2006年08月14日

なつ

060814.jpg
うちにいたのはほんの数分だけど。
生きてるうちにりゅう家には入れなかったけど。
この子の名前は「なつ」にした。
うちの猫にした。
kurokokoさんが「49日の間はまだ地上にいてもいい期間」と教えてくれた。
メイはじゃあ、天上とうちを行ったりきたりして、引越し作業中っぽい。
そのメイと一緒に、なつも天上に行きなよ。
で、メイは多分すぐ帰ってくるつもりだから、
なつもメイと一緒に、
新しい体見つけるの大変なら2匹で1匹になって、帰っておいで。
シマシマ・パワーで早く元気な体を見つけて、帰ってきなね。

また旅立ちを見送ることになった我が家。
シマシマ猫のいろんな事を、私が呼び寄せちゃってるんだろうか・・・凹。
「#猫屋敷計画」をやめよう。と思ったんだけど、
やっぱりこのblogにも愛着あるから、せめてタイトル変更で止めよう。
もっと元気、健康を呼び込むような福々しいタイトルにするんだ。
関わる猫がみんな、元気に長生きするように。

事故にあったらしい猫を出勤途中の妹が見つけて、
「病院に連れて行って!」とひき返してきたそう。
でも、口から血を吐き、足がつっぱっていたその猫は、
お母さんが見ているうちに、病院に連れて行く間もなくいってしまった。
私が朝ブロから出たら、もう全てが終わっていた。

「病院に連れてって言われたんだけど・・・仕方ないよね」
急いで玄関のドアをあけると、息を引き取ったばかりのシマシマ猫。
成とメイを足したようなその姿に、また大泣きしてしまった。
やわらかくてあったかくて、とてもキレイな子だ。
今のなると同じ位の男の子だ。
頭を撫でていたら、左の頭蓋骨がちょっと盛り上がった感じだったから、
八重のように打ち所が悪かったのかもしれない。
お母さんがキレイに拭いた後だったので、生きてるように見えた。
メイの時と同じ。温かい体。やわらかい体。
でも、もう動かない。

この前メイのお墓にいた子かと思ったけど、違う。
かわいい子だね、こんなにかわいいのにね。
でももう、痛いのなくなったね。落ち着いたね。
どうせなら、ゆっくり来てうちの子になればよかったのに。

飼い猫ではないなら、事故は防ぎようがないよね、仕方ないのかな。

血を吐くこのシマシマ猫を車に乗せて、きっと妹は心が痛んだだろう。
八重もこの「なつ」も、ひき逃げだ。
でもよく連れてきてくれたね。ありがとう。
妹が私の妹で、よかった。ありがとう。

なつは、なんでそんなに急いでたの?
ちょっと遠いけど、うちに急いで来たかったの?
でもさぁ、来てすぐ行っちゃうんじゃ、だめじゃないの〜;_;。
うちはいつでも開けてあるんだから、そんなに急がなくてもいいのに。
何とかうちと縁を結んでおきたかったのかな?
それなら・・・と、メイと同じように左腕に私の髪の目印をつけておいた。
キミは「なつ」って名前だからね。
うちの猫になるんだからね。
目印の通り、迷わずにまっすぐ、ゆっくり歩いて帰って来るんだよ。
お別れが多いのは、やっぱりつらい。

猫が不意に飛び出しちゃうから、危ない!ってのもわかる。
でも、それでも、車を運転する人はどうか気をつけてください。
世の中歩いているのは、走っているのは人間だけじゃないのです。
ニックネーム りゅう at 16:41| 虹 天国通路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする