2011年04月05日

ハルの輸液

地震で3月は病院に行けなかったので、4月に入って病院に行きました。
毎日塗り薬(デキサ)をしていなかったせいか、地震のストレスなのか、
ハルの口臭がまた酷くなっている。
デキサも、細いシリンジに最初つめていたけど、塗りにくいので指に直接つけ、
ハルの口をがっと開いて「えい!」と塗る。
そうすると、指先にちょっと血がつくから、びらんしてるのかなぁ。
口の中が痛くなければ、ちゃんとごはんも食べられるし。

夜塗っておくと、翌朝はごはんしっかり食べられてたので、
診察の結果、血液検査は次回にして、今回もしばらくデキサで様子見。
今度は毎日1〜2回はちゃんとつけてあげるようにするたらーっ(汗)
ちょっと気になっていたので「ハル、毛がぱさついてるような気がするんです」
というと、「なになに、何がぱさついてるって?」と院長先生。
脱水っていうほどじゃないけど、なんかこう、背中というか・・・と言いながら、
背中の皮をむにむにひっぱって見せる。
少しずつ体重が減っていることもあるので、輸液をしようかなぁと。
まだ翼状針や輸液用シリンジはたくさんあるので、液だけもらうことにした。
「じゃあ、酢酸リンゲル液出しておくね。ビタミンは入れないでおくね」
ソルアセトリンゲル(酢酸リンゲル液)って、うちでは初めて使うよ。
帰宅してから調べてみたけど、なぜ今回は酢酸だったのかよくわからなかった。
次回院長先生に聞いてみよう。

体重が少しずつ減っていってることに、院長先生はかなり注意してる。
後になって症状が重くなってから、
「体重が減っていったあの時に(エイズが)出てたのかもね」って振り返るんじゃないかって。
エイズの症状でまず出てくるのが、「痩身」だからかな?
その前に、今の時点でできることはなんだろうって院長先生も私も思ってる。
うちでも体重をはかるようにしておこう。
あと、Dフラクションもどうかなぁって言われるけど、
こちらはもう少しお金的に検討中。

きぬも一緒に連れて行って、こちらはデポメドと抗生剤を注射注射
きぬは病院に行くのが初めてだったけど、とてもお利口さんでした。
子猫の時から賢い子だったかわいい

4/4にハルの輸液を開始。様子をみながら1日おきとかで、1日2本(120ml)。
針を刺そうとしたら、フケのようなものが結構出てた。
乾燥してるのかなぁ。水分足りてないのかなぁ。
あまりにもヒサビサの輸液なので、自分の手際の方が心配でしたたらーっ(汗)
でも、やっぱりやってみれば思い出すものグッド(上向き矢印)
110404.jpg
暴れはしないけど、なんか入ってくる〜がく〜(落胆した顔)っていうのがイヤみたい。
輸液→デキサというコンボで来ると、終わった途端、大猫部屋に逃げ帰りますあせあせ(飛び散る汗)
輸液2日目の今日は、昨日より皮膚のフケがなかった。
心なしか、ハルの皮膚もしっとりしていた感じ。

ハルは我が家の中でも1番、2番の体格の良さなんだけど、皮膚は意外にも柔らかい。
輸液をすると、今までのにゃんこらにしてきたことを思い出すんだけど。
「はね」の皮膚はほんと堅かった!
院長先生も言ってたけど、はねに輸液をするとき、針が曲がったことあるって。
うちでもあったよ、曲がったことたらーっ(汗)
成長するうちに、天使のよーなはねから強くて頑丈な皮膚のはねに変身したのか。
あんなに元気で、あんなにぷーぷーうるさかったのにね。

明日で、もうすぐ3年。

じゃれる力がないけど、ちょこんと座って、転がったおもちゃに手を伸ばす。
今でも、極度の貧血の中、
Gaviちゃんからもらったおもちゃに、そっと手を出したはねの姿が忘れられない。
でも、未だにつらくてデジカメを見ることはできないんだけどね。

病院 膀胱炎・尿毒症・抜歯(ハル:FIV)の最新記事】
ニックネーム りゅう at 20:57| 病院 膀胱炎・尿毒症・抜歯(ハル:FIV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする