2010年06月30日

ねこタクシー

100630_0914~01.jpg
"うーは大きくなりましたよ"

私がちょっと失くしかけてたのは何だろう?の記事を書いた翌日のコト。
お昼ごはんを食べ終えて、料理の本を偵察に本屋さんに行った。
料理の本って「いいなぁぴかぴか(新しい)」と思うものはたくさんあるけど、
実際にそれを「作るか?」ってとこがポイントだと最近わかった。
キレイでおいしそうでも、材料がなかなか我が家の日常にないものばかりだと、
結局「いいなぁ」で終わっちゃうんだよね。
そんなわけで、中身を見て実際に作れる本を楽天で買うというかわいい

その途中のコーナーでふと目に留まった、猫の表紙の本。

猫「ねこタクシー」

後になって調べてみたら、これは上下巻だったのかぁ。
私が手にしたのは(下)でした。
なんとなくその三毛猫に惹かれて、なんとなくぱらぱらとめくってみた。

めくってみたが最後、流し読みだけど最後まで読んで・・・
あやうく本屋で号泣する所でした;
というか、涙出ちゃったけどたらーっ(汗)

これは映画化なの?(TVほとんど見ないから世の中に付いていってない)
でも、押し付けがましいペット愛の本ではなくて、
御子神さんという三毛と、中年の主人公のパートナーぶりがとてもいい感じです。
すごーくいやーな感じの保健所のヒトとそのお母さんが、
このねこタクシーに乗ったときのやりとりがね、
御子神さん=その他大勢の猫ではなく、御子神さん=その猫Only Oneな所がね、
猫と暮らしたことがあるヒトなら、シミジミ心にくると思う。
猫だけでなく、動物と一緒に暮らし、対等に生きたことあるヒトならみんな。

本の終わり方も、とてもよかった・・・のだけど・・・顔(泣)
とてもキレイな時間を過ごせてよかったね。
そう言えるような、静かでキレイな終わり方です。

私がこの本で初めて「そうか」と思ったことがありました。

ムナカタさんだっけ?保健所のヒト。
保健所のヒトも、好きで動物の命を奪っているわけではないんだって。
ねこタクシーを調べに来て、主人公達に言う冷たいセリフ。
猫や動物の意志も考えず、お金儲けのために動物をダシにして・・・って、
このヒトのそういうセリフと冷たい視線で、気づきました。
私にとっても保健所は憎しみの対象とも言えるんだけど、
そうか、捨て猫・捨て犬を生み出す人間が、憎むべき存在なんだ。
このムナカタさんだって、その痛みを知ってるヒトなんだよね。
だから、動物をダシにするような事柄に敵意爆弾をむき出しにする。
・・・私もそういう↑部分、持ってる。

あまりにも初歩的なんだけど、そこに気づきました。

他から見たら、
本の中の獣医さんの言うように老猫にムリさせてるように見えるのかもしれない。
でも、御子神さんがタクシーに乗ることを生きがいにしてる。
それが御子神さんの生きる源、っていうのはね、
やっぱり、当人同士・当事者にしかわからない絆なんだなぁ。
それも、きっと猫たちと暮らしたことがあるヒトなら「そうね」って。
タクシーにまた乗れるようになった御子神さん。
好きな場所にいられて、好きな時間を過ごせてしあわせだったよね^^。

完全に上下をきちんと読んだわけではないけれど、
とてもいい本に巡り会ったなぁかわいいと思いました。
私はどうしてもどうしても泣いてしまうので、
良い本だけどこれは手元において置けないけどね。

私にとっての御子神さんは・・・ササかなぁ。
ササは決定的だけど、成かなぁ・・・
いや、やっぱりみんなそれぞれ御子神さんかーぴかぴか(新しい)
ニックネーム りゅう at 22:44| かわいい 思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする