2006年01月21日

残された時間

成はほたてを食べないだけでなく、お水も飲まなくなった。
病気になったりケガをすると、じっと動かずに治す事が多いけど、
治す場合とは別に、死期を定めた時もそうなる。
注射治療をやめた後も、
もしかしたら治るかも・・・という期待がどこかに残っていた。
だから、またじたばた騒ぎながらいろんな事を調べたり助けを求めた。

** 当時のBBSより **
唯一の生ほたてを食べないので、お肉をフラックスシードオイルで炒めてみました。
豚肉でやってみたのですが…食べてもらえません。
昨夜から、掲示板で紹介されていたカロリーエースを注射器で飲ませているのですが、
それもほとんど飲みたがらないのです。
とにかくプロポリスだけは、味見してあまり苦くない位でちょっとずつ飲ませています。

成はごはんをほとんど食べないのに、お部屋のいろんな所をよろよろ歩き回っています。
台所の「みんなのごはん場所」にも行くのですが、やっぱり食べられません。
6.2kgあった成が痩せ痩せになってしまって、
栄養とってほしいけど食べられないようで、心配です。
こういう時はやみくもに口に入れないで、
食べたくなるのをちょっと待った方がいいのでしょうか?
(待っていたら体力どんどん落ちそうで、焦ってばかりです)
本当にリンパ腫なのかな?とか、
末期と言われたけど今の状態はどうなのかな?とか心配事ばかりですが、
それでも成が生きているからがんばりたいです。
何とか元気にしてあげたいです。


>カロリーをとらないとどんどん弱ってしまいます。
>長期にわたって食事を取らない場合は、強制給餌をした方がよいです。(抜粋)

はちみつがあったので試してみました。
以前そこにプロポリスを混ぜて…と教えていただいたのを思い出し、垂らしてみました。
舐めてみて自分でもおいしい位なら、数滴垂らして大丈夫かな…と。。
どの位あげたら良いのかわからないのですが、
はちみつは2垂らし、カロリーエースは4mlがやっとでした。
食べると熱が上がるのか、床の上を行ったり来たりするせいか、呼吸が荒くなってまた心配。
喉のリンパの腫れが引いてくれたら、
成もちょっと楽に呼吸・食事できそうなのですが。
コンデンスミルクやガムシロも、少しずつ試してみます!


>獣医さんにガムシロップを飲ませるように言われました。(抜粋)
>蜂蜜やコンデンスミルクと同じで、血糖値を上げるためだそうです。
>痛みにも効きます。練乳にも混ぜて兎に角摂取させてみてください、プロポリス。
060121.JPG
「リンパ腫」という病気。
初めての大病にどうして良いかわからなかった私に、
過去の経験の何かが成の状態が良くなるきっかけになれば、と
たくさんの人が励ましの言葉とアドバイスをくれた。
どんなに勇気付けられただろう。
見知らぬヒトでも猫でも一緒。
病気治ってほしい。長生きしてほしい。しあわせでいてほしい。
ワケがわからない私に、ネット&リアルの人達が方向性を示してくれる。

注射治療をやめて覚悟を決めたはずなのに、
もしかしたら治るかも、と期待に揺れてまた心配になって。
まだ私が知らない事がたくさんある。
早く調べなくちゃ、成の病気がどんどん進んでしまう。
あとちょっと調べればわかることが、
ぼんやりしていたら間に合わなくなっちゃうかもしれない。
そういう強迫観念もずっとついてまわった。

残された時間、私は成に何が出来るだろう?
何をしたいだろう?
ヒトが死ぬ時も猫が死ぬ時も同じ。
残された時間で私がしたいのは、大好きだって事を伝えたい。
17日以降「がんばって」の言葉の代わりに、「ありがとう」をたくさん送った。
一緒に生きられてよかったよ。
一緒に生きてくれてありがとね。
なーたん、大好きだよ。
おトイレがんばって歩くの。えらいねぇ。
他にも楽しかった事とかたくさん語りかけた。
限られた時間、言っても言っても言い足りない位だ。
泣いてる時間があったら、その分成に良い言葉を送ってあげたかった。

事実、残された時間はあとわずか。
翌日帰宅した時にはもう、成はすでに八重の元に旅立っていた。
どんなに大切で大好きか、言っても言っても言い足りない。

** 2003.1.21の日記より **
3週間前の大晦日は、成はメイ達と大暴れしていたのよね。
初めは先生にもらった薬も効いていたからカゼだと思っていたの。
それが、まさかこんなコトになるとは…。
もうだめかも、と泣かない日はなかった1週間。
つらかったらもうムリしなくていいよ、と言ってから数日。
6.2kgだったコトが信じられないくらい痩せてしまったケド、
成はがんばってます。
呼吸が苦しそうになる度、心痛極まりないけど。
会社に行っている日は、生きていてくれるのか気が気じゃなくて
ものすごい勢いで帰ってきては、ヒト安心の日々だけど。

成の病気の姿は切ない。何とか良くなって・たすかってほしい。
時々苦しそうになるけど、がんばってほしい。
一番大切なのは、成が生きているコトです。
いろんな願いもまずはその上に成り立っているから。
成が生きてるからこそ、
私の体調も何とでもなるし、寝不足もイヤなコトも何でもなんとかできる。
成が生きていれば、そんなのどってコトないです。

三日月 まだリンパ腫を知らなかった頃の最新記事】
ニックネーム りゅう at 21:04| 三日月 まだリンパ腫を知らなかった頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする