2012年12月28日

肉腫と失血

120902_1535~01.JPG

棒状に固まった左足。
でも、それを支えにしてシロさんは体勢を立て直したりしています。
ももの付け根から断脚していたら、自分で立ち上がったりできなかったね。
動かない天の腕と一緒で、動かなくてもリッパなシロさんの脚。

夏頃からの問題は貧血。というか失血。
立ち上がれなくなってから出てきました。

両腕の力で立ち上がろう、移動しようってがんばるから、
テーピングしたももの部分がずれて、出血しちゃうんだよね。
肉腫の部分が前述の写真のように大きくなってから、
部屋に戻ってきたら、畳が血の海・・・ということも数回ありました。

ほんとに、血だらけ血の溜りで、ぞっとするくらい。
シロさんは肉腫で弱ってるというより、大量出血のせいで弱ってる。

私たちに出来ることは、
出血しないように、
化膿しないように軟膏とテーピング。
くっつく包帯も30個まとめ買いしてきたよ!ぴかぴか(新しい)

抜歯しているシロさんは、カリカリの粒も飲み込めるので、
栄養価の高いごはんとしてザナベレ。
あと、あまりムースっぽいのは好きじゃないのでとろみのあるパウチ。
栄養ありそうな猫ミルク。
a/d缶も大量に買い込んだよ!ぴかぴか(新しい)

赤血球が作られるのって3週間かかるんだよね?
少しでも血がたくさん作られますように、早く作られますように、
ペットチニックをまぜる。

でも、何かの拍子で血が吹きだします。
いきなりお母さんに呼ばれ、シロさんの出血を手で押さえてる間に、
私が油紙と包帯で止血をかねたテーピングとか・・・
「これじゃ血がおいつかないよ」って、何度も怖くなった。


9/27。
西の地から妹にメールしたけど返事がなかった。
お母さんにメールしたら、
夜遅くなってから「仕事が忙しかったんだよ」って返事がきた。

9/30に、やっぱりおかしいな、と思ってお母さんに電話をしたけど、
「みんな元気なの?」と聞いても、「うん」
「シロさんも元気なの?」と聞いても、「みんな寝てたんだよ」

10月に帰宅してから、
シロさんが27日の明け方に旅立ったことを聞きました。
blogにシコリ記事を載せてから、ちょうど1年・・・
状況を聞いたけど、最期はやっぱり、失血によるもの。
前日の夜に、再び大量に失血してしまったんだって。

あの時、なぜか今日メールしなくちゃ…と思ったのは、これかぁって。
八重の時と同じ。
私が心配しすぎて倒れないように、おかしくならないように、
お母さんも妹も、出先では猫の異変を絶対に告げないんだよね。
察知されないように、妹は返事をしなかったんだね。


シロさんはそれでも、トイレの周りに敷いたトイレシーツ以外に、
シッコをもらさなかったよ。最期までえらかったんだよ。

とお母さんが言っていました。
動かない体でも、トイレだけは絶対・・・ってがんばる子が多いよね。
力がなくてもらしちゃう子は、どんなに自分自身に悔しいんだろう。
ムリしなくていいのに、我慢しなくていいのに。
えらいね、よくがんばってくれたね。

威嚇しまくってた大きな白猫。
でもほんとはすごく甘えん坊の優しい子でした。
抜歯をして痛みがなくなってから、元気に健やかに暮らしてくれて。

うちに辿り着いてくれて、ありがとね。またね、シロさんかわいい

シロさんが旅立った日、
お母さんが新聞でふと「繊維肉腫」という記事が目に付いたんだって。
それを読んで知ったことを教えてくれました。

肉腫は載せた写真のように外側にも大きくなるけど、
成長が止まったと見えても内側にも大きくなってるんだって。
だから、神経だけじゃなく血管を圧迫して、圧迫して、それでも成長して、
血管をちぎってしまうことがあるんだって。

ああ、だから血が噴き出すのか・・・

我が猫屋敷は、成の死から10年。
いろんなことを知った。
いろんなワザを身に着けた。
でも、10年経っても、初めて知ることってまだまだたくさんあるね。

有り余ったくっつく包帯は、
何かあった時にいつでも使えるから安心だよ、って妹が言ってくれた。
有り余ったa/d缶は、10歳を過ぎて少し細くなったキリとまるに。

今は大きな病気もなく平穏な我が家。
ニックネーム りゅう at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 注射 繊維肉腫(シロさん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3369689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック