
「健康に良いから」って「病院食」ばかりじゃ私はイヤだもん。
たまには嗜好に走り、たまには質素に。
あまり神経質にならず(私はなっちゃうけどね)、
気持ち的にも栄養的にもバランスをとって、ごはんをあげたいなぁエサ
※猫には私達が食べるもの(味付けしたおかず)は基本的に一切あげません。

成が何も食べられなくなった時、私はものすごく焦った。
不安が大きい所に、追い討ちをかけるように激焦。
目の前には日に日にやせ細る、苦しそうな成がいる。

どうしよう。
何が食べたいんだろう。
何だったら食べられるんだろう。


ただでさえ成の命と時間は限られているのに、
その「食べられるもの」を調べたり探し出すのに時間が使われるあせあせ(飛び散る汗)
普段から成が大好きなものを調べておけばよかった。
元気がない時、どういうものだったら食べるのか、
もっとよく把握しておけばよかった。

そんな後悔をしないように、猫の好み調査をするといいかなーと。
ま、今の猫屋敷メンバーは結構何でもがっついて食べるけど。
病気になってしまった時、やっぱり食べられないと身が持たない。
食べるコトは生きるコトにダイレクトに繋がってるんだよね☆
060119b.jpg
いつのまにか1匹増えてる・・・

** 当時あげたり調べたもの **

本使★dbfのカロリーエース:黄色のスープ。シリンジで飲ませやすい。でもおいしくない…
本使★dbfの子猫の離乳食:消化に良い食べやすいペースト状。かき混ぜると流動食に。
本使★フラックスシードオイル:亜麻から取れるオイル。Ω6とともにΩ3脂肪酸っていうのが良いらしい。
本使★グレープシードオイル:代用で&カロリーを取るために。でも成は好きじゃなかった。
本使★プロポリス:低下した免疫力をupするために。
本使★はちみつ・ガムシロ・練乳:カロリーを取り血糖を上げるため。
本使★卵黄:1つの命を生み出す栄養とパワーがあります。湯煎でちょっと暖めて。
注意!口の周りを拭いてあげないとすぐカピカピになっちゃいます。
プレゼント使★ほたて:タウリン、ビタミンB2・鉄や亜鉛が豊富な食べ物。
本未★AHCC:

本 Healthy*Life:人間用サイトだけど抗がん物質の紹介
ー(長音記号2) dbfうちのコ!net
ニックネーム りゅう at 22:20| Comment(17) | TrackBack(0) | エサ ごはん・サプリ・アイテム系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろな経験や情報を書いて下さって、
本当にありがとうございます。
読ませていただいていて、自分がどれほど
無責任な飼い主か考えさせられました。
近くのスーパーで売っている猫缶、ドライを
毎日与えているのです。
人間の食べる物を滅多に食べなくなったせいもあり、
経済的な問題もあり・・・。
でも、そんなことは言い訳で、無責任な、
というか自分が愛のない飼い主なのだと
いうことに改めて気づきました。
Posted by Sunny at 2006年01月20日 00:23
それは違うと思いますよ?
無責任とか愛情がないとは思わないけど・・・
どうしてそうなるんだろう。
ゆずは、Sunnyさんがいうごはんで10年以上生活してました。
それは私が当時できるベストのことです。
手軽に買えるごはんが栄養ないとか、悪いとかじゃなくて、
値段が高いごはんも安いごはんも、
その猫がおいしいと食べてくれる事がまず大切だと思います。
食べてもらえるものがあるって、
すごく大切だって伝えたかったのですが、
私の記事の書き方が悪かったです。
すみませんでした。
以後、こういう話は控えます。
Posted by り>Sunnyさん at 2006年01月20日 00:37
りゅうさん、ごめんなさい。
私の書き方が悪かったのです。
以前から自分の中で、自分がアニーに対して
精一杯してあげている自信がなく、
キャットフードのことが、少し前から引っかかりながらも
与え続けているので、あんな風な書き方を
してしまいました。
私のせいで、こういう話題を書かないなんて
どうか言わないで下さい。
きっと多くの方が考えるきっかけになるし、
知ることが出来て喜ばれると思います。
「どうしてそうなるんだろう」
本当にそうですよね。
せっかく書いて下さったのに、
嫌な想いをさせてしまって、
本当にごめんなさい。
これから気をつけます。
Posted by Sunny at 2006年01月20日 01:08
私もねこえささんでメインに購入してます。今は腎機能もあるのでマグネシウムとリンが低めということでドライフードはザナベレエレガンスしかあげていないのですが。(ねこえささんは確か保存料などのチェック、ご自身でなさってるんですよね。)
でも、合成保存料が入っていないものでも、酸化し劣化したものを与えるのはそれはそれでより害を与えるというような話も聞いたことあります。だから普通のフードをあげている方もそれで考え込んじゃうこともないのかなって。別の考え方もあるよってりゅうさんがおっしゃってるように思います♪
キリがないですよね・・・ビー助は一時アレルギーが疑われてその原因を突き止めていったのですが、最終的にはスーパーで買うお野菜(ブロッコリーとかぼちゃ)と一部の小麦ということになりました。ヤツかぼちゃが好きなので国産がない時期は輸入物も与えていたことがあります。鮮度なのか保存料なのかわからないのですが。
かといって、すべて手作りにするとしても完全無農薬のお野菜、有機飼料のお肉、っていわれても鮮度も問題だし、ホントにそうなのかも疑えちゃったりして・・・(^m^)
いろいろ考えちゃいますね・・・
Posted by Gavi主 at 2006年01月20日 11:03
私もキャットフードは自分で食べてみます(笑)。
某大手ブランドのカリカリと自然派のカリカリとを食べ比べた結果、私には自然派のほうがおいしく感じたのに、猫たちの選択は大手ブランドのカリカリ。。。
体にいいものを・・・って思うのに、猫の嗜好は添加物入りを好んでいるみたいで、ちょっぴりショックでした。
イギリスって、人間の食事も添加物ガンガン入ってて、日本の食事の何倍も体に悪いと思うんだけど、添加物って中毒になっちゃうっと聞いたことがあります。
添加物入りの食事を食べ続けてると体がそれに慣れて、添加物なしの食事を食べると味気なく感じるようになるんだとか・・・。
そう考えると手作り食に行き着くと思うんだけど、よほどの知識がない限り栄養バランスの管理をするのは難しいし、それよりは添加物が入っててもバランスの取れた食事の方が猫にとってはいいのかなぁ・・とか。
結局、1番いいのはネズミとか鳥とかを丸ごと食べるという、本能に従った食事なのかもしれないですね。
Posted by 日本カモシカ at 2006年01月20日 20:31
り>Sunnyさん
少しですが修正しました。すみませんでした。
Posted by り>Sunnyさん at 2006年01月20日 22:38
り>Gavi主さん
添加物が入っていないものは、
自分が責任を持って品質管理しないといけないですよね。
ザナベレ(サナベル)って高温に弱いじゃないですか。
それを知らなかった頃の失敗談が^▽^;。
涼しい所には置いているのですが、夏はやっぱりだめですよね。
何でだろう?いつもより匂いがきついなぁ・・・?
と思ったら、猫もあまり食べないんですよ。
ヘンだなーこれは全員大好きな種類なのになーと思ったら、
夏の高温でパックの最後の方が変質しちゃったみたいです。
猫はちゃんとわかっていた^▽^;。
で、別のごはん屋さんでサナベルは管理温度に注意!って知りました。
冬の今は安心して10kg袋注文できます。
Gaviちゃんやにゃんちんの手作りごはんを見ていると、
いつも「おいしそうだなー私が食べたいよ」って思って読んでいます。
Posted by り>Gavi主さん at 2006年01月20日 22:45
り>日本カモシカさん
アズミラとかちょっとビスケットっぽいですよね。
毎日マック(マクド)生活だと飽きるし健康的じゃないけど、
でも時々ものすごく食べたくなるんですよね、ポテトとか☆
猫のごはんも同じかなって思っています。
メインは自然派カリカリで、おやつとか刺激に缶詰。
カリカリについては自然派で常に数種類ストックがあるので、
猫によっていろいろ「だめなら今日はこっち」ってやっています。
もどきは好きなカリカリじゃないと全然食べないし・・・

完璧な健康管理は、私も猫も神経苦しいです。
だから、Best & Betterでやっていきます☆
私は出来ることに最善をつくして、猫はより良いものを食べる。
あと、モチはモチ屋で食事はメーカーに任せる。
選ぶのと品質管理は私の責任。って感じで。
Posted by り>日本カモシカさん at 2006年01月20日 22:56
人間も動物も同じだよね。
産地偽装とか契約農家が実在しないとか、なんだかんだ偽装が多い最近の世の中だし。
考えれば考えるほど怪しくなる。
完璧に大丈夫ってものがあればいいのにね。
成ちゃんがんばってたよね。もうすぐ3年なんだ。。
そちらは雪降ってるのかな。風邪ひかないように!
Posted by 真昼 at 2006年01月21日 13:15
食べてもらえるものを沢山作っておくことの大切さ、大変さ、今にゃんの便秘改善のために手作り食を始めて実感しています。もともと野良猫だったので保護した時にその知識があれば手作り食にしていたと思いますが、当時は自分がパッケージなどで気に入り、いいかなと思ったものをあげていました。野良だったにゃんは、強い香りと強い味にすぐ虜になったようでした。というのも保護当時、家と外を自由に行き来させていたのでお外にいる時間にカリカリを器にザーっと入れると、その音で慌てて外から戻るほどでした。それから約7ヶ月後、みゅー2号とぷりんを家族に迎えることを機に、カリカリも良いものをと考えるように。でも家から車で購入可能なショップで選んだのはニュートロとロイヤルカナン。一応ニュートロは無添加ということになっている。(たぶん、少しは保存料など入っていると思いますが)ロイヤルカナンもEU承認添加物ということで値段的にも少しは信用出来そうかな?くらいな判断でもう7年半この2社のものです。それが私の出来る最善の方法と思って今日まできました。病院で良質なカリカリを時々サンプルでもらうも、ニオイが薄いのか、味が薄いのか我が家では食べてもらえません。にゃんが以前病気になったとき、水も飲まず、ご飯も食べない。色んなカリカリや缶詰を買ってきてあげても一切口にせず、死にかけた事がありました。結局、点滴で命をつなぎ止める事ができましたが、その時に食に関してもっと知識があったら、手作り食とカリカリ併用の今のやり方を始めていたと思います。食べてもらえることの嬉しさは、普段の暮らしの中でも嬉しいもの。病気の時はなおさらです。
ですから、現在我が家でカリカリしか食べないみゅー2号がもし病気になったら…と考えると恐ろしいです。ぷりんが少し手作り食を口にしてくれ始めた所ですが、4匹全員が色々なものを食べてくれるようにしていくのが今後の課題です。
人間の場合ですが、美味しいと思って食するものは、多少体に悪いとされるものでも吸収する課程でいいものとなったり、逆に体に良いとされているものでも不味いと思って食べていると吸収が悪いそうです。
だから普段、体を気遣って食を選んでいても、たまにジャンクフードをご褒美的な感覚で食べたりは、ずっと色々我慢して生活しているよりいいんだそうです。だから猫も同じかなって。
我が家で猫缶デーは7年半前から日曜と決めていました。猫缶は添加物など入っていない良品とされるものもあり、良くない銘柄もありであげています。基準はみんなが喜んで食べるもの、ただこれだけです。(しかも我が家では、猫族が喜ぶのは品質があまり良くない安いものです。)食の品質も大事ですけど、食べる楽しさも大事って思っているから。
りゅうさんも、そんな同じような思いですよね、きっと。
(コメント長くなってごめんなさい。)
Posted by nyanmyupurin at 2006年01月21日 14:20
あ、先ほど書くの忘れちゃった。
写真見ると、天ちゃんのギブス前に比べたら長く(倍くらい?)なってますね。
それほど大きくなってきたって事ですよね(*^_^*)
Posted by nyanmyupurin at 2006年01月21日 15:31
り>真昼ちゃん
ほんと、いろんな面で偽装が多いからねぇ。
疑うとキリがないけど、疑わざるを得ない^へ^;。
これを食べていれば絶対に病気にならない。
って言う食べ物があればいいのになぁ☆
そもそも何で病気なんてあるんだろう?
今でもいろいろ考えさせられます。
一連の記事を書いていて、
ああ、こんな動画も撮ってあったんだ・・・って、
妹と感慨深く見ています^-^。
Posted by り>真昼ちゃん at 2006年01月21日 21:59
り>nyanmyupurinさん
あ、やっぱりマクド効果はあるんだ^▽^。
ポテトだけじゃなく、どーしてもピザ食べたいとか、
そう言う時にピザを食べると普段以上においしいですよね☆
猫の場合は、やみくもに好きなものをあげるわけにいかないけど、
そういう「おやつ」的なものは必要ですよね。
「いつでも全て完璧」は理想としてめざして、
それに近い%になるようにバランスを取ればいいのかなって。
みゅーちゃんもみんなを見ているうちに、
手作り食とかいろんなものを食べるようになるかも・・・
何か1つでも気に入るものがあれば、
そこからどんどん広がりそうですよね☆
病気や体調不良の猫の食事は一層気を遣うけれど、
ぼちぼち自分のペースでムリせずベストでいきたいです。
Posted by り>nyanmyupurinさん at 2006年01月21日 22:08
フードで思い出した事が。
以前チャイだったかタビーだったか、お腹を下して仕方ない時がありました。
下痢以外、特別体調が悪そうでもなく思い当たる事もなかったのですが、念の為獣医さんへ。
どうやら原因はフードにあったようです。
それまで与えていたフードを、別な物に切り替えている訳でもないのに、消化不良を起こしていたのです。
何故かと言うと、タイミング的に同銘柄の新しく買ったフードを、開封してあげた日から腹下しが始まったのです。
獣医の先生によれば、品質が極端に劣化したものに当たってしまったのではないかという事でした。回転が早い店は新鮮なものが多いという事が1つ。
しかし、多くのペットフードがそうであるように、そのほとんどが輸入ものであり、船での輸送時や倉庫での保管時に、積まれ方で酸化が進んだものが出来ることがあるそうです。
日当りが良い店頭に山積みしているのもマズいでしょうね。
同じフードをあげていたのに、突然下痢するのは、『餌のロットによって酸化などの品質劣化がひどく、体が受け付けないものがたまにあるから』というのも理由の1つなのだそうです。
だからといって、我々がその違いを見分ける事は出来ませんが、新しいものを買って与えるという事は出来ます。そのフードはコンポストなどで処分して。
ちなみに我が家では新しいフードとチューブに入った善玉菌みたいなもので、すぐによくなりました。
まとまりがなくてすみません。
Posted by ヨッスィー at 2006年01月22日 23:17
猫の嗜好を知り、そして先を考えて好物を作ってあげることも大事ですよね。
わたしも経験をしましたが、ミルクを好まなかったので、水の分だけミルクを飲んでくれたら・・・と思いました。
普段から、上げていれば良かったなと。

病気の時は食事でも、治療をサポートすることができると考えて、いろいろとやったのですが、何を食べさせる栄養素がどうのとか、それも大事だけれど、やはりいつものように笑顔で食事をあげることが大事だなっと。
そして食べられずに居る時に、優しく見守り続ける気持ちも大事だなと。

実際はすごく焦り、あたあたとしていましたので、反省の意味もあって、今思うところです。

Posted by fukumaneki at 2006年01月23日 02:20
り>ヨッスィーさん
お店での品質管理がどうなってるか、見ないとわからないですもんね。
買ったばかりのごはんが劣化してるのはちょっとなぁ;;。
私も、いつもに比べて匂いが・・・とか注意するようにします☆
何かあった時の対応で、お店の信頼度がはかれますが、
お世話になってる通販3店は、みんな対応が良いから大丈夫かな。
お店は信用が第一ですもんね^-^v。
でも、すぐによくなってよかったです☆
国産でもよさそうなものがあるのですが、
店主さん曰く「食いつきはあまり良くない」っていうし。
安くてしっかりしたおいしいごはん、簡単そうで難しいです。
Posted by り>ヨッスィーさん at 2006年01月23日 22:50
り>fukumanekiさん
みなさんやっぱり、焦る気持ちは一緒ですよね。
病気は治ってほしいの、みんな一緒ですもんね。
私は今でも、
最後の日に成にムリに朝ごはんをちょっと食べさせたの、つらいです。
成、怒ってないかなぁって。
でも、生まれ変わって「なる」として帰ってきてくれたので、
成にしてあげたかった事を「やりなおし」させてもらってます。
あの時よりも後悔の分、少しは成長しているから☆
Posted by り>fukumanekiさん at 2006年01月23日 22:55
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/171113
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック