2007年04月24日

悪心の時には

1日だけ腕に留置針をつけたままのフミ。
これ、1回はずすとまた入れるのに処置料がかかるから、
院長先生が大丈夫なようならつけたままにして、お金が明日かからないようにするって。
留置針は去年、メイがつけてた。
自宅で点滴をするって交渉をして、チューブの中の血を溶かす注射とか、
いろいろセットでもらったっけ
なつかしいなぁ。
去年の今頃は、メイが1回目の危篤から復帰した頃だったろうか?

フミはあいかわらずぐったりモード&呼吸が速かったので、病院に。
想定外の連日病院。妹が3連休でよかった☆
相変わらず何も食べたいものがない、
食べたいものがあるけど気持ちわるい・・・って感じなので、
体がどんどん痩せていってしまうように見える。
でも、フミに合っている抗がん剤VCRのおかげか、ちょっと黄疸が薄くなったような?
通院を妹にお願いして、私はシゴトに。

シゴトの合間にちょこちょこっとメールが来てたんだけど、
「な、なにかフミにあったんじゃ・・・」と、実はびくびくしながら見てましたたらーっ(汗)
留置針を取るだけだと思ったら、今日も半日入院ってなったので、心配で。
最速で帰宅して電車途中下車して迎えに来てもらって。
夕方のフミのお迎えに私も行くことができた。
だって、妹は難しい単語とか説明、覚えきれないって言うんだもんたらーっ(汗)

手短に院長先生の今日の処置をまとめると、
・悪心があるのでムリに食べさせませんでした。
・吐き気止めを(サービスで)点滴に入れておきました。
・本日夜の分の輸液は、病院でやっておきました。

私の目から見たら、まだフミの状態はかなーり悪そうに見えるんだけど、
先生はそうじゃないみたい。
黄疸が少し薄くなったって言われたから、確かに良くなってるのかな?
でも、ごはんを食べさせることが出来ないんだけどどうしたらいいんだろう?
そう思って、院長先生に尋ねる。

り:ごはんは食べさせなくていいんですか?
院:悪心(おしん)がある時は、ムリに食べさせると吐いちゃうから。
  そういう時は強制給餌はだめで、点滴するしかないんですよ。


本 悪心(おしん)胸がむかむかして、吐き気のすること。嘔気。

そうなんだ。知らなかった。
食べさせないとどんどん痩せて弱っちゃう・・・ってすごい躍起になってしまう。
でもそうだよね、気持ち悪い時に口に食べ物突っ込まれたら、私も吐くわ。
食べないでじっとして(ぐったりに見えるけど)体力温存してる場合もあるって、
メールで教えてくれたヒトもいるの。
とはいえ、全然食べさせないと心配になるのも当然なワケで。

院:フェロビタとか持ってますか?
  口の中に缶詰とか入れ込むと吐き気がしちゃうから、口の周りにくっつけて。


口元とかに擦り付けておくと、ペロペロっとなめる習性を生かしたチューブの栄養。
確か家にあるはず☆
そっかぁ。
知らなかっただけで、いろんなテがあるものなんだなぁ。
悪心の時には食事はムリに取らせない。点滴で。かぁ。

姉妹そろって連日の睡眠不足。
さすがにネットする気力も体力もなく、フミの状態が心配で心配で。
専用の猫ベッドに横たわるフミを見ていると、
縁起でもないことなんだけど、死んじゃったように見えて心配で心配で。
呼吸は相変わらず速い。
熱も出てる気がする。
誰かたすけて。たすけて。何とかして;;。って、心配で心配で。
だって、どー見ても状態悪いんだもん。食べないのも気にかかってるし。

心配の極地で、猫ベッドごとりゅう部屋に運んでmyベッドに置いてみた。
はねやキリがうならないように、適当に相手をして。
一緒に寝転がりながら、熱を持ったフミの手を包んで。

つらい?
でも、もっと私と一緒に生きようよ。
また「取ってこーい」で遊ぼうよ。

そんなことをうつらうつらしながら、ずっと呼びかけた。
私はフミが好きだから、もっと一緒に生きよう。
がんばれがんばれ、フミの体。

半分眠りながら呼びかけていたので、
「がんばれがんばれフミの体」が、いつのまにか「がんばれがんばれ腫瘍」になっちゃって。
ハッと意識が戻って、
「じゃなくて、がんばってがんばって腫瘍小さくなれ」て唱えたり。

2時間おき位に目を覚まして。
フミは枕元にある自分の猫ベッドからちゃんと降りて、
トイレに入って、またちゃんと猫ベッドに戻って丸くなっていた。
食べてないからふらつきはあるけど、ちゃんと戻ってくる。
寝ぼけながらその音や気配に、ちょっとだけ安心したような。

そして翌朝。25日。
猫ベッドから出てりゅうふとんのおなかの辺りで横になってたフミ。
がばっと目を覚ました私と目が合って、にゃーと鳴いた。
ふにゃっとした、フミ独特のふにゃ声。
まだ少し熱っぽいけど、昨夜までのぐったりモードからやっと抜けたような、
そんな目をしたフミがいて、ああよかった☆と思えるようになった。
峠を越したって言うのかな?
峠、越えてるといいな。
これから少しずつでも、とにかく1歩1歩回復してくれるといいなかわいい

とにかく今日の教訓。
悪心がある時はムリに食べさせない。病院で点滴。
ニックネーム りゅう at 00:00| 注射 リンパ腫の治療(フミ:W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする