2007年05月17日

我慢をしないこと

■5/16(水)
朝はやっぱり、2日前のこの時間は生きていた・・・って思ってしまう。
フミがゆっくり眠れること。
フミの体もゆっくり還っていくこと。
そういう「ほっとした気持ち」とつらい気持ちがごちゃまぜ。

薬を飲んでいるせいか、気持ちが激しく揺れることもなく、
ぼんやりと水の中にいるような感じになるので、ちょっとラクかな?

動けるのでシゴトに行ったけど、
まだ体は疲れやすいけど、シゴトしてると気が紛れていいなと思う。
笑ったり、話したり、日常は楽しい事だってある。
「なんで死んじゃったんだろう」って思うけど、
違うことを考えたり、笑ったりするうちに、少しずつ気持ちも上を向く。

死んでしまった当日は出来ることなら絶対、家にいた方がいいと思う。
(特にこう動けなくなる私はたらーっ(汗)
埋葬を終えた後は、体に無理がなければ、外に出た方がいい。
ヒトと笑って、話して、大丈夫なフリをして、
そうしているうちにホントに大丈夫になっていく。
ずっと上向きでいられるわけじゃないけど、
「大丈夫グッド(上向き矢印)」と「だめバッド(下向き矢印)」の躁鬱の揺れ幅がだんだん小さくなって、
気持ちが安定してくるのがわかるから。
fumiflower.JPG
■5/17(木)
まだ疲れやすいので今日はお休み。
外が晴れていると、なんだか気持ちが凹む。
雨が降っている方がいいなぁ。却って気持ちが暗くならない。

最近心がけていることは「我慢をしないこと」

フミが死んでしまったという現実に、目一杯我慢しなくちゃいけないから。

それだけで神経をものすっごく使ってしまうから、
他の事ではなるべく我慢しない。
だからといって、何でも許されて好き勝手するわけじゃないよ!
たとえば、
食べたいと思ったものを食べる、とか。
私はどうしてもどうしても、モリナガのホットケーキが食べたいと思ったので、
ホットケーキミックスを買いに行ってきた。
そういう、ハタから見たら些細なことかもしれないけど、
節約生活中の私には、ホットケーキミックスを買うのは、プチ贅沢。
フミの死という大きな我慢のために、小さな我慢をせずに、自分に何かをする。
そうやって、心のバランスをはかってみた。

ホットケーキ食べたい→買いに行く(動く)→作る→食べる。

日常の動きをするっていうのも、心の安定のために大切かもって思った。

そして日付を変えてblog記事を書いていたんだけど。
みんなのコメントのおかげで、心が少し軽くなりました。

フミはほんとは命の火が弱くなっているのを、隠してがんばっていたのでは。
ヨッスィーさんの言葉で、ああ、そうなのかも。って。
だから、食べるようになったのに、元気になってきたのに、
それなのになんで衰弱しているような気がするんだろう・・・って私が不安に思ったのか。
腑に落ちた。
みんなが言うように、私にうれしい時間を作ってくれたんだ、フミは。

飛行機雲が消えても、飛行機がいなくなったわけじゃない。
見えなくなっても、見えない場所で飛行機は今も飛んでいる。
見えなくなっても、フミもメイも、みんな、ちゃんと存在している。


改めて、猫と猫友達のみんなに助けられてるなぁって、実感しました。
ありがとう。
言葉を送ってくれてありがとう。
お花を贈ってくれてありがとう。
デジカメをありがとう。フミの動画を残せました。
みんなのためにできることは、なんだろう?
ニックネーム りゅう at 00:00| 虹 旅立ちを見送ったあと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする