2009年11月19日

コマの様子

コマが斜頚になってから2回通院があったけど、
両日私はついていけなかったので、妹が先生の話をメモしてきてくれた。

◆11/14(診察初回) 体重2.7kg
・脳の炎症を抑える注射
・食欲増進させる注射

強制給餌でとにかく食べさせる。
(今のところ、吐く様子がないから)
胃薬は今日の夜から。
ステロイドは明日から飲ませる。
→今までとは種類の違うやつ。
(※私はこれを見て。ステロイドにもいろいろあるんだなーと思った)
首を曲げているのは脳の炎症から。
注射+薬で治まればよいが、ガンだと効かない。
必要なら脳のCTとる。

次は11/17(火)11:00予約

◆11/17(2回目) 体重2.65kg 体温37℃台
・ステロイド1日1回
・胃薬1日2回
・レントゲン(頭〜首)異常なし
神経のほうか。
CTとって脳に異常があるとわかっても、治療法は変わらない。
CTは麻酔が必要。
今はとにかく食事の量を増やす。
体重の減り方は前に比べると少ないとの事。

次は11/25 10:30予約

なかなか、コンパクトにまとまってるなぁと感心。

少しふらついていただけのコマは、日に日にふらつきが大きくなってきた。
首が曲がっている(ねじれてると言った方がいいかな)ので、
強制給餌もちょっと力を入れないといけないので、
私も歯に指をはさまれてかなり痛いけど、コマも大変そう。
体重の減りは少ないって書いてあったけど、
これはすでにもう痩せすぎたからじゃないかなぁ・・・;
今のコマは、ササの最期の頃のように、足に筋肉がついていない。
あんなにふっくらしていたのに、あっというまにホネホネになってしまった。

CTを撮って脳の様子をみてみたいけど、
このコマに麻酔をかけたら・・・かなりのリスクを覚悟しないといけない。
CT撮っても撮らなくても治療法がかわらないなら、
撮らなくてもいいや、と思った。

今大切なのは、コマの体力(食事)維持。
体力があるなら、月末はまた抗がん剤を打つ予定にしているからね、
体になるべく負担をかけないようにしたい。

激ヤセのコマが、ごはんを持っていくとフリースからもそもそ起きてくる。
痩せてふらつくその姿が痛々しくて、
もうだめなのかな、送った方がいいのかな、と思ったこともある。
コマだけじゃなくてね、いつもいつも、
「ペットがガンになった時」って本の、安楽死を決めたあのお話を思い出す。

でも、おとといかな?
コマはふらつく体で、いつのまにか2Fの私の部屋の前まで来ていた。
朝ごはんは?というように、待っているのを見つけてびっくりした。
それから数日でふらつきが大きくなっても、
それでもお水を飲みにいったり、トイレまでがんばってよろよろ歩いていく。

まだ、コマは終わってない。
どれだけのことができるかわからないけど、
ガンの影響であってもなくても、コマが回復する手助けをするだけだよね。
強制給餌も大変だけど、
いちばん大変なのはコマなので、あまり焦らず少しずつ、をめざしてがんばろうと思う。

神経にはビタミンが良いというのを天の時に知ったので、
今は缶詰にテイスティビタミンかメガペットデイリーをちょっと混ぜています。
ホメオパシーの方もマテリアメディカでちょっと調べてみようかな。
注射 リンパ腫の治療・斜頚(コマ:陰性)の最新記事】
ニックネーム りゅう at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 注射 リンパ腫の治療・斜頚(コマ:陰性) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りゅうさん、お元気ですか
コマちゃんの記事を読んで
心配しています
どうか回復しますように・・

かつて実家のお猫は25歳の高齢で
静かに大往生しましたが
それまでに
危篤状態から2回生還してくれました。
猫の寿命は猫にしかわからないのだな、と
思ったものです

あきらめないで、そしてご自身を
責めないでがんばってね
応援しか出来なくてごめんなさいね
Posted by ゆーゆー at 2009年11月28日 22:18
りゅうさん ご無沙汰です
コマちゃんのこと心配しておりました
読むだけでコメントできなかったんですけど
訃報を聞いて、ただただ驚いております

ご愁傷様です
コマちゃん、安らかに
Posted by 9猫飼い at 2009年12月02日 13:08
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1897670
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック