2009年10月05日

コマの寛解は続く

腎臓系のリンパ腫のコマは、寛解状態が続いていてとても良い状態。
ほんとは1週間に1回の抗がん剤VCRを、今はなんと2ヶ月に1回打つ状態。
春からずっと2ヶ月ペースできています。
体重も少しずつ増えていて、だっこするとその重みがうれしい^^。
院長先生もほんとにコマは素晴らしいね、ってしみじみ言う位。

でも、涼しさを感じるようになった9月下旬かな?
すこーしだけど、なんとなくだけど、コマの調子がちょっと落ちたような気がした。
どこが、っていうわけじゃないんだけど・・・
むせてるだけかもだけど、咳き込む姿をみた。
リンパ腫をもってる猫として、胸水の疑いとかあるからね、
猫屋敷レベルでは、咳き込む姿は要注意項目にしてます。
でもまぁ、聴診器で聞いてもざらざらしたような呼吸音でもないから大丈夫だと思うけど。
ごはんを食べていて歯茎が痛そうな素振りをみせているのも気になる。
歯肉炎がでてきたってことは、免疫力がちょっと落ちたってコトだよね・・・
そうなると、がん細胞が力をつけてきてしまう恐れもあるし。

そんなわけで、10/3予定だった抗がん剤をちょっと早めて9/30にしてみた。
どんな病気でも進行のはやさはヒトの体感日数より早い。
2,3日でも予後にかかわってくるから、ヘンだと思ったらすぐに病院にね!

今回は腎臓の数値だけでなく肝臓の方も検査項目で追加したんだけど、
腎臓のCreがちょっと平均より↑なだけで、あとは全てクリアかわいい
赤血球なんて700万とかぴかぴか(新しい)
はねとかササの200万とか激減する赤血球を体験してる身としては、
その赤血球の力強い数にはげまされてしまう。

輸液は、今まったくしていないのにCreの上がりがほんのちょっとと聞いて、
院長先生も感心していたけど。
単発的に、1週間に1回くらい輸液をしておこうか、ってことになった。
輸液パックはあるので、新しい針セットとシリンジを追加で購入。

体重は100gだったかな?前回(2ヶ月前)より落ちてしまったけど、
口内炎・歯肉炎対応の注射を追加してもらって、今回の抗がん剤もつつがなく終了でした☆

本 院長先生に質問したこと「これから気をつけたほうがいいことは?」

院長先生は今もちゃんと管理してるよって言ってくれたけど、
(でも、サプリはあげてないし、ごはんもみんなと一緒のだけどたらーっ(汗)
◆体重管理
◆体温管理
◆寒くなるのでお水を飲むように
をチェックするといいかなーってことでした。

私もすごくわかるんだけど、
闘病中ってどうしても「お肉ついてきたようなきがする」とか、
なんとかその子が「元気に近づいてる」目線で見たがっちゃうんだよね。
今だからわかるんだけど、ササの写真。
膿胸でドレーンで膿を抜いていた頃の写真を今見ると、
ああ、これで長く生きられないよ・・・っていうことがリカイできるような、
ほんとにヤセヤセの状態だった。
それでも当時は、お肉ついてるよ!そんなに痩せてないよ;_;って。
でもこれは、元気になってもらいたい心理フィルターだよね。
治してあげたい視線フィルターなんだ。
そう思う気持ちは悪いことじゃないと思う。
体重管理をすることは、目に見えてその状態を知らされることだから、
先が終わりに近づく場合はほんとにつらいと思うけど、
状態を把握するためには、とても大切な「目安」なんだよね。

毎日じゃなくてもこまめに、体重管理を取り入れていこうと思います。
注射 リンパ腫の治療・斜頚(コマ:陰性)の最新記事】
ニックネーム りゅう at 13:32| 注射 リンパ腫の治療・斜頚(コマ:陰性) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする