2015年12月22日

2日という時間が隔てるもの

先月急遽、帰省を決めた。
2つ理由があって、
1つは栗の腰あたりになにか塊があると連絡を受けたこと。
シロさんみたいな肉腫だったらマズイという事で、手術する事になった。

もう1つがまるちゃん。
秋になって寒くなった頃、一時あまりごはんを食べなくなった。
でも妹がa/d缶とかk/d缶を用意して、その後普通に食欲が戻ったんだけど、
お母さんがふと「まるちゃん、年内もつかなぁ」と電話で言った。

ごはんたべるようになったって(妹)が言ってたよ??って聞き返したら、
まぁお年寄りだからねぇって。
それでなんとなく不安になって、栗のこともあるし帰ろうって決めた。
でも、その後のまるちゃんは空腹時の泡を吐くけれど、
小分けにちょくちょく缶詰をよく食べているらしく、みんなで安心していた。

まるちゃんに缶詰送ろうかなーと思っていたけど、
妹が買ったって行ってたし、実家に帰ってから買いに行けばいいかな。とか思って。

栗の手術には間に合わないけど、予後もあるし。帰省は中旬。
もちろん、まろを連れての新幹線の旅。

栗はセンターからの結果で、悪い腫瘍ではなかった。
抜糸の時についていったら、院長先生が私を見てびっくりしてたよ。
いるはずのない人がいる!って。
で、説明を聞いたんだけど。

簡単に言うと、脂肪が壊死してそれが石灰化したもの、らしい。

り「栗がでぶで脂肪に血が行かなくなって壊死したんですか?」
先生「いや・・・そこまでおでぶでは・・・」

脂肪にも血管があって、それが何かの衝撃
(どこかにぶつかったとか、↑ケンカしてひっかかれたとかそういうのが元で)
を受けて血が行かなくなって壊死して起こるんだって。
脂肪にも血管がついてるって知らなかった。なるほどー。
猫に腫瘍ができると悪いものの確率が高いけど、よかったね、って。
うん。よかったよかった。


で、久しぶりの実家では、大猫部屋の5匹(今思うと5匹って少なくなったね)は
時間の流れが違うのか、いつもと変わらずに出迎えてくれます。

今回は天もキリもQP(きぬ)も私を思い出すのが早かったヾ(・∀・)ノ
うーたんは意外にも・・・私から逃げ回った( ;∀;)

あー、おなかすいた。パン食べよう。
って座った私に、お茶を淹れてくれたお母さんがあごを「ふいっ」てやった。
そっち見て、って。

その先では、まるちゃんがお昼寝をしていた。

「おー、まるちゃん。今日はかご(プラスチックのケースにお布団敷いてある)でおひるね・・・」

お昼寝じゃなかったよ。
まるちゃんは、名前の通り丸くなって、静かに眠っていたよ。

「りーが帰ってくる2日前だよ」

2日後には帰ってくるんだから、それまでは私に教えないって妹と話してたんだって。
そう言えばシロさんの時もそう。
あの時も、この2人からのメールや電話が急に途絶えたり、返事が遅くなったっけ。
ある意味わかりやすい2人。
そして、「缶詰送ろうかな・・・でもあとでいっか」
あの時にふと、送らなかった事を後悔するかも、ってちらっと脳裏に浮かんだんだよね。
そういうのって、やっぱりあたるんだ。
酔い止め薬が妙に目について、買っておいたら今回飲んで役にたったのと同じように。
ああ。やっぱり送ればよかった。

でもさ。うそでしょう?
まるちゃん。
ちょこちょこごはんを食べていたけれど、旅立つ前のササのように細くなった体。
今までのみんなもそうだったけど、
生きている時はもうちょっとふっくらしているように見えるのに、
死んでしまうと急にその細さが際立って見える。

2日。
たった2日の差で、生きているまるちゃんに会えなかった。
まるちゃん、2日だよ。あと2日待ってくれたら、私帰ってきたのに。
どうしても待てなかったの?まるちゃんに会うために帰ってきたんだよ。

お母さんと妹のメモには、
母「まるちゃんがあんまり缶詰たべないよ」

妹「違う缶詰があるよ。同じ缶詰だと嫌な時があるみたいだよ」
そんなやり取りが書いてあった。
亡くなる前日、
まるちゃんは2Fのりゅう部屋にひょこひょこ階段上ってやってきたって
帰宅した妹に聞いた。
全然、旅立つ気配なんてなく、ごはんもちゃんと食べてたんだよ、って。

半ノラだったまるちゃん。
大人になってからうちに来たから正確な年齢はわからないけど、
ゆずみたいに老衰なんだろうね。
苦しそうな様子もなかったそう。
その姿に会うことは会えたけど、
でも、「なー」って見上げて鳴くまるちゃんに会いたかったなぁ。
今でも頭に浮かぶのは、
何か言いたげにちょっと口をあけて見上げるまるちゃんなんだよ。


家の事もいろいろあって、月が変わってから西の地に戻った。


今日まろにあげた缶詰がね、よくみたら15歳以上のやつだったよ。
まるちゃんに送ってあげようって、前に買っておいたやつだった。
夫ちゃん、見ないで昨日この缶詰開けたんだな。

あっという間に過ぎてしまう2日。
普段の「2日」は気にも留めない短い流れなのに、
私とまるちゃんをこんなにも遠くに隔ててしまった。
たった2日、なのにね。
お花に囲まれて、先にいったみんなと眠るまるちゃん。
旅立つ前に、会いたかったなぁ。間に合ってほしかったよ。



ニックネーム りゅう at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 紅葉 お年寄り猫たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4109428
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック