2007年03月09日

我が家の19匹目

今、我が猫屋敷には19番目の猫がいる。
070308a.jpg
それは1週間前、温泉から帰ってきたその日の夕方。
外猫ごはんを準備していた妹が「懐かしい顔がいるよ」と言って来た。
誰だろう?と外に出ると、そこにはずいぶん汚れきった灰色猫。
うわ!無事だったんだ!
と、久しぶりに見たその猫、名前はグレちゃん。(グレーだから)
約1年位前に急に姿を見せなくなり、
旅に出たのか、それとも事故にあってしまったのか…と心配していた猫の1匹。
随分傷だらけ&汚れきって、生ごみ捨て場にいたような匂いをさせて、
それでも「ひさしぶりー猫(笑)」と言うように、懐っこく鳴くグレちゃん。
妹と2人で「どこ行ってたの?大丈夫なの?」と話しかけて驚愕。

右目の下の頬に、穴が開いてる〜がく〜(落胆した顔)
カナの咬傷の時と同じように、丸くぱかっと開いた傷口。
しかもちょっと触るとだーっと膿の嵐がく〜(落胆した顔)

ウェットティッシュ!とか、わーきゃーやっているうちにお母さんが帰宅。
姉妹:お母さん、グレちゃんの顔に穴開いてるの。どうすればいいかな?
母:何だ、前うちに来てたの?お母さん昨日、膿出してあげたんだよ。

と言うことは、グレちゃん、昨日から姿を見せるようになったんだ。
何だかべたべたの当猫は、それでも痛がる素振りは全くなくて。
とにかくできることは少しずつキレイにすることと、とにかく食事!
とりあえず、出る分の膿を出し、キレイに拭いて、ごはん&水をたっぷり。
Gaviちゃんにサナベルもらっててよかった〜☆
エレガンス、栄養価高いもんね。どうもありがとうかわいい
今はササがちょっと免疫落ち気味っぽいので、
すぐにグレちゃんを家に入れるわけにはいかない。
ダンボールで簡易猫家を作り、梱包のプチプチとクッションで保温。
この子は人懐っこく、そして賢いひらめき
ちゃんと「ここに入って眠るんだよ、暖かいからね」というと、
夜は帰ってきてダンボール猫家で丸くなってる。
ずっと終電で帰ってきてた私が到着すると、
夜遅いのに「おかえりなさいまし」って感じにわざわざ出てくる、律義者。

そんなこんなで1週間が経ち、ほっぺたの穴はカサブタになってくれた。

070308b.jpg
珍しいことに、お母さんが何の文句も言わない。
(まぁ、まだ家に入れてないし、うちの猫にするって言ってないけど)
そればかりか、
翌日、ダンボール猫家の中にセーターが入っていた。
妹が「りーちん、服入れてくれた?」と聞いてきたので見に行ったら。
…私はこういうの着ませんたらーっ(汗)
お母さんのおさがりセーターが、クッションの上にふんわり敷かれてあった。
よかったね、グレちゃん。

今日、夜ごはんを一緒に作りながら、

昼間グレちゃんの耳や目を拭いてた時に、顔と頭の毛が広範囲に抜けたこと。
手足の肉球の大きな部分が、4本全部すごい腫れてぷよぷよしてること。
フロントラインとムシクダシをしたこと。
いろんな事をお母さんに話したら…

「猫の家作ってあげないとね」

とさらりと言われて、私の方がびっくりした。
そういえば、グレちゃんが灰色だからか、
「あれは天ちゃんのお父さんだねひらめき」とか言っていたっけ。
それで親近感がわいて、他人事に思えなくて世話をやいてあげちゃうんだろうか?
それはそれで、親子喧嘩してグレちゃんをうちの猫にする手間が省けていいんだけど☆
これも灰色カワウソ効果か^▽^?

グレちゃんは今日もダンボール猫家でお休み中。
腕からも膿が出たらしい。
肉球の膿はどうしたら出るかなぁ。そうとう腫れてるけど。
一体どこを旅してきたの?

り:「グレちゃんは出かけてもちゃんと箱に戻ってえらいね」
母:「大事にしてくれるってわかってるから、戻ってくるんでしょ」

お母さん、隣の家のおばさんともグレちゃんの話をしたらしい。
うちの猫ではないけど前に通ってた猫らしいんです、と聞かれて返事をしたそう。
「じゃあ、うちでもごはんをあげときますね」って言ってくれたんだって。
(貸家に引っ越してきたそのお隣さんも、野良の子を拾った猫好きらしい)
家猫になれてもなれなくても不妊手術はするから、
それを踏まえた上でごはんをあげてくれる家が増えるのは助かる。

遠い場所を旅して、ケンカとかで傷だらけになって。
そんな時に「りゅう家に帰ろう」って思ってくれたのかな。
1年近く経っても、私達のこと忘れないでいてくれたんだね☆
19匹目はメイの生まれ変わりだと思っていたけど、そんなワケでグレちゃん。
まぁ、メイは20匹目でもいいんだけど。帰ってきてくれるならかわいい

ニックネーム りゅう at 22:02| Comment(14) | TrackBack(0) | 犬(足) 大所帯猫屋敷あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわあ!グレちゃんっておっきいコなんだね!
ボスねこちゃんタイプ?
お首のとこは首輪のあと?
おりこうにゃんこちゃんなんだね(=^-^=)
りゅうおねえちゃんのおかあさんも膿だしたりお世話してくれるんだね♪
おねえは膿だすのすっごいヘタでまいっちったよ・・・
お手々と肉球も早く治るといいね♪
サナベル使ってくれてありがと♪
Posted by Gavi at 2007年03月09日 22:41
りゅうママさん、やっぱりいい方ですね!!^^
膿出すのって、私も雪ちゃんで体験したのが初めてだったけど、かなりゲロっってしちゃいそうになるのに(←私の場合・・・笑)りゅうママさん、えらーい!!
グレちゃんも、「この家はあったかい☆」 って思って懐かしくなって戻ってきたんじゃないかな?
こうやってご近所の猫の輪が広がって、地域猫としてお世話してもらえるようになればいいなぁ。
なんだか心がほっこりしちゃった〜。^^
Posted by 日本カモシカ at 2007年03月09日 23:34
り>Gaviちゃん
わ、来ててくれたんだね、ありがとう☆
Gaviちゃんの所に行ったのですが、書き込みエラーでだめでした;;。
グレちゃんは古株ちゃんって猫と同じで、
随分大人な猫なのです。そんなに年ではないと思うけど。
首輪の跡に見える?でも、首輪してたことないんだよ〜。
お母さんは、飼い猫じゃないかっていうけど…
どちらにしても酷い傷だらけ(天と違って猫のケンカ傷)なので、
いずれはうちの猫にするつもりです^-^v☆
サナベル、ササも他のみんなもおいしく頂いています。ありがと♪
Posted by り>Gaviちゃん at 2007年03月09日 23:39
り>日本カモシカさん
グレちゃんは落ち着いたらうちの猫にするつもりです☆
お母さんは、天のお父さんだと思っているらしく、
そう思うとほっとけないみたいですよ^▽^。
今日は腫れてる腕から膿が出た、とか言ってました。
咬傷ってほんとグロいし、皮膚がずるっと動くし、血の気引きます…
でも、ハラをくくらないとケガを治してあげられないので、
ひゃーっといいつつなんとか。
うちのお母さんは、なんだかんだ言って天とか犬君とか、
私が子供の時に拾った動物とかの手当てをしていたので、
&病院に務めていたことがあるので肝が据わってるんですね☆
でもお隣さんが猫好きでよかったです。
Posted by り>日本カモシカさん at 2007年03月09日 23:44
グレちゃん 傷だらけになっちゃって帰ってきたのですね・・・。
きっと りゅうさんのところに帰れば大丈夫って思って帰ってきたのでしょうね♪
猫って 本当に賢いと思います。
(頭はちっちゃいのにねぇ・・・笑)

いつものことながら りゅうさんはもちろん 妹さん・お母様のやさしさに胸を打たれています・・・。
こうして救われた猫ちゃんがまた1匹増えたことがうれしくて・・・。
グレちゃん、よかったね・・・。

そして、お隣さんが猫好きっていうのもうれしいですね(*^^*)
Posted by エイミー at 2007年03月10日 14:30
いつのまに、19匹目の猫さんまで…。
りゅうさんのお母様って、本当にやさしい方ですよね。何だかんだ言っても、結局いつも猫のお世話に協力的だし。今回も天ちゃんのお父さんと思い込んでいるとはいえ、セーターをセットしてくれていたり普通なら出来ない膿出しも怯まずにやってくれたりして。
お隣の方も、猫好きな人で協力的で、ちょっぴりホンワカのりゅう家のニュースで嬉しいです(*^_^*)。
Posted by nyanmyupurin at 2007年03月10日 15:09
天ちゃんに似ていますね(笑)
優しいお母様が天ちゃんのお父さんが帰ってきたと
お世話される姿を想像して、口元がほころんでしまいました。

去勢をしていない雄猫さんはテリトリーの争い
シーズンの時の争いと傷だらけの猫生ですから(>_<)!
それに傷が出来ても直ぐに厚い丈夫な皮に覆われ
膿が出るようになるまでかなり時間がかかります。
その膿が一度に出るわけですから(◎0◎)ですよね。
グレちゃんも、次々に膿がでてくると思います。
きっと、りゅうさんの家に帰れば助かると
遠くから一生懸命に帰って来たグレちゃん。
頭の良い、健気な猫さんですね。
これから、りゅうさんちの猫軍団の一員として
幸せのキップ手に入れましたね。
Posted by nekoboci at 2007年03月10日 16:10
19番目・・・遅れてきたルーキーですね^^
怪我がもとで体力を落とすことなく、体格もよくて何よりですね。
りゅう家なら、心配ないと思ったんですね^-^

膿・・・
私も去年、私の子にしたかったにゃんこで膿瘍の治療を2回しました。
その子は結局監督と合わなくて迎えることはできなかったんだけど。
でも治療とかお世話はずいぶんさせてもらったの。
最初の時ははビューっと血膿飛ぶくらい酷くて^^;
手で押し出したりしたっけか・・・
見るからに痛そうなんですよね。
イソジンで消毒したりチューブの抗生剤(通販で購入可能)を傷に注入したり。
(獣医でも同じことしたから)
舐めると毒がまわって体にも悪さをすることがあるらしいから、
グレちゃんは早く治療できてよかったですねー。
でも肉球にも膿が?
痛いだろうけど破いたほうがいいかもしれませんね。
膿がもっとたまったら勝手に破けるだろうけど・・・
抗生剤も飲ませたほうがよいかもですね。

グレって名前、監督の母上と同じ♪
母上も灰色なんですよ^-^
Posted by ぴか at 2007年03月11日 03:20
19番目の猫、グレちゃん。
きっとりゅうさんのところに行けば大丈夫って思ってやってきたのでしょうね。
お母様の優しさに感謝。
温かい気持ちのこもったセーターは、普通のセーターよりずっとずっとあったかくて、グレちゃんを優しく包んでくれたんだろうな(*^^*)
膿、早く全部出てしまうといいですね。痛みが早くなくなりますように。
りゅう家でこれからの猫生をまったりと過ごしてほしいです(^^)
Posted by TAMI at 2007年03月11日 21:27
り>エイミーさん
天の時で傷だらけの猫はほっとけないのが強くなったのかな?と。
少し前までは、
猫をうちの猫にするって拾ってくると文句言われましたが、
最近はそれもなくなったし。
生活費多めに入れたのがよかったのかなぁ…?
現実的なことも言いますが、基本、お母さんは情にあついと思ってるので、
結局いつもこんな感じで猫が増えてます☆
Posted by り>エイミーさん at 2007年03月15日 17:49
り>nyanmyupurinさん
膿出しってかなり怖いですよね…痛そうだし。
犬君で手馴れてるとはいえ、さすがだなって思います。
後でupしますが、
お母さん、グレちゃんの新居も一人で作っていたんですよ♪
それを見たとき、この人の娘でよかったなって、
ちょっとシミジミしちゃいました☆
Posted by り>nyanmyupurinさん at 2007年03月15日 17:51
り>nekobociさん
天とは違って猫のケンカ傷だったので、
まだよかったなぁってほっとしています。
でもウミの変な匂いがかなり厳しくて…早く治るといいなぁ。
数日前から、後ろ足から血と膿がちょっと出てきたようです。
痛いらしく、こちらは触らせてくれませんが。
少しずつでも、良くなっているのかな?
早くすっきり治してあげたいものです☆
Posted by り>nekobociさん at 2007年03月15日 17:53
り>ぴかさん
サビ猫さん、グレーの親からも生まれるんですね☆
猫の模様のフシギです。
グレちゃんは後ろ足から血と膿が出てきたようですが、
こちらは触らせてくれません。
治療というか、膿を出して拭いてあげるくらいなのですが…
ほっぺたはもうかさぶたも小さくなったので大丈夫かな。
あとは腕とか手足。
触らせてくれない位痛いようなので、早く良くなってほしいものです。
Posted by り>ぴかさん at 2007年03月15日 17:57
り>TAMIさん
天は大きい猫がすごくキライみたいだけど、
グレちゃんがホントに父親だったら大丈夫なのかな?
とか考えていたりします。
性格も穏やかだから大丈夫だと思うのですが・・・
未だにハルオがバトルモードですからね^-^;。
でも、お母さんが作った新しい新居で、
グレちゃんも傷が治るまでゆっくり準備してくれたらって思ってます☆
Posted by り>TAMIさん at 2007年03月15日 17:59
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/761217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック