2006年05月19日

危篤ヤマ越え再び

06-05-20_11-12.jpg
風が部屋に通るようにいろいろ変えて。

15日にホメオパシーの継続相談をして、
調子がいいので最初のホメオパシー・レメディに戻ったメイ。
よく眠るなぁ・・・丸くなってるなぁ・・・と心配になってたけど、
先生の「レメディを変えるとスイッチが入って眠ってる事がある」って、
その言葉に安心していたのだけど。
昨日、一気に悪化した。
まるで、先月の危篤状態の時のよう。
どうして?
4月の危篤時はまったく食事を摂ろうとしなかったけど、
でも、今朝(18日)の朝ごはん、缶詰30gも食べたよ?
ごはんを食べる元気はあるのに、目はどんどん覇気がなくなり毛並みぼさぼさ。
何で?食べる元気があったのに何で?

私が友達に偉そうな発言メールをしたからだろうか。

当猫は、あげてももう自分に必要ないなら、体に伝わらないしね。
そういうのは多分、つらいけど、うまく回っているんだと思う。
その猫サンにはその猫サンの分のエネルギーの回転があって、
運命の輪が回っていて。
多少はホメオパシーや医療技術や薬やサプリでその「時間」は加減するけど、
自分の「分量」は決まってるんだと思う。
私の時間は私のもの、その猫サンの時間はその猫サンのもの、
メイの時間はメイのもの、☆ちゃんの時間は☆ちゃんのもの。
成は「自分の分量」の区切りが付いても、1週間の時間を私にくれた。
リナは「自分の分量」の区切りが付いても、数ヶ月の時間を作ってくれた。
うれしいよね。


自然は大きな力で回ってて、いろんな意味を持って回ってる。
間に合わない、じゃなくて、それが時間の分量です。
出来る限りのことをしたい気持ちは知ってるけど、自分の手を見ること。
心の疲れは、プラスの力の足を引っ張っちゃうよ。


だったら、メイが自分の分量の時間を使い終える時、
上記の自分の言葉に納得できるの?って、お試しなのかな;;。
思ってることは嘘じゃないよ。
でも、できればもっと一緒に生きてほしいって思うのも、ホントなんだよ。
私、こんなエラそうな事言える器じゃなかったんだな、やっぱり。
思い上がってるから、メイを通して諌められちゃったのかな。
もう、エラそうな事言わない。私はそういう器じゃないんだ。
絶対絶対、エラそうな事言わないから、
だから、メイが元気になりますように。

4月の危篤時にも覚悟をした。
メイがどうしても苦しいなら仕方ない。
ヤだけど、仕方ない。
でも仕方ないけど、でも、やっぱりヤダ;;。

ホメオパシー・レメディは再び4月の危篤時のものに替わり、
酸素ケージの前の床でメイを見守りながら眠る。
丸くなったまま、じっと目を開いているメイ。
「目を閉じないでじっとしてる時は、結構しんどい時」というのを聞いていた。
手足もちょっと冷たい。
トイレで排尿できない。
メイの手をにぎって「ここにいるからね、何も怖くないよ。大丈夫だよ」
気持ちはじたばたしていたのだけど、私は泣かなかった。
ただ、リナを思ってちょっと泣きそうになった。
あ、そうだ。リナって死んじゃったんだっけ・・・って。
リナが使っていたケージにハルがいるから、
リナもまだひっそりケージの中で生きているような気がしている。
そうだ。
リナはもうお墓の中だっけ。
「あの〜」って呼ぶリナは、違う世界に行ったんだっけ。
じゃあさ、まだメイを連れて行かないでよ。
リナみたいに長生きしてからだよって、メイに言って激励してくれないかな。

今日5/19の朝、1時間位眠って目を覚ましたら、
メイがケージの外、風の入る窓際で手足を投げ出すように倒れていた。
心臓がものすごく早く打っていた時にはもうだめだ・・・と思った。
起こしてきた妹がまぁ。にもらった聴診器で心音を聞くと、
「これ、昨日よりいいよ。昨日は遅すぎだった」とのコトバ。
え?ものすっごい超早だったけど?
メイのおなかに耳をつけてみると・・・さっきより心音が落ち着いている。
な、なんで?うれしいけど。

そして緊急水レメディを1分おき位にプシッとあげていたら・・・
メイはナチュラルバランスの缶詰を食べた。
2口食べて「もういい」と酸素ケージの中に自分で戻り、
1分間に1回位の緊急時頻度で水レメディを投与。
「める、これ魔法の水の強力版だからね」と私。
「めったん、魔法が効いてきたかな」と妹。

これよりちょっと弱い魔法の水は、メイは口にプシッとすると嫌がるのに、
この超強力版はそんなに嫌がらない。
繰り返すうちに、目も輝きが強くなってきて(妹が言うから間違いない)、
ケージの中で再び、缶詰をちびちび、ちびちびと食べてくれた。
弱弱しい中にも、ちょっと昨日とは違う良い雰囲気。
まだ心配は続くけどね、よかったぁ。
でも、午後のメールでまた倒れてたって言ってたし。
先月・・・どうやって乗り切ったんだろう。早く帰らなくちゃ。

今日の反省。自分の範囲のことだけ。偉そうなことは言わない☆
注射 Wキャリア&貧血(メイ:W)の最新記事】
ニックネーム りゅう at 14:47| Comment(12) | TrackBack(0) | 注射 Wキャリア&貧血(メイ:W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なかなか気持ちが休まらないけど、りゅうさんも体を壊さないように気をつけてくださいね。
りゅうさんが倒れると猫屋敷全体のバランスも崩れてしまうし。。。

ホメオパシー治療って、良くなる前に急激に悪くなることがあるんですよね、確か。
今の状態がそれに当たるのかもしれないですよね。
ゆっくりと、少しずつ前進していきましょう♪
Posted by 日本カモシカ at 2006年05月19日 17:37
り>日本カモシカさん
ちょっと前までFFやっていたのが夢のようです。
5月なのに梅雨みたいに雨が降って、
ムシ暑いから弱ったのかもしれません。
ごはんも食べていたし、トイレもまぁまぁなのに、
何で弱るんだろう;;って、ちょっとパニックでした。
先月の危篤状態はどうやって抜けたんだっけ…って、
記録メモを見たんだけどよくわからず。
まだ油断できないけど、水レメディあげることしかできないので。
あとは、快適療養ライフの環境作りかな。
弱弱しいけど、少し落ち着きました。
いつもサポートありがとう☆
これから出勤だけど、ちょっと安心・・・かな?
Posted by り>日本カモシカさん at 2006年05月20日 09:51
なんて言ったらいいのかわからないけど、メイちゃんは自分で何が必要なのか、何をしたいのかわかってるような気がします・・・ゆっくりゆっくり時々後ろすこしだけ振り返ってみたりしながら歩いてるのかな。ちょっとヤな坂がいくつかランダムにあって、うんとがんばってひとつ乗り越えると楽になってくの。・・・ホントはさ、そんな坂ない方がいいんだけどさ。でも、がんばって乗り越えるときっと前より楽になるって。
何もできないけど祈ってます。
Posted by Gavi主 at 2006年05月20日 13:45
安定しない天気に低気圧の到来。
人間でさえ体調を崩してしまいがちなんですから、体の小さい猫ましてや病気だったり老猫だったりするともっと影響が大きいんだと思います。
メイちゃん、自分の力で自分のペースでゆっくりと回復してきていると安心していただけに凹みも大きいと思いますが、きっとまたゆっくりだけど確実にメイちゃんのペースで調子を上げていってくれることと信じています。
ホメオパシーの好転反応でありますように。
今日よりも明日、明日よりも明後日、メイちゃんの調子が良くなりますように。
いつも祈っています。
りゅうさんも倒れないようにしてくださいね。
Posted by TAMI at 2006年05月20日 17:29
ふう・・・とにかくメイちゃんが大丈夫な様でヨカッタです♪
ウチのミイがちょっと前、具合が悪くなって、腎臓が悪いのですが、トイレに行ってもオシッコがあまり出なくて、でも本人はしたいから行くんだけど出ない・・・★を繰り返してて、病院行ったのですが、先生はちょっと諦めムードってくらい悪くなってたんです。
でも点滴して下さい!!ってお願いして、なんとかオシッコが出るように・・・って感じだったのですが、何か出来る事はないか・・・!!と考えて、フトりゅうサンとこでイフ使ってるじゃんね!!って思い出して、ウチも買ってみました!!
そしてそのイフをミイの寝てるソバに置いてみたのですが・・・。
イフが効いたのか点滴が効いたのか、今結構元気になってきました♪
一時的なものかもしれないけど・・・。
ミイも頑張ってるのでメイちゃんも頑張って欲しいです!!
Posted by 白雪 at 2006年05月20日 18:12
メイちゃん、ひとまず2口でも食べられたようなので、ちょっとホッとしました。。。
読んでいて、なんだか胸が熱くなりました。。。
私は、いろんな難しいことわからないけれど、でも きっとメイちゃんの生命力ってとっても強いんだと思います。
だって4月の時だって 頑張ってくれたし、すこしずつでもビックリするような力強さで前進しているのですもの・・・。

りゅうさん、ご自分を責めることなく 妹さんといっしょにメイちゃんの力になってあげてくださいね!!

Posted by エイミー at 2006年05月20日 21:15
何か励ましたくて
でも言葉にするは難しい
ただ
自分を責める事、しない様に
皆見守っている
大丈夫だから
Posted by ナガレ at 2006年05月20日 23:14
り>Gavi主さん
>メイちゃんは自分で何が必要なのか、
>何をしたいのかわかってるような気がします

これ、ほんとそうだと思います。
私は「こっちの方が涼しいよ」って移動させたいけど、
まったく動けないリナみたいじゃないから、
動きたかったら自分で動くはず。
最近はそうやって、自分に言い聞かせることが多いです。
暑ければ外で伸びてるし、復活したらケージに戻るし。
でも、ぎょっとしちゃうんですよね^▽^;。
ランダム坂かぁ。
メイががんばってるんだから、
私もランダム坂に備えられるココロ構えしとこう。
お祈りありがとう☆
Posted by り>Gavi主さん at 2006年05月21日 09:12
り>TAMIさん
ホメオパシーの好転反応ではないと思う;;。
下痢はそうかなー↑って思っていたのですが、
今回の衰弱は良くないものの気配でした。
ヘンな日本語ですが^-^;。
部屋の配置を変えて、風通しをよくして、
妹と二人でずっと様子を見ていたら、少し落ち着きました。
スフィンクス状態=香箱なんですね。
いろんな呼び方があってちょっと楽しかった^▽^。
有限会社猫屋敷。
でもやりたいことがたくさんあって、
何の会社作るのかはまだ謎です^▽^;はっはっはっ。
Posted by り>TAMIさん at 2006年05月21日 09:18
り>白雪さん
ミイちゃん、肉球に猫砂挟んで健やかに寝てましたね。
気になって様子を見に行くの、私も同じ^▽^。
ドアをそーっとあけて、中を除き見る、
はたから見たらヘンなヒトです。自分の部屋なのに。
ミイちゃんもイフ付けてみたんですね。
うちは酸素ケージとイフが同じ日に来たから、
W効果でメイを支えてくれてる気がします。
一緒に「奇跡☆組」に入れるといいね♪
Posted by り>白雪さん at 2006年05月21日 09:25
り>エイミーさん
メイが持ってる自分の生きる力を、
ホメオパシーの力が「がんばれ〜」って刺激するんですって。
この数日、妹と二人でせっせとホメオパシーの水をあげていて、
そのおかげか、今朝はずいぶん落ち着きました。
メイはこんなに強い力を持ってるんだ。
すごいねっていつも褒め称えています^▽^。
って、ようやく安心できる位の姿になったから言えますが。
強い力を持ってるはずなのに、
でも、何がその邪魔をしてるのかなぁ?
私も、日々精進でがんばります☆
Posted by り>エイミーさん at 2006年05月21日 09:36
り>ナガレさん
凹んだ時には、
みなさんの言葉を聞いたり思い出したり、
みなさんのblogに行って元気をもらっています。
泣かないと言いながら、わーっと泣いた後も、
みんなの言葉で元気が出ましたよ☆
いつもありがとうございます。
大丈夫大丈夫ってみんなに言われると、
「そっかーやっぱり大丈夫だよね」って上向きに^-^。
Posted by り>ナガレさん at 2006年05月21日 09:42
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/306364
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック