2009年11月26日

閉じないまぶた

日に日にコマの機能は低下していく気がする。

痩せたのもあっという間。
2週間前はふっくらしていたのが、うそのよう。
研修で私が出かける前の11日は、ちょっとよろける程度だった。
それが、帰ってきた13日の夜には右側に首を傾けるようになり、
それでもごはんをしっかり食べていると思っていたら、
だんだん食べられなくなって、強制給餌のみになってしまった。
体のふらつきも首の傾きもひどくなり、
トイレによろけながらも歩けていたコマは、
数日前から、自力では動くことができなくなった。
<2011/1/4追記写真>
091118a.jpg
このように、意識しないのに体が右に傾いてしまうの。
ごはんを食べるときも歩くときも。
091118b.jpg
こうやって支えてあげないと、少し経つと倒れてしまいます。
この写真は11/18のもの。
首曲がってない?といった13日からわずか5日後。
そして亡くなる10日前です。


2日前は動いていたコマの右目も、昨日から瞳孔は細いまま。
眼球は動く。
時々、瞳孔がほんの少し変化していたのも、今日はもう動かない。
右目も閉じられなくなり、角膜が少しにごっている。

あっという間。
完全な麻痺ではないけど、コマの右半身は確実に機能を低下させてる。

今朝、なかなか食べないコマを怒ってしまった。
「そんなんじゃ、治るわけないじゃん;」

この状態のコマに強制給餌をして、それで治るとは到底思えなかった。
治る予想ができないのに、こうやって嫌がるのを食べさせて、
それで一体どうなるんだろう。
コマはどう思ってるんだろう。

そういう、やるせない気持ちって、怒りに変わりやすい。
今も、昔もそう。

でも、右半身が麻痺っぽくなっているなら、食べるのも当然難しい。
ゆっくりになったり、今までのように食べられないのは、当然なんだよね。
コマだって、好きで食べないわけじゃない。
あんなにおいしそうにザナベレ食べてたコマ。
右目も閉じられず、体はねじれて、好きなように動けなくて、
それなのに私に怒られたら、コマはどうしたらいいんだろう?

コマには気持ちを説明してあやまったけど、
脳にトラブルがあると思われるコマが、治る未来なんて考えられなくて;

昨日の通院では、3kgに戻すことを目標にできるだけ食べさせる。って事。
そんなのムリだよ;って焦りも、怒りにつながったんだろうね。
そうだ、輸液を今日から120ml毎日だった・・・と、輸液セットを取りに行く。

輸液パックの袋の中には、たくさんの60mlシリンジや取替用の翼状針が。
こんなに買ったの?と妹に聞いたら「院長先生がくれた」

そのたくさんのシリンジを見て、そうだ、って思った。

この状態のコマを見て、
私より院長先生の方が「むずかしい」ってわかってるはず。
それでもこうやって、私達をサポートしてくれるんだ。
今まで、私達は私達なりにがんばってきたけど、
それを見ている先生たちも、治療だけでなくいろんなサポートをしてくれた。

「こういうのはわからないんだよ、
 ひどい状態でも、治ることもあるし、治らないケースもある」

治らないかもしれないけど、私たちがコマにすることはかわらないんだよね。
この先どの位時間があるのかわからないけど、
できるのは、コマが食べられる分だけでも食べさせること。
輸液をすること。
効くかわからないけど、治れ治れの念を送ること。
閉じることができない右目には、うり用の目薬で潤いをカバー。

どうか、コマのつらい気持ちが少なくなりますように。
私がいらついたりしないで、少しずつでもいい方向に向かいますように。
注射 リンパ腫の治療・斜頚(コマ:陰性)の最新記事】
ニックネーム りゅう at 10:20 | TrackBack(0) | 注射 リンパ腫の治療・斜頚(コマ:陰性) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1903434
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック