2005年07月27日

しっぽの奇跡

050727a.JPG 本日のはね:マウス枕?
Sunnyさんや沙雪さんをはじめ、みなさんに心配していただいていたはねのしっぽ。
はねを拾った時、しっぽの先が切れて壊死を起こしていたコトは以前書いたのだけど。
はねがもっと大きくならないと病院全身麻酔のしっぽの手術はムリ。
血行を良くすると悪い所が広がってしまうから、マッサージも逆効果。
どうにかしてあげたくても、私にはどうすることも出来なくて、
しっぽが半分になっちゃっても「はね」は「はね」だ手(グー)と開き直るしかないもうやだ〜(悲しい顔)
当のはねが猫ミルク飲んで、ごはんを食べて、
しっぽの長さよりカゼを治して元気になるのがまず先決。
だよね。
それはわかってるんだけどさ。

でも、それでもしっぽの状態が気になる。
壊死を起こした箇所から2cm位、
だんだん皮膚がカサカサになり、
薄いカサブタのようになり、なによりしっぽ自体がヘンな色、
ヘンにぐにゃっとしてしまっていた。
猫のしっぽを触るとしっかりしてるでしょ?
それが、骨がないようなヘンな感触。
ひやりとした冷たいしっぽ。
色と感触が、部分的な死が広がってる事を嫌でも見せる。
しっぽの先端は既に、真っ黒で萎縮していた。

そして異変は起こったどんっ(衝撃)
<妹のメール>
はねぷんのしっぽの先がなくなった。カメラ撮った。

・・・へ?
sippo1.jpg ホント?
映画 拡大&カラー調整
sippozoom.jpg
慌てて帰って見てみると、確かに先端がなくなって血がにじんでいた。
数日痒そうにしていたけど、自分で食いちぎったらしい・・・
すごいなぁ、はね。強い子だねぇ。

そして数日。
病院の先生も驚いていたのだけど、はねのしっぽはしっかりしてきた。
かさぶたがなくなり、弾力が戻り、毛も生えそろってるぴかぴか(新しい)
あ、あれ?手術しなくても大丈夫になってるたらーっ(汗)
何がどうしてこうなったのかはわからないけど、
はねはエンゼルキャットだから、運がよかったんだねハートたち(複数ハート)
そんなワケで、はねは自分で小さな死を蹴散らしましたるんるん
みなさんのお祈りのおかげですかわいいありがとうわーい(嬉しい顔)
くすり しっぽの壊死(はね:W)の最新記事】
ニックネーム りゅう at 12:03| Comment(8) | TrackBack(0) | くすり しっぽの壊死(はね:W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りゅうさ〜ん〜!!!
良かったですね〜〜〜!!!
最初、「続きを読む」の前まで読んでる時は、
ああ、そんなにひどいのか・・・、と
どんよりとしてしまったのですが、
「続きを読む」と!!!
神様、ありがとうございます!!と
手を握りしめちゃいました(*^_^*)
本当に嬉しいですね!
本当に良かったねえ、はねちゃん♪
Posted by Sunny at 2005年07月27日 14:47
りゅうさん はねちゃん強いねよかったです
今日牛を買っている方が牛のしっぽを切る話をしてたので どうしてきるか聞いてみました
しっぽの軟骨のところに輪ゴム(専用のものらしい)を掛けると1週間ぐらいでぽろっと落ちるとのこと びっくりしました
猫とは違うのでしょうけどひどいことをすると思い牛が可哀相に思えました

はねちゃんはやっぱりエンゼルちゃんですね
何より手術をしなくて治りそうというのがとても嬉しいです
Posted by つー at 2005年07月27日 17:14
良かったね〜りゅうさん。
はねは強い子だね。
どうなるかと心配していたけど、自分で何とかしちゃうんだね〜
はやくしっぽの傷も治るといいですね。
Posted by たけ at 2005年07月27日 21:22
>Sunnyさん
カサカサな皮膚とかヘンな色とか、
これがどんどん広がっちゃったらどうしよう・・・
とかいろいろ心配だったのですが。
でもできるのははねを元気にすることだ!って
しっぽはなるようになるだろうって覚悟してたんですよねー。
そうしたら、あれ?って展開になってました^▽^!
今でもホント不思議なんですよー☆
でもみなさんのお祈りのおかげですね^-^。

>つーさん
牛はどうしてしっぽ切るんでしょうね?
識別番号みたいなものなのかな・・・
牛はゴムまかれて痛くないのかな・・・
考えるほど謎ですねぇ☆
もうハゲも治りしっぽも体温と同じ温かさだし、
手術しなくて大丈夫だと思います^▽^。
自力で解決しちゃうんだから、
エンゼルキャット、並みじゃないですね☆

>たけさん
ホントよかったですよ〜^_^☆
しっぽの傷ももうキレイになって、
ヘンなかさぶたもないし毛も生えたし。
普通のしっぽと変わらない位に回復しました。
動物ってすごいなぁと改めて感心。
だって、かなり大変そうな手術の話を病院でしてたんですもんね。
手術しなくてでい丈夫だと思うから、ホントよかったです。
Posted by りゅう at 2005年07月28日 00:10
良かったですね〜〜〜!!!
動物の生命力には時々驚かされます。
こんな小さい子猫ちゃんなのに、自分で自分の治療しちゃうなんて、将来が楽しみですね♪

そう、私のブログにリンクしてもらっているのに気付きました。 ありがとうございますっ!
うちでもリンクさせてもらいましたね。

そして早速なんですが、うちのタマの“彼女候補”がやって来ました〜〜!! 
8ヶ月の女の子です。
りゅうさんの所では、どうやって新しい子を先住猫ちゃんたちに紹介してますか?
新しい子なんですが、タマの匂いを嗅いだだけで『シャー!!』と威嚇してるんで、ちょっと心配です。。。
Posted by 日本カモシカ at 2005年07月28日 21:17
>日本カモシカさん
しっぽを見るたびにフシギだなぁ。
よかったなぁって思います^_^。感心感心。
タマちゃんの彼女!
うっかり頭痛で出遅れてしまいました;;。
早速お邪魔しなくては☆

新しい猫を家に入れる時はすごく気を遣います。
子猫だとがっぷりやられると命に関わるので、
まずはケージの中で猫社会を見てもらいます☆
はねとなるはもう1Fで跳ねまわってますよ♪
Posted by りゅう at 2005年07月29日 09:07
マウス枕のはねちゃん・・・
何か考え事ちぅなのかな〜??

ん〜改めて動物の生命力って強いね。
生命力っていうか治癒力がすごいんだろうなぁ
ものすごい病気とかそうとうの怪我っていうなら無理だろうけど、ちょっとした怪我ってササちゃんみたいに「なめてなおせばいいんだもん」って思っちゃうんだろうな☆
はねちゃんも自分の死んでいたしっぽの先を「こんな先いらな〜い☆」ってちぎって、残りのしっぽを自分で生かしたんだろうね。
うんうん。小さくてもやることが大きいぞ、はねちゃん☆
Posted by 沙雪 at 2005年07月31日 21:30
>沙雪さん
はね、あのカッコでうつらうつらしてました^_^。
今でもフシギに思ってしっぽをまじまじと見てみるのですが、
さすがに先端は毛が生えないんですよね。
白っぽい骨が見えて、それをちゃんと皮膚で覆ってます。
あのヘンなかさかさぐにゃはどうしたんだろう。
いつも思うけど、どんな状況になっても生きる姿勢だけだもんね、動物達って。
ホントすごいし強いなぁって思う。
ヒトはそれを高めてあげるお手伝いだけだね^_^☆
Posted by りゅう at 2005年08月01日 17:41
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/32677
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック