2006年06月02日

好きな食べ物と生きる力

今朝はメイがご機嫌。
ちょっとしか食べていないけど、違いが目に見えてわかる位ご機嫌るんるん

昨日の朝は、暑くなりそうだからたくさん食べてもらおうと、
早起きして「メイごはん」に備えたにもかかわらず、
ケージを脱出し、お風呂場に行き「絶対やだ」と歯を食いしばるメイ。
こうなったらもう、あきらめるしかない。食べさせても逆に弱るだけ。
食べて元気になってほしいのに、うまくいかない…;;。
時々は自分からどんどん(といっても少量)食べるけど、
大抵楽しくなさそう&つまらなそうな、食事timeのメイの表情と、
たくさん食べてほしいけど食べさせられない心の葛藤に、
私もこの食事の時間がとても苦痛になってきていた。
ちょっとだけの強制給餌でも、口にちゃんと缶詰団子が入らない時とか、
はあああぁぁぁ。と、私も気分が凹んでばかり。
「めるがせっかく口開けてくれたのに、ごめんね、下手っぴで」
どよーん。
25g食べてもらえた、よかったーと思う時も、
肝心のメイはためいきでもつきそうな表情で、腕に顔を乗せる。
どよーん。
メイのせいじゃないからね、といいながら、めそめそもうやだ〜(悲しい顔)日が続く。

それが。
昨日思い立ってお昼ごはんに…とちょっと置いたサナベルのカリカリ。
出勤した後で妹からメールで知ったのだけど、
「める、サナベル出したら姿勢を正して起きて食べだしたよ」
あんなにうれしそうなメイは久しぶり、とあった。ほんと?
06-06-02_08-03.jpg ほんと。

急いで帰宅して、夜、数粒のサナベルをメイに差し出すと…
起き上がった!ほんとだぁ。
もぐもぐあせあせ(飛び散る汗)もぐもぐあせあせ(飛び散る汗)と最近の食事ムードを一新するメイのオーラ☆
缶詰はいらない、っていうから今日はまあ、これでいっか。
ほんの少しのカリカリごはん。
それなのに、メイはすごくすごくうれしそうるんるんだ。
ほんとにね、目に見えて違うの。全然違うの。

そして今朝。
昨日のごはん総量はかなり少なかったにもかかわらず、メイは穏やか。
サナベルの粒は2粒、いそいそと食べる。でも2粒だけ。
あれ?と思って、急いでナチュラルバランスのツナシュリンプを出すと、
指先につけた缶詰団子をもぐもぐ、と食べだした。
量ってないからわからないけど、強制しなくてももぐもぐ食べてる。
ケージの中の小皿に、お守りのようにサナベル10粒置いてみたけど、
それは食べない。取っておいてるのかな?
サナベルの匂いって結構強いんだけど、私は食べたくないけど、
匂いがよくわからなくなってるメイには「おお!」って良いみたい。
メイが気分良さそうにしているので、強制給餌はやめてみた。
今日は休みだから、お昼に様子見てごはんあげられるもんね。
そうしたら。
メイが満足そうに身づくろいをはじめたのよ!
06-06-02_08-02.jpg
顔を洗って、足を上げて。
ひさーーーーーーーーーーーーーーーーーーしぶりに見た!
「ふんふんふんるんるん」って言いそうな、楽しそうな表情のメイ。
昨日とか悲しくてめそめそしていたけど、今日はうれしたのし涙だなGood
ちょっと時間を置いて様子を見に行くと、
今度は起き上がって、頭だけ床にくりんとつけて「ぐるぐるぐる揺れるハート
…超ご機嫌だ。どうしたんだろ…
トイレもちゃんと体全体が入ってから、排尿。おもらしナシ。
痩せ痩せだから、歩くのはすごくゆっくりで少しよろよろするけど…
久しぶりに見るその「ご機嫌さ」に、思わずびっくりして良くないこと考えちゃったたらーっ(汗)
違う違う、最後の力じゃないでしょ。
だってほんとに楽しそうなんだもん。メイの表情がかわいい

ホメオパシーの食事指導で、カリカリはたんぱく質的にいちばん粗悪だと注意された。
友達も言われたようだけど、
ドライフードはカロリーメイトのようなものですよね。
カロリーメイトだけを毎日食べていて、健康にいいですか?

そう教えられた。ちょっと極論過ぎると思うけど…
「生肉は消化が良いし、体に負担がかからずいちばん良い」といわれ、
そうかぁ。なるほどなぁ、とこの部分は思った。
でも。
生肉だけあげていれば、ビタミンとか足りないものはサプリで調節すればいいから。
という言葉を聞いて、え?と思ったのも事実。
そのプラスするビタミンとか必須栄養がどんなに天然のものでも、
サプリはサプリじゃないの?
人間が体にいいもの1種類食べて、あとはサプリ錠剤で…と同じじゃないの?
それって、本当に「健康的」なの?
もちろん人それぞれだけど、私はそういう考え方は好きじゃない。

いろんなサイトを回っていて、生肉に切り替えない人は食事に気を遣ってない、
みたいに書かれてる事もあった。
見ててなーんか、疲れちゃうんだよね。悲しくなってくるバッド(下向き矢印)
メイは生肉が好きじゃない。お刺身もそんなに好きじゃない。
そういう猫にさ〜じゃあ何あげろって言うのよ〜毎回強制かよ〜;;。
とか、だんだんイライラが募ってきてしまって、もうだめだと思った。

つけたしで書くけど、
生後数ヶ月のコマとその半年前生まれ位のもどきの姉妹猫は、
私が保護捕獲に成功するまで、セミを捕まえて食べてた。
それしか食べるものがなかったから。
そんなんじゃだめ>_<!って思って、大至急捕獲作戦を決行した夏。
自然界では生肉・・・っていうけど、
実際の野良猫は生の動物さえ食べられないことが多いよ。
口にできるものを何でも食べて、それでやっと生きてるのが野良猫だよ。
ササは両目が見えなくて、生の動物なんて追いかけられなかったよ。
家を持たない猫は、食べられるものなんて限られてる。
今の世の中で、肉食生活を送れる野良猫なんていても少数だと思うなぁ。

ごはんを考える時はいつも、
nyanmyupurinさんが言っていた「空気・水・栄養」を思い出してる。
サプリを考える時は、まるきちさんが言っていたように、
「体とおサイフに優しい健康生活」を考えてる。
いいものたくさん試してあげたいのはもちろんだけど、
引きこもりがいるうちの財政は厳しいんだ。
手持ちで揃ってるアズミラだって、十分いいものだし。これで行こう。

ごはんもね、私は(あくまでも私たち猫屋敷は)いろいろまぜまぜがいい。
消化能力が弱っていた時は、缶詰主体のごはんがいい。
元気を取り戻す時は、大好きなカリカリでいい。
ゴージャスに健康ごはんなら、友達が考えてくれる手作りごはん。
おやつ的に、こっそりサプリを(これでもかと)混ぜてる生肉。
メイのあの、楽しそうなうれしそうな「^▽^♪」雰囲気。
偉い人たちがいう健康論より何より、私にはメイの表情がいちばん。
こんなにうれしそうなメイを目の前にして、粗悪?不健康?なんてことナイ。
カリカリをあげていても、それが高いものでも安いものでも、
すべてが=健康に気を遣っていないって事じゃないよね。
猫屋敷長老のゆずはね、
ホームセンターで買う安いごはん生活が長かったけど、元気。
私は成がリンパ腫になったことで、着色料とか添加物を気にするから、
そのカリカリに戻ることは無いけど、
ごはんは「食べられる」が大切な根底なんだなぁ。
こうやって再確認しないと、私はうっかりおろそかになってしまう。
自分が思うことを、自分で責任を取る覚悟で進めばいいのかな。

ほんとに苦痛だったもん。最近の食事の時間たらーっ(汗)

明け方に目が覚めて、食事の事とかお金の事とか考え込んだり。
1年の中で5月後半から6月後半まで超ナーバスだから、
不機嫌さもイライラも臨界点に達しやすいんだよね。
規制が重くのしかかって疲れていた、私とメイ。
あまりにも負担になるなら、疲れるなら、やめよっと。そういういう食事も治療も。
注射 Wキャリア&貧血(メイ:W)の最新記事】
ニックネーム りゅう at 11:11| Comment(17) | TrackBack(0) | 注射 Wキャリア&貧血(メイ:W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りゅうさんこんにちは〜。
いつも「どうかな〜?」って見るだけでしたが、
今日はカキコさせてもらいますね(^^)

今までずっとカキコできなかったのが、何だろう、
私の少ない知識じゃなんの手助けにもならないし。。。
他にカキコしてくださる方が的確なアドバイスされているし
なんだかしり込みしてしまっていました。
でも沢山の情報があって、それでかえって混乱してしまったり
動揺してしまったりっていうこと、私もありました。
人間と同じで、彼らもそれぞれ性格や持って産まれたものがあるから、
その子にあった食事やライフスタイルを提供してあげるのが
一番じゃないかな?ってちょっと思いました。
誰かがそう言っているから、○○は体に悪い良いは、
飼い主の私たちではなく彼らが判断することのようにも思ったり。。。

うーん、上手く言えないのですが。。。

沢山ある情報を上手く使って、彼らに幸せに生きていてもらいたいなって思うのです。
まとまってなくてごめんなさい!
また遊びに来ますね♪
Posted by Megu at 2006年06月02日 12:35
メイちゃんからりゅうさんへのご褒美みたいな、そんな楽しそうな風景がこちらにも伝わってきます。
「食」ってもちろん大切だけど肩に力が入りすぎてちゃいけないですよね。
どんなにいいとされる物だってこちらが「体に悪いかも?」なんて思ってあげてたら悪く作用しそうだし、逆もしかりだと思います。
嬉しそう、おいしそうに食べてくれるのが一番ですよね♪
Posted by GANBARUNEKO at 2006年06月02日 15:18
私も生食派の考え方にはちょっと抵抗があるところもあって、自分の手作り食にサプリを使わないのは私自身が薬やサプリが嫌いだから猫にもあげられません。手作り食の本にはサプリが必ず載っているけれど、人間にもよくないものをどうして体の小さい猫にあげられるの?って思っちゃって。これは私の考え方だから異議を唱える方はいっぱいいると思いますが。凝固剤って体によくないのに「お気軽にビタミンとれるから〜」とか、そういうノリには自分はなれません。生肉は消化もいい、酵素もちゃんと生きてお腹に届く、でもそこへサプリ。私もいつも疑問に思うところです。
猫や犬が喜んで食べるといわれ、レビューでも読んで買った手作り食用のシーズニング。我が家では不評です。ちゃんと鶏のガラやモミジからスープやコラーゲンをとって、昆布や削りからダシをとって、魚の骨やアラでスープを作って、手間暇はかかるけど確実に食べてくれます。既製の加工物はお手軽になっている分、でもどこかにマイナスがあるはずと思っています。材料も包丁を使って愛情込めて、出来るだけすり鉢ですりつぶして…って手間はかかるけどお手軽でないプラスがそこにはあると思っています。(実際に東京の幼稚園で実験して結果が出ているらしいので、手間をはぶくのは自分が嫌でやっています。)
正しい答えって一つだけなのでしょうか?
完璧な食生活を送っても病気になる人もいます。
以前にもりゅうさんの所へ書き込みしたワイル博士の本の内容ですけど、理想の食生活とは、体にいい物を食品から食の理想的ピラミッド方式でとる事をすすめてはいますが『楽しい食事の時間を作る(楽しくない食事は栄養摂取にならない)。ご褒美で、甘い物やファーストフードなど、好きな物を食べるのはストレス解消になるのでOK』ともあります。←これって大事だと思います。そして『感情と健康は密接な関係にある』以上、楽しいって思えるごはんって大切だと思います。今は、前にも書いたけど、メイちゃんには生肉が必要なのではなくて『美味しいって思えて食べられるごはん。』これにつきると思います。
Posted by nyanmyupurin at 2006年06月02日 18:24
猫もおウチのヒトも楽しいのが一番だと思います♪イヤな気分の食事はどこかで負担になるんじやないかな・・・
たとえば、もしウチのビー助がごはんをたべられなくなったら、今おやつにあげてるザナベ▲も食べられなくなったら、私は昔ナチュラルフードにさほどこだわっていなかった頃ヤツが大好きだったロイヤルカ○ン試してみると思います。保存料はよくないけど香りが好みの猫さんも多いし、食べないよりは何倍も何倍もいいもの。
ウチの食事は今はたまたま生肉がメインで、ヤツの持病の治療のためにビタミンなんかのサプリをめいっぱい混ぜ込んでますが、ヤツがもっと元気だったら、飽きたら加熱肉も混ぜるし、たぶん栄養充足のために追加するものもせいぜい合わないときにマルチビタミンを使うか使わないかだと思います。サプリを使わない手作りごはんの考え方の獣医さんもいらっしゃるし。レバーやハツ、オイル、魚、ゴマとか海草、ビール酵母、そんなものでフツーの猫はなんとかなるんじゃないかとも思います。
いろいろな考え方があるけど、猫も人間も楽しくごはんが食べられればそれでいいんじゃないかなぁ・・・とはいえ、「もっと食べてほしい」とか「これは好きかもしれないけどダメだよぉ」とか悩んじゃうんですけどね・・・(^^;)
りゅうさんちはりゅうさん流でゆっくり楽しく無理せずがんばってくださいね♪それがメイちゃんにもみんなにも一番だと思います♪
Posted by Gavi主 at 2006年06月02日 19:41
う〜ん、うちはまるっきり食事には気を遣っていないなぁ。
( ̄〜 ̄)ξ
人間ですら友人が来る時以外は、かなり地味な食生活。サプリメントはアミノ酸が筋肉痛に効くので時々飲んでいますが・・・。
猫達にはドライ以外に最近少しずつ生魚なんか与えてみたりしますが、2匹とも興味無しって感じですね。
野良の子として生まれたてで拾われ、実家で20年以上生きた猫はドライフードとベビースターラーメンで育ったようなものでした。
固体差は相当あると思います。
個人的には、ご飯は楽しく食べるっていうのが一番大事な気がします。
病気がちで隔離して育てている食の細い子を、他の猫達と一緒の場所で食事させるようにしたら、よく食べるようになったって話も聞きますよ。
メイちゃんの『楽しい』って何だろう・・・。
Posted by ヨッスィー at 2006年06月02日 22:42
メイちゃんのオイシイが見つかって良かった(>▽<)
オイシイ=嬉しい=楽しいになると私は思ってます。
嬉しい・楽しいは生きる力をアップしてくれる。免疫力もぐんぐん上げてくれると私は信じています。
メイちゃんの満足そうな顔♪それを見ているりゅうさんの嬉しそうな顔を想像して、私も嬉しくなっちゃいました(*^^*)
おいしそうに食べてくれるって本当に嬉しいですよね。
食事は「美味しく」「楽しく」が一番かなーって思います。
いくら体にいいものでも「これまずいんだよねー」「食べるの嫌だなー」って思って食べると、逆にストレスになって体にいい影響がでないと思うんですよね。
逆に「美味しい」って思って食べるごはんって、その成分以上にいい効果が体にあると思うんです。
精神的なものが体に及ぼす影響ってとっても大きいですからね。

市販のカリカリだけを食べてても20歳まで生きるコもいるし、カニカマだけで長生きするコもいる。
逆に食事に気をつけていても短命なコもいる。
どちらが猫のことをより考えているとかじゃなくて、そのコの生きる力の差なんだと思います。
生肉食もカリカリも缶詰もサプリも、その時々で必要なものを、その時々でチョイスすればいいんじゃないかなーと思います。
「ねばならないっ!!」って疲れちゃいますもんね。
猫屋敷流でOKですよ。
どんなに素晴らしい栄養成分のごはんでも、メイちゃんが「美味しい」って食べてくれるものじゃなきゃ意味がないですもんね。
食事はおいしく楽しくが一番♪
これからも、メイちゃんのウマウマごはんが続きますように(^^)
Posted by TAMI at 2006年06月03日 02:08
そうそう!
ご飯は美味しいのが1番ですよね!
うちも手作り食に切り替え中ですが、いろんな本を読んでみて “サプリ” を入れるってとこで ?? って思っちゃったんですよ。
うちでは今のところ、自分の料理法に自信がないからサプリ使ってるけど、人間は食事にサプリなんて入れなくてもバランス取れてますもんね。
生食も、私は本を読む限りどうも賛成できないことが多くて、うちでは肉は半生で与えてます。
生肉に熱湯かけて霜降り肉♪
それに野菜を加えて♪
お肉も柔らかくて暖かいから、肉の匂いも引き立って食欲が増すみたいです。
でもターディス嬢はやっぱりカリカリ大好き(笑)。
手作り食を食べたあとに、いつも少しだけカリカリを挙げてます。
食べてくれたご褒美で。
イヤなことばっかりで食べるのが嫌いにならないように、バランスを取るのも大切ですよね!
Posted by 日本カモシカ at 2006年06月03日 03:41
りゅう>ALL
みなさん、いつもありがとうございます☆
メイは数日前とまるで違って、
今日は妹が部屋に入った途端ごはんの催促で、
酸素ケージからわざわざ出てきたそうです。
メイの楽しい^▽^♪は穏やかに続いています。
アドバイス、応援、お祈り、みなさんのおかげです☆
早起き続きで超激眠いので、返事と巡回はまた後で…
油断はできないけれど、
しあわせだなーって安心して眠れる日が来るとは^_^。
床じゃなく自分のベッドで眠ります。おやすみなさい☆
Posted by りゅう>ALL at 2006年06月03日 21:55
こんにちは!
このところダイジョウブかな。。とハラハラしていました。
メイちゃんゴキゲンに過ごしているんですね!
やはり好きなものが一番生きる力につながると言うことでしょうか。
入院患者さんでも同じ事が言えるかもしれません。
病気によっては当然きっちり制限しなくてはいけませんが、
メイちゃんの場合はまず食べる事に重点を置いた方がよいようですね。
悩む事はあると思いますがりゅうさんが一番メイちゃんを知っているのですから!
がんばってあげてくださいね。
Posted by shushu at 2006年06月04日 13:21
り>Meguさん
いえいえ、私だって知識は補っても足りないばかり。
それを、こうしてみんなが励ましてくれたり、
サポートしてくれるからこそ、です☆
みんなきっと試行錯誤組だから、いろいろ話してくれるとうれしいです^-^。
私も、塩分だめだから!とかいって生ハム取り上げられたら…
そりゃあやる気もなくします。
ごはんって大切な人生のイロドリですね>_<。
メイは今日もおいしそうにもりもり食べました。
このメイの姿や行動を見れば、
何がいいのかって…メイが好きなものがいちばんですよね♪
Posted by り>Meguさん at 2006年06月07日 19:38
り>GANBARUNEKOさん
体に悪いからという理由でカリカリを取り上げて、
結果としてメイを衰弱させてしまいました;;。
2ヶ月ムリをさせた結果、激やせです。
栄養よりもまず、食べたい気持ちが大切だってわかりました。
肝心のごはんで嫌気が差していたせいか、
栄養もサプリも全然効果を発揮できませんでしたよ…
これから同じ時間をかけて、
メイを元のふっくらさんに戻してあげなくちゃ!
Posted by り>GANBARUNEKOさん at 2006年06月07日 19:42
り>nyanmyupurinさん
前にも言われて改心したはずなのですが、
良くないといわれてムリをさせてしまいました。
どう考えても、
メイにとってはマイナスでしたね、先日までの食事は。
今はカリカリをもりもり食べて、動き回れるようになりました☆
下痢もしないし、トイレはちゃんとできてるし。
ムリをさせていた時はヤケになって、ケージ内でトイレしてましたから…
ケージの中で眠るだけ…って状態までムリさせて、
良かれと思ってしたことだけど、メイにはムリだったみたい。
同じ時間をかけてメイをふっくらさんに戻してあげて、
安心してだっこできるようにがんばらなくては!
免疫力が落ちてる動物への生肉は、日本カモシカさんが注意報出してくれたし。
いろいろ気をつけて、良いとこ取りして、それでいいですよね^▽^。
本…探してみよう。
Posted by り>nyanmyupurinさん at 2006年06月07日 19:49
り>Gavi主さん
手遅れになる前にやり直せて、よかった☆
やっぱり食べないとサプリも何も、栄養になりません。
それが心底わかりました…>_<。
メイ、すごくうれしそうにもりもり食べます。
吐かないし、下痢もしないし。
栄養的にどうこう言うのは、それは2の次であって、
食事から取れる「栄養」と「気持ち」って重要なんですね。
ホメオパシーはすごいなぁって今でも思うけど、
この食事論がついてくるならちょっと躊躇ってしまいます;;。
だって、カリカリを食べるメイの方がはるかに健康的だもん。
無理を通してメイが弱るのは、本末転倒ですよね☆
Posted by り>Gavi主さん at 2006年06月07日 19:55
り>ヨッスィーさん
長老のゆずも病気ナシ!の元気ですからね☆
何がいいのかっていうのは、その家庭に寄ると思います。
というか、今回しみじみ実感しました。
栄養があるものでも、栄養補助サプリも、
ちゃんと効果が発揮される体の調子じゃないと…
イミがないんだなぁって。
メイにとってはカリカリがいちばんのようです。
毎日毎日、楽しそうにもりもり食べますよ^▽^。
何度見ても楽しそうで、私もうれしくなってきます♪
手遅れになる前にちゃんと気づけてよかった☆
そうか…
ガツガツ食べる猫同士集まってるから、
さらにガツガツ度が高まるんですね、1F組は…^▽^;。
Posted by り>ヨッスィーさん at 2006年06月07日 20:56
り>TAMIさん
>オイシイ=嬉しい=楽しいになると私は思ってます。
ほんと、その通りです^▽^。
メイ、毎日うれしそうにいろんなカリカリを食べてます☆
ごはんを心待ちにしてケージから出てきて待っていたり、
姿勢を正して食べたり。
おかげで部屋の中を動き回る元気が出てきました。
先週はケージの中でぐったりだったのに…
ごはんの力、「好き」の力は偉大ですね!
食べ物のありがたさをシミジミ考えました。
ほんと、メイがごはんを食べる姿はうれしいです^-^v。
Posted by り>TAMIさん at 2006年06月07日 21:03
り>日本カモシカさん
先日まではほんとイヤイヤ食べているのがわかって、
それで私も余計に辛くなって…の悪循環です。
肝心の食事の時間がつらくて仕方なかった;;。
それが一転して、
メイはごはんを心待ちにしています^▽^。
もりもり食べ、うれしそうにぐるぐる言って、
立ち上がったり、ケージから出て歩き回ったり、外を見たり。
今日はひさーーーーーーーーしぶりに一声鳴きました☆
カリカリがいちばん好き!って猫もアリですよね。
好きなものがこんなに気持ちに影響を与えるとは…驚きです。
Posted by り>日本カモシカさん at 2006年06月07日 21:07
り>shushuさん
猫屋敷へようこそ&励ましありがとうございます☆
おかげさまで、食事の時間が楽しくなりました^▽^。
がっつり食べるその姿を見て、私もうれしくて。
先日までとは一転して、良い感じの循環になっています。
食事制限しなくちゃいけない病気もありますが、
こういう「好きなもの」も一概に悪いものじゃないですよね。
何にしてもメイがうれしそうに食べるのがいちばんです♪
毎食、うれしいなぁよかったねぇの連発です^▽^。
Posted by り>shushuさん at 2006年06月07日 21:11
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/323195
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック