2005年10月21日

体調連鎖

猫屋敷の抱える問題。それは「体調連鎖」
例えて言うなら、1匹のカゼがわーっと一気に広まるコト。
空のあの強力な猫カゼ菌は、台風の如く猛威台風を振るった。
当の空は、鼻がすぴすぴ言ってるけどもう元気。
051021b.jpg 元気グッド(上向き矢印)
反面、昨日は普通にごはん食べていたじゃない?って姿が一転。
リナが、涙目になり鼻水とくしゃみと涎が酷い。
ハクも食欲がなくなり、熱っぽい目でぼんやりしている。
くしゃみをする猫ははね、なる、ササ、コマ、ハク。
しかも、
なるとササは目をツメで引っ掻いたらしく、揃って右目が腫れてる。
あんた達ねぇ、カゼ引いてる時は大人しく寝てなさいって!
そんなワケで今日も朝一番。病院に行ってきた。

ハクとリナはそれぞれ注射を2本打ち、ササとなるのために目薬をもらう。
子猫には駆虫薬を。
口の所が切れているけど、乾いてるからもう大丈夫だって。
美人でみすぼらしくなかったけど、実はつらい目にあっていたのかもねもうやだ〜(悲しい顔)
先生は、
「野良の子は絶対触らせないから、この子も飼われていた子でしょう」
って説明してくれた。
確かに、ササ達4匹の子猫と3匹の大人猫は、去年保護するのに苦労した。
今年の子猫4匹はすぐ寄ってきたもんね。なんだかなぁ・・・バッド(下向き矢印)
病院から帰って、リナのケージにペットボトル湯たんぽをセット。
みんなでホットカーペットに転がってお昼寝する。


051021.jpg
灰色子猫は人懐っこいけど、遠慮深い一面がある。
「こっちおいで」と呼んでも、ちょっと離れた所で座って待ってみたり。
顔立ちの派手さと裏腹に、性格は一歩譲るタイプ。
ひらめき奥ゆかしい美人「大和撫子」なんてなかなかいないぞ。
顔立ちは和風ではないけど、思いっきり。
ま、慣れるまでは仕方ないか。好きにさせておこう。
空なんてもう、遠慮せず走り回ってるもんねぇダッシュ(走り出すさま)
しばらく経って様子を見て、ササはやっぱり優しいんだなぁと感心した。
灰色子猫のそばに行って、保護者のように寄り添ってる。
なんとなくだけど、灰色子猫も少しリラックスしたような?
こういう姿を見ると、屋敷で育てたいなぁとも思うのだけど。
この子は、なんだか屋敷猫になる気配がしない。
妹とも言っていたんだけど・・・フシギだわ。
もちろん貰い手さんが見つかるまで、屋敷猫として育てるけどね。
ああ、でもこの子が猫カゼ引いていなくて良かった☆
猫カゼ菌これ以上台風増大したら、ワクチン効果も薄くなりそう;;。
いろいろ考えて迷っていたけど、
やっぱりこういう環境にはワクチンは必要だなぁって、
改めて思いました。
もっと免疫力グッド(上向き矢印)活性化させたいなぁ。
猫ベッド眠い(睡眠)もほしいなぁ。
ほしいものたくさん。いろいろ考えなくては。
病院 副鼻腔炎・歯系・耳血腫・その他の単発病気やケガ治療の最新記事】
この記事へのコメント
わ〜、団子ですね。鏡餅〜。なるほどぉ。
確かに、空ちゃんは馴染んでますね。この間来たばかりとは、思えない!(゚□゚;;
それに比べ(という表現は、申し訳ないけど、)17番目の彼女は今ひとつ。まだ馴染んでないようですね。といってもまだ来たばかりだから、当たり前ですよね。
画面からの情報でなんとなくですが、里子賛成です。大勢で過ごすより、少ない数で飼われ、可愛がっていただけるところとかの環境など、いいのかなぁ。と漠然と思います。
スミマセン、なんか1人よがり的で。でも、17番目の子にも、他の子もそれぞれにあった幸せの生活で過ごせることを祈るばかりです。(><)
Posted by みみ at 2005年10月21日 21:38
\(^▽^)/コンバンワ!
あら〜みなさん風邪引きですかー
大変ですね〜
大丈夫ですか?
大勢ですから病院へ行くのも大変でしたでしょう
お疲れ様でした りゅうさんは倒れないでくださいね
ニャンズちゃんたちお大事に(゜ー゜*)ネッ!
Posted by つー at 2005年10月21日 21:44
ササさんは本当にいい猫ちゃんだ〜。(;_;)ウルウル。
ほんと白衣の天使みたい。不安でいっぱいの、ちっちゃい新入りの子をちゃ〜んと見てあげて…。なんて猫ができてるの…。
空ちゃんは、すっかり猫屋敷の一員としてとけ込んでますね(*^.^*)
17番目の子、なにやらヨッスィーさんが気に入った様子。(*^-^)器量好しさんだから、すぐお嫁入りとなるかな?
環境がコロコロと変わるのも可哀相ですが、1匹飼いで愛情独り占めできるというのも幸せかもしれませんね。遊び相手が大勢いるのも幸せそうですけど。どっちがいいのかはきっと運命は決まってて、なるようになるのでしょうね。
でも、少しでも一緒に暮らすと情がわいて離せなくなるなぁ、私の場合。
う〜ん…。こうゆう選択は苦手。こっそり団子みたいなの見ちゃうと、どうも…。
Posted by yanmyupurin at 2005年10月21日 22:36
う〜ん、白豹ちゃんは丁度我が家にタビーが来た時と同じような大きさですね〜。
柄が素晴らしい〜。
かみさんが許せば、我が家に迎えたいぐらいですが…。
それでなくても暴れん坊が約一名居るので、家では難しいなぁ。
実家にどうかなとも思ったのですが、りゅうさんの『里親基準』に満たない可能性があります。
ワクチン、避妊は俺が責任もってやらせる事は出来るんですけどねぇ。
完全室内飼いは、おそらく無理なんです。
全く室内だけで飼う習慣がないのです。昔から。
必ず誰かが居て、風通しも良くないので夏場は家は開けっ放し。
ベランダには猫用の出入り口が常に開いています。
仲間と一緒に居る写真見ちゃうと、離すのが可哀想に思えてきちゃいますね。
一応、実家には連絡してみました。
「もう動物は飼わない」と思ったらしいけれど、白豹ちゃんの写真をメールで送ったところ、里親の話には一発で食い付いてきました(笑)。
「性格はどんな感じ?」「人慣れしてる?」「咬み癖や引っ掻き癖はどう?」と、立て続けに質問されました。最期は父に相談してみるという事でした。
ちなみに、りゅうさんは関東でしたっけ?

Posted by ヨッスィー at 2005年10月22日 02:12
>みみさん
空は屋敷に来て10日。
白豹ちゃんはこの日ケージからはじめて出たので、
この大所帯に戸惑う気持ちもわかります^_^;。
1F組はほとんど男の子ばっかりだし。
当猫は控えめで大人しい性格だし。
昨日はケージに戻って、静かに眠っておりました。
でも、コマやササがこの子を気にかけてくれてるので、
もう少しすれば、屋敷の中での居場所がわかると思います☆
屋敷に残るにしても里子に行くにしても、
当猫がとても良い子なので、
きっと幸せになるでしょう^▽^☆
Posted by り>みみさん at 2005年10月22日 12:58
>つーさん
病院は3匹だけ連れて行きました。
さすがに全員はムリです^▽^;。
寒くなるとやっぱり、
どこからかカゼ菌がやってくるんでしょうか。
(今回は空のカゼだけど・・・)
栄養つけさせて備えないとなーって思いました☆
ツメ切りもしなくちゃ;;。
Posted by り>つーさん at 2005年10月22日 13:01
>nyanmyupurinさん
私は「どちらになっても幸せだ」と思います☆
屋敷にいた方が幸せ、でもなく、
里子に出た方が幸せ、でもなく。
どっちに行っても幸せが待ってるから、心配ナシ!って。

みんな、家に入れた子は手放したくないに決まってますよね^_^。
私も妹も、拾った子みんなと暮らせたらいいって思ってます。
でも、猫が捨てられるのは今年だけじゃないし、
病気の子やハンディのある子を保護したら、
その子は必然的に屋敷猫にするので。
もし、里親さんが見つかるのであれば、
元気な子はその方にお任せしてもいいんじゃないかって☆
そう思えるようになりました^_^。
ちなみにササは、キリに対してものすっごい威嚇をします。
見てて惚れ惚れする位、背中としっぽの毛が逆立ってカッコイイです。
カッコイイけど・・・争いはやめてほしい;;。
Posted by り>nyanmyupurinさん at 2005年10月22日 13:11
う〜ん、やっぱり風邪、連鎖しましたか!!
一週間潜伏期間ありますから、他の子も心配。
まあ、りゅうさんが少し元気そうなので
この子達の病気連鎖も、新しい猫ちゃんの
行く末も心配ないと思います。
猫ちゃんたちの性格いろいろで、これが
多頭飼いの楽しさに繋がりますけど・・・
病気をすると大変!!
ボスの体調を含め心配です。
気をつけて、ガンバですね。
Posted by nekoboci at 2005年10月22日 13:17
>ヨッスィーさん

私の「里親基準」はわりとシンプルです。
@健康に注意して、病気の猫を差別しないで育ててくれる人。
必須条件はこの1つです。

猫屋敷では今まで拾った子に対して血液検査をした事がありません。
「病気がわかって隔離して育てるわけではないなら、
検査をしなくてもいいと思いますよ」って、
相談した獣医さんにそう言われて決めました。
この点に関しては、まだ悩む事がありますけど。
いつか病気になったとしても、最期まで一緒についていてくれる人。
病気でも出来る限りの事をしてくれる人。
そういう人が、猫を粗雑に扱うハズがないので。

できるだけお願いします条件として、
A不妊手術をしてください、かな。
これも必須条件になるのかなぁ・・・
ワクチンは摂取する事の心配事もあるんですよね。
だから、里親さん周辺地域の猫の病気を考慮して、
出入り自由猫ならした方がいいんじゃないかな?って。
それは、その地域に住む方の判断だと思います。

猫を大切に思って一緒に暮らす環境は、
それぞれみんな違うと思います。
猫屋敷はひき逃げされた猫がいるから、完全室内飼い徹底しているけど、
2年前までは出入り自由でした。
八重が死ななかったら、出入り自由のままだったかもしれません。

白豹ちゃんはとても奥ゆかしい^▽^です。
ごはんも「食べていいの?」って途中で何回も聞きます。らぶりー☆
噛まないし引っかかないし、暴れません☆
いつもぐるぐる言って甘えっ子ですよ。
Posted by り>ヨッスィーさん at 2005年10月22日 13:42
>nekobociさん
ちょっと猫が多い家⇒猫屋敷に変わってから、
私の体も耐性強くなったんですよ☆
倒れる事も少なくなったし。
これってしあわせパワーなんでしょうか^▽^。
人間は保険効くし、倒れたら運んでもらえるけど、
猫はボスが管理してあげないといけないですもんね☆
ちっちゃい体だから病気堪えるだろうし;;。
子猫ほっとくより精神的に全然ラクなので、
大丈夫です^_^☆
Posted by り>nekobociさん at 2005年10月22日 13:48
またまた思わずニンマリしてしまうような
2枚の写真!
空ちゃんは先輩(?)猫たちに可愛がられて
いるみたいですね〜。
ど真ん中で伸び伸びと寝ちゃって〜(*^_^*)
ササちゃんは、本当に最高の王様ですね。
こんな優しい心を持って、みんなも幸せですね。
でも、キリちゃんには、どうして威嚇する
のですかね〜。なるちゃんは同じ模様でも
大丈夫なんですよね。

仔猫ちゃんは、猫屋敷の皆と同じく、
ラッキーキャット間違いなしですから、
きっと、幸せになりますね(*^_^*)
良い家族が見つかりますように。
Posted by Sunny at 2005年10月22日 15:58
久しぶりにりゅうさんの猫屋敷に来てみたら、にゃんこが増えてますね〜それも偉いべっぴんさんですね。風邪が流行りだしたら怖いものがありますね!
病院に通う事になって大変ですね。
頑張ってください!
Posted by たけ at 2005年10月22日 19:17
りゅうさん、先日の質問でちょっとだけ分かったことがあります。
この記事のコメントにはふさわしくないのですが、ごめんなさい。もう、調べて知っている情報だったら、スミマセン(^_^;)
ヨーグルトがお腹にいいかどうかの事です。
動物性の乳酸菌は摂取量の約3割しか腸に届かないそうです。植物性の乳酸菌(納豆など)は約7割が腸まで届くそうです。ただ猫はもともと肉食なので植物性たんぱくは分解しずらいということと、納豆はマグネシウムが多いので結石の猫には×だそうです。
ただ、大豆類は腎臓によいそうです。
とすると、軟便チームにはヨーグルトはOKってことでしょうか。3割しか腸まで届かないとしても、消化はいいってことですよね…。大豆類だったら潰してペーストにしたら、分解しやすいのかなぁ。ちょっとそのへんは勉強不足です。
Posted by nyanmyupurin at 2005年10月22日 19:34
>Sunnyさん
ササはメイやなるのようなシマ猫は好きなんです。
しっぽも長いし。
リナやキリの短いしっぽの茶系猫が、
どうも気に障るらしいんですよね^▽^;。
去年はみんな仲良しだったんですけど・・・
猫にしかわからない何かがあったんだと思います。
ま、相性は猫にもあるので仕方ないかなぁと。
空は好奇心旺盛な男の子みたくて、飛び回ってます。
トイレ掃除してると、一緒になって見てるし^_^。
白豹ちゃんは物静かな女の子だから、正反対ですね☆
Posted by り>Sunnyさん at 2005年10月22日 21:32
>たけさん
そうなんですよ、いつのまにか17匹に^▽^;。
でも2匹増えた事より、
猫にカゼが流行りだしたことの方が、大問題。
あちこちでくしゃみが聞こえるので心配です。
寒くなるとどうしても、弱くなっちゃうんですよね。
トラちゃんも気をつけてくださいね☆
Posted by り>たけさん at 2005年10月22日 22:22
>nyanmyupurinさん
ありがとうございます〜^_^v☆
ヒトと動物の胃腸や、栄養の吸収は違うんですよね。
3割ってコトは、強く効きすぎなさそうでいいのかな?
納豆は・・・猫にはあげない方がいいかな^_^;。
リンとマグネシウムの関係とかありますもんね。
ヨーグルト、食べ残してちょっとだけあげてみます。
調べ物する時間、あまり取れなかったから大助かりです♪
Posted by り>nyanmyupurinさん at 2005年10月22日 22:27
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/95029
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック