2007年03月21日

ゆうたろう君の旅立ち

いとしい日々」のゆうたろう君が今日、旅立ちました。
新しい体をもらって、
またkaoriさんとたくさんの時間を一緒に過ごすために。
22才のゆうたろう君と、
一生懸命に看病したkaoriさんに、
これからもたくさんのしあわせが訪れますように。
そしてまたいつか、帰ってきたよ!って出会えますように。

私も、ゆうたろう君に出会えてしあわせをもらったよ。
ありがとかわいいまた会おうね。
天国にはうちのみんなもいるから、遊びに行ってみてね。

今日は私もたくさん泣いた。
新しい病院を探していて、見つけた病院。
県内で唯一の機材や最新の設備を導入している病院。
ああ、こんなにすごい所がわりと近くにあったんだ。
3人いる先生の中で、メインの先生の専門は「腫瘍」
施設や設備、治療に対する姿勢を見ていくうちに、涙が出てきた。
メイをこの病院に連れて行くことができていたら、
「もう治療法がない」じゃなくて西洋医学の面でまだ、何か出来たんじゃないだろうか。
半年以上経つけれど、未だにメイの病気を検索してしまう。
電話をしてみて、受付の感じも良かったこの病院。
メイにしてあげられることは、調べればもっとあったんだなぁ。
そう思ったら、至らなさっていうのかな、もう悲しくて涙がどんどん出てきた。

言っても仕方がない事だっていうのは、わかってるんだ。
でも、私はメイが大好きだから、治したかったから、後悔はつきない。

そして。
その新しい病院にいくはずだったのに、お母さんが帰ってこなくて×。
娘の信頼を台無しにして、フミの診察を延期させた母親に大激怒して冷戦。
前言撤回。やっぱり私はお母さんが大キライ!とこっちでも泣いてしまった。
涙の春分のせいか、いつのまにか春の雨。
ニックネーム りゅう at 22:29| かわいい NNN情報交換局&イベント開催 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする