2007年02月27日

春がこわい

070227a.JPG
ササ、空、天は生野菜が好き。
白菜とか置いてあると、ダンボール箱に乗ったりしてちぎって食べている。
今日はセロリを束で買ったので置いておいたら…
すごいな。ササはセロリもむしって食べるんですか…^▽^;。

23日の夜、久しぶりにタヒボ茶を作った。
よだれが出るようになった18才のゆずと、3才のササのため。
カリカリを食べられなくなったゆずは、
缶詰にタヒボ茶を混ぜたものを食べ…3日後の今日はすでに復活済。
時々「柔らかごはんで年寄り扱いするな!カリカリだ!」と怒るし。
カリカリの後で、缶詰を少々。
ササはまだハゲは治らず。
よだれも減ってきてはいるけど、まだまだこれから。
薬用シャンプーとタヒボ茶、ベネバック、マヌカハニー等等でがんばる予定。
カリウム値異常の時とは全然違くて、元気だからまだ安心。

070227b.JPG

極弱火で沸騰してから2時間、コポコポコポコポと沸かし続ける。
去年と変わらない、甘い香り。
必死の願いを込めながら、高濃度に10パック使って沸かしたのは、
白血病を発症した3才のメイのため。
腎機能が低下した&寝たきりになった15才のリナのため。
今回は緊急事態じゃないから、基本濃度の1パック。
煮出すのも手馴れたものです。待ち時間も全然長く感じないし。

でも、去年の2月の私はまだ、メイの発病を知らない。
順風満帆チックな人生にうきうきして、
2F組のメイとキリと、もっと遊ぶ時間を作ろう!と3連ポンポンで遊んで。
闘病を終えた今となっては、
Wキャリアであったことを知る&闘病が始まる前の、
ちょっとした穏やかな時間が白く輝いて見える。(ほんとに白く見えるんだよ☆)

去年、メイは生きてたんだなぁ。リナも生きていたんだなぁ。
闘病が終わってしまった今は、
焦ったり、胃が痛くなるほど心配することもないんだけど、
死んでしまった後って言うのは、
もうつらい事も起こらず苦しみもなくとても静かなんだけど、
そうね。一緒に生きていた時間って、ほんとにしあわせだったなぁ。

春が来るのがこわい。
自分の誕生日=メイのキャリアと発病を検査で知った日だから、
後悔の原点とも言える日だもんね。複雑。
寒い時はきゅーって気が張り詰めてる感じがするんだけど、
ふと、春の気配を感じると、何かが融けてしまうような気がする。
春霞の白くかすんだ空気が、闘病生活の、その前の白く輝いた時間みたくて、
わっと怖くなる。
絶対おかしい。
あの丸々して元気なメイが死んじゃったなんて、絶対おかしい。
おかしいよ、の波に飲まれて、わーっとなって。
だから、そんな時はお掃除。洗濯。布団干し。今日も晴れ晴れ。
こわくない。こわくない。

みんなもいつか、この気持ちにたどり着いちゃうかもしれない。
でも、できるだけそれが、先でありますように。
みんなみんな、幸せな時間をより長く過ごせますように。
ニックネーム りゅう at 21:10| Comment(15) | TrackBack(0) | 注射 W&膿胸・皮膚病ほか(ササ:W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TVGaviちゃんの所でマイクロチップ情報あり。
こちら↓
http://gsvi.blog.ocn.ne.jp/gavi/2007/02/post_88f9.html
マイクロチップ、まだまだ普及してなかったんですね;;。
Posted by り@NNN情報局 at 2007年02月27日 22:07
えへっ、マイクロチップのこと紹介してくれてありがと♪
あのね、アタシもササ・天・空くんたち組だよ!
昨日はお大根のはっぱかじっちゃった(=^m^=)

あのね、この前19歳のにゃんこちゃんのおウチの人から「ごはん食べられなくなっちゃった。」ってコメントもらったんだ。
りゅうおねえちゃんち行くといろんなこと教えてもらえるよ・・・って言ったんだ。りゅうおねえちゃんの記事すごく参考になって助かったって。メイちゃんやリナちゃんのバトンはちゃあんといろんな人やにゃんこが受け継いでるね♪
アタシもいつかお病気になったり辛いこといっぱいくるかもしれないけどバトン渡せるようにがんばるにゃ。
今はまずうんと楽しまないとね♪
りゅうおねえちゃんもうんとうんと楽しいこと考えて、みんなとうんとうんと楽しむにゃ♪猫(足)
Posted by Gavi at 2007年02月27日 23:31
ご無沙汰してました。^^;
やっと復活です。
実はお禿げちゃん、雪ちゃんも仲間入りしちゃいました(汗)。
首の後ろのあたりなんだけど、3週間前は小さなハゲだったのが、今はちょっとかさぶたっぽくなってて。。。
皮膚の過剰反応なんだとか。
今はかきむしらないように、「ソフトクロー」っていう柔らかい付け爪みたいなのを爪にかぶせてます。
大きな出来事が起きた時のことって、匂いとか風景とか音とか、いろんなキッカケでその時の気持ちが蘇ってきちゃうと思うんだけど、みんなりゅうさんのことを見守ってくれてるから大丈夫!!
そんなこと言って、私も今いる子たちに何か起きたら自分がどうなってしまうかわからないけど。(>_<)
なるべく内にこもっちゃわないように、前向きに前向きに♪
Posted by 日本カモシカ at 2007年02月28日 01:32
同じ季節がまわってくると そのときの景色や空気や気持ちが 一気に舞い戻ってきてしまうのって 本当にふしぎ・・・。
1回目に舞い戻ってくる時は けっこう強烈で まるで自分がそこに引き戻されたような感覚。
でも 2回 3回と季節がまわるごとに、たぶん つらかったことや悲しかったことは 薄れていくはず・・・。

だから りゅうさん、今年の春はつらく悲しい気持ちになることが多いかもしれないけど、そう そんな時は お掃除 洗濯 布団干し♪
強がることはないけれど、お日様と猫様の力をかりて ゆるゆるの気分でのりきってくださいませね♪
Posted by エイミー at 2007年02月28日 16:01
おこがましいけど、気持ち分かります。
私もまだキジのことから抜け出せないでいます。
もっといっぱいやってあげられることがあったのに、やってあげなくて、後悔がずっと続いています。
元気な頃の写真を見ると、泣きたくなって来ます。
仕事しているときは忘れられるので、がんばって仕事してます。
Posted by ねこ父さん at 2007年02月28日 16:59
ササちゃん、セロリ生のまま、むしゃむしゃしちゃって…すごい(^_^;)
うちでは茎は食べてくれるけど、葉は匂いがきついのか敬遠されちゃうけど。
こうしてきれいな身体の部分だけ見ると、とっても綺麗な毛並みに見えるけども、実際は毛が抜けちゃっているんですよね(;_;)。
にゃんと同じ白猫だから、ササちゃんの不調は気になってしまう。一日も早くハゲが治まりますように…。

今のりゅうさんの悲しみから抜けられない気持ち、まだにゃんを失っていないから本当には分からないけれど。でも、どんな悲しみも時間が癒してくれるはずだから、今年はまだ駄目でも来年はもう少しだけ大丈夫になっていて欲しいな。
りゅうさんの存在が、知識が、とても力になってくれて、私もにゃんも自傷行為ばかりしていたぷりんも助けられてきました。
りゅうさんが苦しんでいる今、何もお力になり得ない自分が歯がゆいです。
でも、いつもりゅうさんのこと応援しているし、私でも何か力になれることがあれば頼って欲しいなって思っています。
そして、りゅうさんなりの自分のペースでいいから、“こわい”から乗り切って行って欲しいなって思っています。
Posted by nyanmyupurin at 2007年02月28日 22:48
『もっとこうしてあげたかったなぁ』っていう気持は、
もしかしたらず〜っと持ち続けていくものなのかもしれませんねぇ…
初代わんこの時はあまりにも突然で、そんなことを思う事もなかったけど。
だから、りゅうさんのほんとのところの辛さを分かってあげられないのが
本当に申し訳ない…

でもでも、りゅうさんのことも猫屋敷のみんなのことも応援してます。
あ〜!結局こんなことしか言えな〜い!
りゅうさんちに、ぽっかぽかの春が訪れますように。
Posted by chibi at 2007年03月01日 12:48
うきうきとする春の足音がりゅうさんにとって
辛い思いをさせる季節なのですね。
元気いっぱいだったメイちゃんが急に発病
そして、天国へ・・・
信じがたいことですから、1年経ったくらいでは
心の痛みが消えるはずはありません。
私もチャツプーがいなくなった数年間は
チャツプーが好きだったカワハギを見ることが出来なかった。
その季節、魚屋の前を素通りしてました。
関わった期間に関係なく、素晴らしい時を
共有していた喜びの濃さが悲しみの深さになるのでしょうか。
現世にいる私たちが思い出すたびに天国の彼らも
眠りから目覚めて私たちのこと、楽しかった日々を思い出す。
お互いに永遠に繋がっているのでしょうね。
きっと「元気を出してよ、また帰ってくるからね」
と、エールを送ってくれています。
そして、りゅう家のたくさんの猫さんたちが
りゅうさんの力になってくれています。
ホラ! ササちゃん、空ちゃん、天ちゃん
葉っぱ好きのかれらが、クリーンな気持に
させてくれますし(笑)
ゆずちゃんに飲ませる「タヒボ茶」の甘い香りが心を癒し。
ゆずちゃんがそのお茶で、少し元気になる事で希望がわく。
素晴らしい日々ではありませんか!!
Posted by nekoboci at 2007年03月03日 12:24
り>Gaviちゃん
Gaviちゃんは、そんなこと考えなくていいんだよ☆
いっぱい遊んで、ごはんを食べて。
かわいい姿で元気なバトンをぽんぽん出すだけで、
十分ありがたいことだからね☆
病気になったときの事なんて、考えなくて大丈夫だよ^-^。
ごはんが食べられないのは、やっぱりつらいからね…
当の猫も、それを見ている人間も。
うちの猫たちの闘病生活がだれかの役に立ってくれたら、
よかったね☆ってメイ達に言えます。ありがと☆
Posted by り>Gaviちゃん at 2007年03月04日 16:03
り>日本カモシカさん
ササも皮膚とかあまり丈夫ではなかったのかも。
痒くてツメで掻いて、そのカサブタがとれて出血することが何度も。
初めは小さい箇所だけだったのに、
今はかなりすごい、部分はげがたくさんになってしまいました。
雪ちゃんは細菌はいませんでした?
今日、薬用の殺菌シャンプーをしたのですが、かなりいい感じです☆
Posted by り>日本カモシカさん at 2007年03月04日 16:05
り>エイミーさん
いつもいつもダメなわけではないのですが、
急にわっと怖くなるときがあります。
自分の中で、どうしてもどうしても信じられない部分があるからでしょうね。
リナの場合は、自分でもすごくがんばった!って気持ちの方が強いから、
こんな風にどんより凹むことはないのですが…
それでも、沈丁花の香りでふっと、
何かを振り返らずにはいられないときがあります…
Posted by り>エイミーさん at 2007年03月04日 16:08
り>ねこ父さん
そうですよね。
きっと、たくさんの人が同じ気持ちを抱えていますよね。
それは、
それだけキジちゃんやメイが大好きだったって事で、
うれしいんだけど、でもだからこそつらいですよね。
私はネットやblogでメイや旅立った子の写真を見ると、
いつも頭をナデナデってします。
かわいいね、がんばったね、って。
Posted by り>ねこ父さん at 2007年03月04日 16:10
り>nmpさん
ササ、今日シャンプーをしたらなかなかいい感じです☆
殺菌されて、かゆみが消えたらすぐ治りそう!
かゆいのって、思ってるよりかなり大きなストレスなんだって思いました。

こちらこそ、いつも応援してもらってありがとう☆
みんなが応援してくれるってわかっているから、
凹んでも「誰かの役に立てるかも」って復活できるのだし。
私はみんなのいろんなパワーを分けてもらってるから、大丈夫!
といいつつ、でも、凹んじゃう時は凹んじゃいますけどね。
実は、メイに作ってくれた最後のスープ。
どうしても冷凍庫から出せません。今でも。
あのセットがなくなったら、
ほんとにメイが死んじゃった気がして、どうしても出せません。
Posted by り>nmpさん at 2007年03月04日 16:15
り>chibiさん
いえいえ、みんなが同じような気持ちを持ってますよね。
みんなが応援してくれるから、私もがんばれるわけなので、大丈夫☆
それでもふと、ああ…って物思いに沈んじゃうことはありますが。
沈丁花のいい香りがしはじめて、
ああ、もう春なんだなーって気持ちになりました。
家の中にもお花をたくさん飾って、元気出して行こうと思います^-^。
Posted by り>chibiさん at 2007年03月04日 16:18
り>nekobociさん
できることをしてきたつもりでも、
メイは健康だって完全に思い込んでいたから、
Wキャリア→発病が信じられなくて、余計につらいんだろうなって思います。
リナは今月が命日ですが、
「リナ、よくがんばったなー」って気持ちの方が強いですもん。
3才のメイが…って、信じられないのかな。
なるが生まれ変わってきて、私の後悔を消してくれたように、
メイも帰ってきて初めて、その死をちゃんと受け入れられるのかもしれません。
受け入れつつ、でもまだやっぱり、完全には受け入れられませんね☆
Posted by り>nekobociさん at 2007年03月04日 16:22
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/734915
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック