2006年04月21日

昨日より今日は

** 今朝のメイ **

○階段をヒトリで降りておふろ場に向かう。洗面器の水をよく飲む。
○アズミラ缶詰の朝ごはんを、自分で親指2本分位かな?食べる。
○今朝は軟便がおしりについていない。
◎久しぶりにトイレの後、砂かけをした。(今月初かも)

ちょうど1週間前の危篤を乗り越えて、私とメイの良い感じは続く。
毎日前進とは限らないけど、
「昨日より今日は良い」をめざして、
もしかして治っちゃうよ、これ^▽^。をめざして、ゆっくり上昇。
メイの「生きる力四葉」が育っているような気がする。
だから、最近ちょっと気持ち的にゆとりが出てきました☆
どの位のゆとりかって言ったら…プレステでもしようかな、って位。
つきっきりじゃなくても、すぐに様子を見に行けるならね、って位。
メイが寝てる時は、ホメオパシーの水レメディあげなくていいからね。
昼寝のパワー充填をジャマしちゃいけないので、手持ちぶたさんなの。

栄養を取ってほしいばかりに、
(私としては一生懸命だったんだけど)メイに負担かけてましたね…
いきなりどーんと高カロリー&サプリをあげたって、
メイの弱った胃腸はその栄養を全て吸収活用することはできない。
だったら、
メイが自分に必要な分、食べたいと思う分を食べたらいいや☆
と開き直って数日。
メイの気持ちに任せて、17日から18日。18日から19日。19日から20日…
少しずつ少しずつ、
自発的な缶詰を食べる量、飲むお水、行動量は増えていった。
ステロイド薬も終わって数日、嫌な薬を飲ませられることのない数日、
メイの気持ちは上向きグッド(上向き矢印)になってきたような感じ。
メイのための緊急水レメディも、ようやくメイの核に届きました〜って、
そんな感じがした。
続けていてある日を境にふっと、メイの気が変化したような感じ。
ホメオパシー先生への日々レポートも、良い事が増えてきたかわいい

当猫の気持ちになって考える、というのは簡単なようで難しい。
でも、難しいようだけど、自分だったらどうだろう?と考えればいいと思う。
? たくさんごはんたべさせたい。
私だったら、心臓痛いとか偏頭痛の時、無理に食べさせられたらどう思うだろう?
 ⇒「そんなに食えるわけねぇだろ!爆弾」とブラックりゅうで癇癪を起こす。
? 眠くて眠くて仕方ない時に、無理に食べさせられたらどう思うだろう?
 ⇒「眠いんだからほっといてよパンチ」と布団にもぐりこむ。
? 栄養あるからってレバー食べなさいって言われるんだよね。
 ⇒「ちょっとなら食べるけど、2欠片以上は絶対イヤ(レバー嫌)」
それはヒトでもネコでもイヌでも、ある程度は変わらないはずだ。
でも!
ほっとくと絶食が続いてしまう子は要注意。
嫌でも嫌がられても、強制給餌はとても必要かつ大切なんだよね。
3日絶食が続くとかなり危ないって、どこかの病院サイトに書いてあったし。
体重がかなり減って痩せてしまった子等の場合は、
絶食をしたほうが良いかどうか、獣医さんとよく話して決めないとね。

ヒルズの療法食・a/d缶詰は強制給餌で食べていたのだけど、
いつもおしりにべたっと、超軟便がついてしまっていた。
少し強制給餌すると、おしりから不随意にじわっと超軟便が出てくる状態。
なんだろう。腸に悪玉菌満載なのかな…どうしよう;_;。
心配になっておしりの便だけ病院に持っていくと、
検便の結果は「細菌性のものではない」という。ちょっと安心。
それなのに滅菌の抗生物質もらった・・・イミ不明?(これは使用せず)

下痢には大腸性・小腸性があって、さらに細菌性・非細菌性があって。
いろいろ検索を繰返す。…もしかして消化不良?
高カロリーのa/d缶は栄養バツグン・脂肪分が高いせいか、
メイの弱った胃腸では栄養の吸収が難しいのかもしれない。
なるほどー。
a/d缶は吸収もいいはずなんだけど、メイには強すぎるんだろう。
となったら、
薬よりも何よりも、もっと根本的なコト=おなかに優しい食べ物の方がいいはず。
うーん。私だったら「お粥」が好きなんだけどなぁ。
メイは何がいいかなぁ。

危篤時からずっと、メールや電話で頻繁に連絡を取っているホメオパシー先生は、
「a/d缶じゃなくてナチュラルフードの缶詰は食べないの?」
そのヒトコトを聞いて、あ、そうかひらめきと気付く。
高栄養の病院のごはんばっかり頭にあって、忘れてた。
ためしにアズミラ缶詰1コ買ってみたの、今日届いたんだ(17日の話)
電話を切ってアズミラ缶を持って、だーっとmy roomに急ぐ。
ほんのちょっと、指先に缶詰を乗せて差し出すと。
「今度はなに?」とつまらなそうなメイの顔が、ちょっと変わった。
くんくんくんくん。ぱく。

メイが缶詰を自分から食べてくれた〜^▽^。(♪FF勝利のテーマ♪)

危篤後、缶詰をぺろぺろと食べるメイの姿は、天地創造並みのインパクト。
「もうちょっといる」というように指先の匂いをかぐメイ。
小指の先程の少ない量だったけど、メイは久しぶりに「食欲」を見せた。
「アズミラばんざーい」と叫ぶ私がいたって、許されるはずだ☆

それから変わった事といえば・・・
○トイレに全身入って排尿ポーズをとって、排尿できるようになった。
○缶詰の栄養分・味の効果か、お水を飲む量も適度範囲で増えた。
○缶詰に「混ぜ物」をする事を一切嫌がるようになった。

食べる量が少ないから、匂いとか違和感があるのだろうけど、
たった2滴のジェモセラピーを混ぜただけで「これいらない」・・・
ほんのちょっとペットチニック混ぜただけで「いらないってば」・・・
3回目サプリものを出した後、メイはその場で抗議の排尿をしてしまった。
先日、栄養は後回しって反省したばっかりなのに、また欲張ってしまった;;。
「ごめんね。また欲張ってしまいました。
 それは、メイが少しなら食べられるかもって思ったからです。
 必要な栄養をもっとあげたいなって思ったからです。ごめんなさい;;」

しばらく謝って、「缶詰不可侵条約」を締結させていただきました。
メイは「今の自分にはこれだけで十分」ってわかってるんだろう。
必要になったら、ジェモセラピー達も鉄分もコロストラムもまた受け入れるだろう。
それまではナチュラル缶詰にがんばってもらえばいいや☆

血が薄すぎて血管が見えないメイ。
血管に針を刺せないから、獣医さんでのこれ以上の医療方法はないと告げられて。
だから、残されているのは代替療法とペンダントと家族パワーなんだよね。
その3つに存分にパワーを発揮してもらう環境にある。
あ、4つだな。みんなの応援パワーは天の手と同様に、メイに届いています。
いつも眠る前に、メイとキリと一緒に「ありがたいねぇ」は欠かしません。
nyanmyupurinさんが何回も私に伝えようとした、大切なコト。
「空気・水・栄養」=「空気>水>栄養の順番」って忘れないようにしなくちゃ。
私、すぐ欲張ってメイに怒られるからなぁ。
注射 Wキャリア&貧血(メイ:W)の最新記事】
ニックネーム りゅう at 13:31| Comment(25) | TrackBack(0) | 注射 Wキャリア&貧血(メイ:W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メイちゃんの生きようとする力の素晴らしさに感動しました。
そして、それを支えるりゅうさんの試行錯誤にとっても共感しました。
少しでも栄養のあるものをってどうしても考えてしまいますよね。
私もハルがいらないっていってるのに、「もう少し食べない?」とにじり寄って嫌がられています・・・。
でもでもでもでも食べないとやっぱり心配で仕方がなくなってしまって・・・。
私もハルと私の匙加減をもう一度考えてみなければと、りゅうさんとメイちゃんから教えてもらいました。
ありがとうございました。

>「空気・水・栄養」=「空気>水>栄養の順番」

私も忘れないようにメモっておこう!

メイちゃんが楽しく毎日を過ごして、どんどん調子が上向いて、りゅうさんがゲーム三昧になっても大丈夫になりますように☆
Posted by TAMI at 2006年04月21日 22:07
Posted by at 2006年04月21日 22:09
り>TAMIさん
つい欲張っちゃうんですよね^▽^;。
缶詰をしっかり食べてるのを見ると、
あー・・・その中に鉄分とかジェモセラピー混ぜたいなぁって。
でも、せっかく食べる気になってるアズミラ缶詰に混ぜ物して、
食べなくなっちゃったら最悪なので>_<。
ごはんも引き際を心がけてます☆
「もういらない」サイン、わかるようになってきた^-^。
ヒサビサにゲームしましたよ。
途中で悪ガキ共に、
コンセントをブチッってやられましたが。
Posted by り>TAMIさん at 2006年04月22日 13:09
アズミラ缶、食べてくれたんですねー!良かったぁ。しばらくアズミラ缶食べてもらって、食べる喜びをメイちゃんにしっかり思い出してもらってね、りゅうさん。そこから少しずつでいいと思います。小さな体の猫だからたとえ親指2本分でも、人間にしたら×10倍と考えても、たくさん食べたよねー!って。
メイちゃんの「生きる力」信じて(「生きる力」っていい言葉ですね。)、あせらず頑張ってくださいね。
息抜きも必要ですよ、りゅうさん。FFやって気分転換(*^_^*)。いいと思います。
メイちゃんも、あまりに過大に自分の事に注目されっぱなしだと、それはそれでりゅうさんの“気”が重すぎて受け止めきれなくて疲れることかもしれませんし…。愛情はかけても負担はかけないように、あせらずメイちゃんペースで。
でも、食べてもらえるもの見つかって本当によかった。
Posted by nyanmyupurin at 2006年04月22日 13:12
メイちゃん、一歩一歩生きるんだ!!
と、りゅうさんの気持ちに引きずられ
りゅうさんも、メイちゃんの生命力に引っ張られ
お互いに良い方向に進んでいますね。
猫の立場に立って考える。これって基本ですよね。
しかし、物言わぬ相手に対してどうしても
強引に、もちろん良かれと思ってやってしまい
後悔する事って多々あります。
私なんて、その手の口で今も後悔ばかりです。
りゅうさんが一つ一つ学んでいかれる事は
引いて云えば後からついて行く者には非常に
参考になることばかりです。
メイちゃん、がんばって!!
このまま快方に向かいますように・・・
Posted by nekoboci at 2006年04月23日 15:29
メイちゃん、がんばる力アップだねっ!(=^▽^=)b
にゃんこの自然のパワーはすっごいのにゃ!「缶詰不可侵条約」でゆっくりゆっくり元気がでるといいね。ゆっくりがんばってね♪
Posted by Gavi at 2006年04月23日 23:04
こんにちは。
私も長年猫との生活ですが、今ほど
病気が多い猫も初めてで・・・
かなり戸惑っています。
でも、りゅうさんの書き込みを見て、いろいろ参考にさせてもらってますよ。
メイちゃん頑張れ〜!
私もちょっと食べたからと、もっと食べて・・・と押し付けちゃってますね。
反省しなくちゃ。
ゆっくりでも良いから、日々健康を取り戻して欲しいです。
Posted by ねこうち。 at 2006年04月24日 15:51
メイちゃん、少しづつ元気が出てきて良かったですね。
そうですよね、しゃべれない分は自分に置き換えて
何をされたら嫌かって考えたら答えが出てきますよね。
何かいい事を教えてもらった気分で目からウロコ状態です。
りゅうさんに勇気付けられて私も頑張ろうと思いましたよ〜

FF、私も買ったんだけど最初のほうちょこっとやって暇がなくて出来てないんです。
りゅうさんと一緒に始めようかな〜
Posted by みほ at 2006年04月24日 20:46
りゅうさん、今日ganbarunekoさんのとこでマヌカハニーの記事見ました。http://ganbaru.exblog.jp/d2006-04-25
りゅうさんのとこ使ってるかもしれないから、ちょっと見てみて。
Posted by Gavi主 at 2006年04月25日 09:42
り>nyanmyupurinさん
そんなに注目はしてないですよ…多分。
ごはん食べたり顔洗ってるの見ると、
自然にうれしくなって褒め称えてるけど。
メイのペースでがんばってくれたらいいと思います。
おなか空きすぎると吐くので、
こまめに見ないとダメですけどね。
FFはまだやってません。
はじめるとのめり込みそうだから。
Posted by り>nyanmyupurinさん at 2006年04月25日 13:08
り>nekobociさん
うーん。
良かれと思って、いいもの見つけたと思って、
手持ちの武器や知識ををいろいろ増やしてるつもりですが、
人によっては害になることもあるんですね。
誰かのためになるとか思ってたけど、私は傲慢なのかも。
でも、メイは少しずつですが肉も付いてきてるので、
屋敷責任でぼちぼちがんばろうと思ってます。
Posted by り>nekobociさん at 2006年04月25日 13:13
り>Gavi主さん
ありがとう。
メイは貧血だけど元気にしてますよ。
少しずつだけど安定して自分で食べてます。
今朝はこっそり、タマリックスガリカ2滴混ぜちゃった。
すぐ条約破るんだよね、私。ははは…
Posted by り>Gavi主さん at 2006年04月25日 13:15
り>ねこうち。さん
ここ最近、初めてブチ当たる病気や障害が多いです。
次々にやってきます。
でも超えられるからこそ、やって来るんだって、
そう思うようにしています。
うちに来たら治してもらえるって、
きっと天国の八重がこういう猫をうちに呼ぶんだと思う。
ササの片目、はねのしっぽの壊死、天の両手、メイの貧血、はねのいちたま。
次は最近流れてきた野良のカイセン。
何とか治してあげたいなと思ってます。
一緒にがんばりましょうね。
Posted by り>ねこうち。さん at 2006年04月25日 13:19
り>みほさん
おかげさまで、メイは元気です。
少しずつ生きる力がしっかりしてきました。
ゲームしても安心かな?
まだFFは始めてないんですよ。のめり込みそうで。
でも、そうだなぁ。
シャドウハーツF、いい加減今日クリアしてはじめるか!FF12。
これもまた、一緒にクリア目指してがんばりましょう。

Posted by り>みほさん at 2006年04月25日 13:23
り>Gavi主さん
見てきましたよ、ありがとう。
でも、ステロイドに代わるいいもの見つけたと喜んでいたから、
毒とか無意味みたいにいわれて悲しくなりました。
はちみつ、屋敷内では使うけど、ヒトに勧めるのはやめます。

うちの猫に完璧100%の無害な生活をあげたいけど、
生きてる中で100%純粋培養はムリだと思ってるから、
できる中で猫に負担のないbetterなものを取り入れていきます。
私とリナにとって、
マヌカハニーはほんとに救世主だったの。
それをなんのためにっていわれると…自信なくしますね、やっぱり。

Posted by り>Gavi主さん at 2006年04月25日 13:34
りゅうさん、すごく気分を悪くするような
書き方をしてしまって申し訳ありませんでした。りゅうさんのところで使われているんですね。私自身、トムの口内炎で悩んだこともありこの先腎不全が進行した場合に何か良いものを探すために先手先手を打って調べていたもののひとつがマヌカハニーでした。りゅうさんの場合は獣医さんからの処方ですし、獣医さんも何も調べずに処方するわけはないと思うんです。今更何を言ってもダメかも知れませんが害になると決まった訳ではないですから。本当に本当にごめんなさい。りゅうさんや他のマヌカハニーを使ってる方の自信を無くすために書いたわけではないのですが、記事は削除させていただきました。本当に申し訳ありませんでした。
Posted by GANBARUNEKO at 2006年04月25日 13:56
り>GANBARUNEKOさん
GANBARUNEKOさんのこと怒ったり、気を悪くしたわけじゃないです。
マヌカ=ユリと同じような毒だって思わせるような、
回答した先生の言葉に凹んだだけなので…
自分のblogで自分の意見言えないのはヘンです。
気にせず記事にしてください。
自分の猫に安全なものをって思うのは、みんな同じですから。
少しでも体に負担かけないようにって。
何が良くて何が悪いのかもうよくわからないから、
何でもいいやって。
Posted by り>GANBARUNEKOさん at 2006年04月25日 14:33
りゅうさん、ごめんなさい。
もうちょびっとまとめたものメールした方がよかったですね・・・相変わらずおっちょこちょいで。
危険性は多少あったとしても他よりいいっていうものあるし、それしか使えないっていうコもいますよね。
なんか、うまくいえないけど、こういう意見を持ってる先生もいるってことで、それほど状況が切迫してない場合とか健康増進だったら、調べてみて使わないって判断もありかなって。
りゅうさんとGANBARUNEKOさん両方悲しくさせちゃった。ごめんなさい。

Posted by Gavi主 at 2006年04月25日 20:11
りゅうさん、ありがとうです。
私がユリのことを全然知らなかったので
そのまま載せてしまったこともいけなかったと思います。
実際に私が手作りであげていたアボカドだったりアルファルファなんかも良くないとされている反面、アボカドオイルはアボキャッツで使われてるし食べさせてます。アルファルファも良いと薦める獣医さんもいますし難しいです。その事も踏まえてもう少し要約して(私にできるか微妙ですが;;)記事にしたいと思います。

GAVI主さん、私のことは全然気にしないで下さいね♪なんだかGavi主さんに一番辛い思いをさせちゃったようで申し訳ないです。
Posted by GANBARUNEKO at 2006年04月26日 14:02
りゅうさん お久しぶりです。
3月28日にアメリカから はなも一緒に無事帰国しました!
日本での新生活のスタートを切るのが、予想以上に大変で 一ヶ月もPCに向かうことが出来ませんでした。。。

メイちゃんのこと、PCから離れている間も、ふっとした拍子に頭に浮かび、きっとりゅうさんの優しさに支えられて頑張っているだろうな・・・と思って(願って!!)いました。
メイちゃんの「生きる力」 本当にすばらしいですね。
久しぶりにお邪魔して、メイちゃんの頑張っている様子が読めて、本当に嬉しいです♪

これからは りゅうさんと同じ日本から、何の足しにもなりませんが、一生懸命お祈りしていますね!!
Posted by エイミー at 2006年04月26日 14:52
ごぶさたしています

メイちゃんの落ち着いた様子を拝見して、自分のことのように嬉しく思ってます

さてこの度、自身の病気のため、ブログ閉鎖しましたので、リンクを貼っていただいている「猫ろ陽」の削除をお願いします

命に関わるものではありませんが、すごーく長い闘いになると思います。

メイちゃんに負けないよう頑張って、闘病生活が笑い話になるころに、顛末をブログにしたいと思ってます

そのときは、またご挨拶に伺いますね
Posted by kurokoko at 2006年04月28日 10:05
り>Gavi主さん
既存の治療法についても、
いいって言われたり悪いって言われたりしますよね。
だから調べれば調べるほど、迷ったり悩むというか。
猫に体に良くて安全なものあげたいって言うのは、
みんな同じですよね。
Posted by り>Gavi主さん at 2006年05月05日 11:36
り>GANBARUNEKOさん
獣医さんだから何でも知ってるというものでもなくて、
その獣医さんが勉強して取り入れないと、
新しい治療法って広がっていかないですよね。
それまでは、試行錯誤というか、賭けというか。
でもまぁ、自分で選んで納得したものを使えば、
何にしても後悔はないと思います。
Posted by り>GANBARUNEKOさん at 2006年05月05日 11:42
り>エイミーさん
帰国してからも大変だったんですね。
更新されないから、大丈夫かなぁ…と思っていて。
みなさん元気な様子でヒト安心です。
これからはなちゃん、日本体験ですね☆
今はとても良い気候だから、うきうきしてるかな?
メイは良いような悪いようなが続いていますが、
それでも以前よりはいいかなと。
少しずつ巡回時間を作っていますので、
また遊びに行きますね☆
Posted by り>エイミーさん at 2006年05月05日 11:48
り>kurokokoさん
闘病生活、気が滅入ったり大変だと思います。
できれば気楽に、ゆっくりがんばってくださいね☆
再開した時は、また連絡ください。
Posted by り>kurokokoさん at 2006年05月05日 12:05
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/276045
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック