2013年06月11日

スコ、初めての電車旅

6/10。
猫屋敷へ里帰り&都内で新しい子猫を貰い受けました。
空輸はちょっと心配だったので、帰省ついでに新幹線で都内にいけばいいやひらめき
ということで、でも動物を連れての電車旅なんて初めてなので、
ネットであれこれ調べたもののどきどき。

130610_1639~01.JPG
初めて見た感想は・・・「小さい!」
見れば見るほどこの子以外はないなぁっていう気持ちになります。
ヒトなつっこくてかわいいスコティッシュフォールド君。

電車の時間があるので慌しく来店してしまったけど、
予めメールで到着時刻などを連絡しておいたおかげで、
20分で準備して無事に帰りの電車に乗ることができました。

行きの新幹線と違って子猫がいるため、
何かあったらデッキに行きやすいように帰省の電車はグリーン車四葉
130610.jpg
緑の窓口で子猫の切符くださいと告げて、
レシートみたいな手荷物の切符(270円)をもらいました。

130610_1749~02.JPG
最初は鳴いていたけど、静かな車内で落ち着いたのかな。
キャリーのドアの近く、手の近くにずっといます。
拾った子でもお店で見つけた子でも、同じだね。

我が家に来てくれてありがとう。
生まれてきてくれてありがとう。

私の指にくっついてうとうとするちびスコに、
自然と「ありがとう」って言葉が出てくるよ。

お店で買う位なら不幸な子を引き取って・・・ってよく聞くけれど。
私もそう思ってきたけれど。
里子探しをしてから、ペットショップにいる子なのにひどい状態の子、
カゼが原因で目がなくなったササと同じような子も見た。
道端で出会うのもネットで出会うのも、お店で出会うのも縁に変わりないんだね。

すべての猫をしあわせにすることは、私にはできない。
それはずっと前に、猫屋敷でわかったこと。
小さなことだけど、私にできること。
私の手が届く範囲は、自分でよくわかってる。
だから、その中で、縁があって出会った子を大切にするんだよ。

130610_2231~01.jpg
そんな気持ちも伝わるのかな。
到着した猫屋敷では、
ひとまず他の猫に会わないように完全隔離にしたけど、
初対面の母にも妹にも物怖じしないで跳ね回っていました。
肩にもポイントがあるんだけど、キレイなグレーの羽模様。
目も、はねに似ているの。
子猫はたくさんいるけれど、羽模様の子に会える確率ってそんなに高くない。
見れば見るほど、愛着が増していきます。
スコティッシュって全然念頭になかったけど、見てよかった!

猫屋敷の面々は・・・
私の声が聞こえてすぐ反応したのは「なる」
「なーちゃん」って隣の部屋で返事をしたのにいつも通りの反応。
大猫部屋に入ったら、すぐになる&栗&空は突進してきたぴかぴか(新しい)
華ともどきはちょっとして「あ、りゅうか!」って感じ。
ちゃっぴーは相変わらず触れないので、遠巻きに見てたけど。
この部屋に6匹かぁ・・・少なくなっちゃったね。
ニーコがごはんを食べていたケージで、がんばったね、ニーコ。って。

2Fでは、キリはまったくブランクを見せないいつもの反応。
以前よりよくしゃべるかな?
「うーたん!」って声かけたら、きゃきゃきゃって鳴いたよ揺れるハート
うーたんもブランクなし。
かわうそ天は、きぬにつられて尻尾が膨らんだけど、2分位で私を認識。
まるは・・・私ってわかってるような、撫でたりできるけど近寄ろうとすると逃げます。

そして問題のきぬ。

あいつめ、「このヒト何者!」状態でした。
私がいるとごはん食べないし、逃げようとするし。
予想していたけど、3ヶ月離れてるとすっかり忘れるのか!
(翌日やっと「あ、ママだ」って感じに鳴きましたたらーっ(汗)

猫屋敷のみんなに帰省のあいさつをして、和室にいる子猫のお相手。
子猫って、こんな動きだったっけ?
走るというより跳ねてるよね?

それに、うとうとするんだけど・・・跳ね回る走り回る。
子猫は一日の大半寝て過ごします、ってお店の資料に記載されてるけど、
夜中の2時まで元気に跳ね回ってました。
130610_2234~02.jpg
トイレもちゃんとできたので、ヒト安心かわいい

お迎えにいく時に、
西の地から新幹線にNEWキャリーケースを持ち込んでいたら、
先に乗っていた隣の席の男性に話しかけられました。
どうみても動物を入れるキャリーバックなのに、
私はそこからペットボトルのお茶とかクリームパン取り出してたからねたらーっ(汗)
そこから、新幹線の話や絵の話、西の地の話などで盛り上がって、
なんか、旅のいいところを実感できるような時間を過ごせました。

でも、ハードのキャリーケースって翌日筋肉痛になるねたらーっ(汗)
犬(足) #猫屋敷の子猫時代の最新記事】
ニックネーム りゅう at 18:14| 犬(足) #猫屋敷の子猫時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする